「しゃっくり」って突発的に起こって知らぬ間に治まってしまっているのが大半なのではないでしょうか?しかし・・・一度しゃっくりが起こってしまうと自分ではコントロールが出来ないため状況によっては大ピンチに陥ってしまいますよね。

私にも苦い経験があります。それは・・・会社勤めの頃、QCサークル発表会の場でしゃっくりに襲われてせっかくの成果発表を台無しにしてしまったんです。そんな私にとっては憎っくきしゃっくりですが、その原因とは何なのでしょうか?またしゃっくりを止める方法は?楽しいイラストを交えてお伝えしますので是非ご覧ください。
 
 

スポンサーリンク

 
 

しゃっくりの原因

しゃっくりは「横隔膜の痙攣(けいれん)」に伴い「声帯が閉まる」ことによって引き起こされます。

言葉だけではなかなかイメージしにくいですね、詳しく解説させていただきますが・・・その前に、より深くしゃっくりの原因を理解していただけるように「人間の呼吸」についてご説明します。

人間の呼吸は「横隔膜の収縮と弛緩」により行われています。(腹式呼吸の場合です)

吸気

横隔膜が収縮して下にさがり空気を肺に取り入れます。

呼気

横隔膜が弛緩して上にあがり空気を排出します。

ここからがしゃっくりの原因の解説です・・・

横隔膜とは「筋肉と腱」で構成されている組織です、いわゆる筋肉ですから足の筋肉がつるように何かしらの原因(後述します)にて痙攣を起こしてしまうことがあるのです、すると・・・

横隔膜が痙攣し収縮することによって一気に肺が空気を取り込もうとします。しかし・・・

人間の体は急激な吸気によって肺に異物が入らないようにするため反射的に声帯を閉めるんです。その時に閉まった声帯を空気が無理に通ろうとして「ひっく」と言う音が発生します、これがしゃっくり発生の仕組みとなります。では・・・
 
 

スポンサーリンク

 
 

なぜ横隔膜が痙攣するの?

横隔膜が痙攣する原因はいくつか考えられますが、原因によっては大きな疾患が隠れている場合もありますので注意が必要です。ここでは3種類の原因をご紹介いたします。

原因1「しゃっくりスイッチ」

人間の喉の奥にはしゃっくりを引き起こすスイッチがあって、食事をしたり、大声でしゃべったりした際にスイッチが入ってしまうことがあります。そのスイッチは呼吸を司る延髄につながっていて、ひとたびスイッチが押されると延髄が興奮し横隔膜を刺激しつづける状態になり横隔膜を痙攣させます。
健康な人にも発生する良性のしゃっくりです。数分程度で自然に治まるのがほとんどですが、次項にご紹介する「しゃっくりを止める方法」も効果がありますので是非お試しください。

原因2「アルコールや暴食」

冷たいビールなどは体温との温度差が大きく、体内に取り入れた際に急激に内臓を冷やしてしまいます。その温度差に刺激を受け横隔膜が痙攣を起こすことがあります。またアルコールや食事を大量に摂取すると内臓が急激に拡大して横隔膜を圧迫します、その刺激により横隔膜が痙攣を起こします。
アルコールや食事の過剰な摂取などによって引き起こされるしゃっくりは「体からの赤信号」と考えてください。それ以上の暴飲、暴食はしない事です。また次回以降はしゃっくりを引き起こさない程度の適量な飲酒、また適量な食事を目指しましょう。

原因3「病気によるもの」

内臓や神経の病気が原因で横隔膜の痙攣が起こっている可能性があります、特に48時間以上しゃっくりが続く場合は重大な疾患が隠れている恐れがあります。
適切な医療の診察を受けてください。たかがしゃっくりと考えてはいけません。

しゃっくりを止める3つの方法

ここでご紹介する方法は上の原因1「しゃっくりスイッチ」に起因するしゃっくりに効果がある方法です。

<その1>腹式で大きく深呼吸する

私はほとんどのしゃっくりがこれで止まってしまいます(^^)

①口から空気を限界まで吐き出します。横隔膜が上がりきるイメージで・・・
10秒かけて鼻からゆっくり空気を限界まで吸い込みます、横隔膜が下がりきるイメージで・・・
15秒呼吸を止める。(広がった肺に押さえられて横隔膜は痙攣したくても動きません。)
10秒かけて口からゆっくり空気を限界まで吐き出します。横隔膜が上がりきるイメージで・・・
⑤その後、1サイクル10秒くらいのペースでゆっくり呼吸します。しゃっくりが止まっていなければ再度①から繰り返します。

<その2>耳に指を入れてぐいぐい押す

テレビ番組で紹介されていた方法で、耳のツボを刺激して延髄の興奮を抑えるそうです。

(注意)ケガの恐れがあるのでツメは必ず短く切り揃えてから実施しましょう。
指を両耳に入れ少し痛みを感じるまで30秒ほどグイグイと押し続けます。私には耳の穴を押すという行為が怖くてツボを押しきれていない為か効果が得られませんでしたが、私の奥さんはこの方法で100%しゃっくりが止まるそうです。うーん、効果絶大みたいですね。

<その3>息を止めて水を飲む

水を用意できる状況であるなら効果は絶大です。

息を思いっきり吸った状態で止めてゆっくり水を飲むだけです。水の量は4~5口程度です。子供の頃に母親から言われるままにやっていた方法ですがほとんどのしゃっくりが止んでしまいます。水を飲んで心を落ち着かせて延髄の興奮を抑え、息を止めることによって正しい呼吸を体に思い出させていると考えられます。
 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

それでは最後に「しゃっくりを発生させない為にはどうしたらいいか?」について考えてみます。

しゃっくりを発生させない為には・・・

  • 適量の食事をゆっくり摂取する
  • 香辛料などの刺激の多い食事は控える
  • 炭酸やアルコールの摂取は控えめに
  • 大声で会話をしない

ことが必要だと思われます。

うーん・・・私にとってはどれも苦手ですね(~_~;)
まぁ折角の人生なので適度の刺激を楽しんで頑張って行こうかな?しゃっくりが頻発しない程度に・・・

記事:けいすけ
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
 
 
 
 

おすすめ記事と広告