数あるあやとりの中でも大人気「ほうき」の作り方をご紹介!あやとりのほうきには数種類の作り方がありますが、今回は「ぱっちんほうき」の作り方です。

下の手順9のところで手を「ぱっちん」と鳴らして閉じるところがポイントであり見せ場でもあります。「ぱっちんほうき」は別名「びっくりほうき」とも言いますスムーズに決めてお子さんにびっくり&喜んでもらいましょう。簡単わかりやすいイラスト入りで解説しますので是非ご覧ください。

うーん・・・ほうきほうき・・・
 
 

スポンサーリンク

 
 

あやとり ほうきの作り方

あやとりひもの長さ・・・(大人)180cm、(子供)150cm
難易度・・・★☆☆やさしい

※長さは目安です。私は長いほうきが好みです。

手順1

ひもを親指と小指に引っかけた状態の構えから開始します。まずは右手の中指で左手のひらのひもを下から引っかけます。

手順2

ひもの下から右手中指を通します・・・

手順3

取れました!続いて右手中指に引っかかる2本のひもに右手中指を引っかけて一回転ひねります。

手順4

(右手のアップ)中指を2本のひもに引っかけて一回転させるように・・・

手順5

ひねりました!できましたか?つづいて・・・

手順6

左手中指で右手のひらのひもを下から引っかけます。手前の三角形をキチンと通してくださいね。

手順7

指を通す場所を間違えないように・・・そして左手に引っかかっているひもが外れないように・・・注意しながら指を通しましょう。

手順8

ゴチャゴチャしてきましたがあと一息・・・ここからが見せ場です両手のひらを合わせます。

手順9

手をぴったりと合わせます。この時に勢いよく「パッチン!!」と手を閉じるとチョット恰好よかったりします、これが「びっくりほうき」たるゆえんなのですね。本当のことを言うとパッチンと閉じなくてもほうきは完成します(^^;

つづいて・・・右手の親指と小指に掛かったひもを外していきます。

手順10

右手中指のひもが外れないように注意して、右手親指と小指のひもをひらりと外します。手早くやると恰好いい!

手順11

手を広げたら完成です!できましたか?完成したらみんなに見せましょう、たぶんみんな笑顔になると思いますよ(^^♪
 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

無事ほうきは完成したでしょうか?
 
 
こんな形のほうきは最近なかなか見ませんが寺社にいけば見れるかな・・・是非お子さんには本物も見せてあげてくださいね。
 
 
では・・・これからどんどんあやとりの記事も増やしていきますのでよろしくお願いします。
 
 
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
記事:けいすけ