【イラストで解説します】

あやとりも第5弾です、今回は吊(つ)り橋に挑戦します。このあやとりはとても簡単に作れますのでお子様たちにもピッタリです。赤い色のあやとりひもで作れば西海岸はサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジが完成します、イラスト入りでわかりやすく解説しますので是非親子でトライしてくださいね!!

ゴールデンゲートブリッジ・・・

あやとり つり橋の作り方

あやとりひもの長さ・・・(大人)180cm、(子供)150cm
難易度・・・★☆☆かんたん

※長さは目安です。赤いひもで作ればゴールデンゲートブリッジ、白い長いひもで作れば明石海峡大橋・・・いろいろの長さや色のひもで作って楽しみましょう。

手順1

あやとりを両手首に掛けたところからスタートします。

手順2

まずは右手の親指と人差し指で図の箇所をつまんで左手首にぐるりんと1回転巻きます。

手順3

巻けましたでしょうか・・・
それでは今度は左手の親指と人差し指で図の箇所とつまんで右手首にぐるりんと1回転巻きます。

手順4

巻けましたでしょうか・・・
では次に右手の中指で左手首に掛かっているひもを下から矢印のように取ります。

手順5

取れたかな・・・・
続いて左手の中指で右手首に掛かっているひもを下から矢印のように取ります。すると・・・・

手順6

あっと言う間につり橋の完成です(^^)/ とっても簡単でしょう?

遊び方

今回のあやとりは簡単すぎて物足りなかったかな?でもこの吊り橋のあやとり・・・こんな遊び方をして楽しめるんですよ♪

ゴジラの人形を置いてアメリカ版ゴジラの再現をしたり・・・

あやとり越しに加湿器を眺め「霧のサンフランシスコ」を再現したり・・・・

黒いひもでニューヨークのマンハッタン橋を作り摩天楼に思いを馳せたり・・・

縄のようなひもで作ればインディージョーンズのような吊り橋ができるかも?・・・なんていろいろな想像を働かせて楽しんでくださいね。
 
 

あとがき・・・

吊り橋のあやとりいかがでしたか?
 
 
いろいろな長さのひもやいろいろな色のひもを使って吊り橋を作れば違うタイプのつり橋ができてたのしいですよ。
 
 
想像がいろいろ働きますのでいっぱい作ってみてくださいね。
 
 
それでは・・・またね。
 
 
記事:けいすけ
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91