【イラスト入りで解説します】

今回はあやとりの「ゴム」に挑戦しましょう!このあやとりを私は子供の頃に兄から教えてもらったんですが、しばらくの間あやとりの「ゴム」に夢中になってしまいました・・・あのゴムのような抵抗感がスゴク手に心地いいんです♪

このあやとりはお子様にも比較的簡単に作れると思いますので是非トライしてみてくださいね。

私の住んでいた地域では「ゴムゴム」と言っていました。

あやとり「ゴム」が完成したらその形を生かして引き続き次のあやとりを・・・するりするりと抜けてしまう不思議な「魔法のひも」に挑戦しましょう!子供たちもきっとびっくり大喜びです♪
 
 
 

スポンサーリンク

 
 

あやとり ゴムの作り方

あやとりひもの長さ・・・(大人)180cm、(子供)150cm
難易度・・・★☆☆かんたん

※長さは目安です。あやとりがビニール素材(ビニールひも)の場合はゴムゴムする際に摩擦で繊維が切れてゴミが出るのでご注意ください。

手順1

親指と小指にひもを掛けてからスタートします。

手順2

右手の親指と人差し指で図の箇所をつまんでぐるりと1回転巻きます。回転方向に注意してください。

手順3

巻けましたか?それでは今度は左の親指と人差し指で図の箇所をつまんでぐるりと1回転巻きます。回転方向に注意してください。

手順4

両手の人差し指で内側のひもをすくい上げるようにとります。

手順5

両手の親指と小指に掛かっている箇所のひもを外します。

手順6

外れたら完成です☆!!

遊び方

こんな感じで・・・・

びよーん、びよーん・・・とすると楽しいよ♪

私は少し変わった子だったのか・・・一日中ゴムゴムをして過ごしていましたねぇ・・・

それでは続きへと参りましょう・・・・少し難しくなりますがあやとり「ゴム」からの「魔法のひも」です、どうぞ!

あやとり 魔法のひも

するりするりと指をすり抜けてしまう不思議な「魔法のひも」・・・ラストは子供に引っ張ってもらってビックリしてもらいましょう(^^)/

あやとりひもの長さ・・・(大人)180cm、(子供)150cm
難易度・・・★★☆ふつう

手順7

あやとり「ゴム」から始めます。
両手の親指で手前のひもを飛び越えて箇所のひもを下から引っかけるように取ります。

手順8

両手の小指で箇所のひもを取ります。

手順9

両手の人差し指に掛かっているひもを外します。外しにくければ逆の手で補助しながら外しましょう。外れたら手を軽く握ります・・・

手順10

それでは両手の間に垂れ下がっているひも子供に引っ張ってもらいましょう・・・2本のうちのどちらでもOKですよ(^^)/

手順11

どう見ても指に絡まっているあやとりのひもが・・・するりするりと抜けていく・・・

手順12

ついに全部するりと抜けてしまいました・・・これぞ不思議な魔法のひもです・・・子供たちも大喜びですね(^^♪
 
 

あとがき・・・

あやとりの「ゴム」と「魔法のひも」はいかがでしたか?上手くできたでしょうか?やりにくければ少しあやとりの長さを変えるとやりやすくなると思うのでいろいろな長さで試してみてくださいね。

今更ですが・・・やっぱりあやとりの「ゴム」は手に掛かる抵抗感が気持ち良いですね~うんうん楽しいです。それではまた♪

記事:けいすけ
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
 
 
 

おすすめ記事と広告