乾燥は大敵です

冬に部屋の中でエアコンを効かして暖かく過ごすのはいいものですよね。しかし乾燥対策を何もせずにエアコンを効かせ続けることはとても危険な行為です(:_;)
%e5%8a%a0%e6%b9%bf%e5%99%a8%ef%bc%91

私たちの喉や気管は粘膜に粘液を分泌させて、細菌やウィルスなどが体に入ってくることを防御してくれています。しかし「寒くて乾燥した状態」で長時間過ごしていると人間の粘膜は乾燥してしまい細菌やウィルスを防御できずに炎症を起こしてしまいます。冬に喉が痛くなったりするのはその為なんですね。喉の痛みから風邪を引いてしまうなんて経験が私には何度もあります。

また適度に加湿された部屋なら床付近にいる細菌やウィルスも、乾燥した部屋だと空気中を漂いやすくなるので私たちにとっては厄介なんです。ですので部屋を適度に加湿することはとても重要なことだと言えます。
 
 

部屋を加湿する方法は?

では部屋を加湿する方法にはどんな方法があるのか考えてみます。

石油ストーブとやかん

昔ながらの加湿方法で個人的に一番好きです。隣でお餅などを焼いたりして楽しいですもんね。ただ上部で熱湯を沸かすので小さな子供がいる家庭ではヤケドの恐れがあり不向きです。
%e5%8a%a0%e6%b9%bf%e5%99%a82

石油ストーブはつけているだけでも加湿効果がありますが数時間単位で換気が必要なのも不便です。また居住するマンションによっては石油製品の利用が不可の場合もあります。
濡れたタオルを干す

電気などを使用しないのでエコな加湿方法です。ただし繰り返し同じタオルを使用すると雑菌が発生する可能性があるので要注意です。
%e5%8a%a0%e6%b9%bf%e5%99%a83

その他に洗濯物を部屋に干して加湿するのも良い方法ですが、生乾き臭や雑菌の発生が気がかりです。
霧吹きで水を噴霧する

こちらもエコな加湿方法です。思いのほか床が濡れてしまうのがタマにキズです。
%e5%8a%a0%e6%b9%bf%e5%99%a84

霧吹きを使ってカーテンに水を噴霧し加湿する方法もありますが、こちらも雑菌やカビの心配があります。
加湿器を利用する

やはりおすすめは加湿器の利用です。
%e5%8a%a0%e6%b9%bf%e5%99%a85

加湿調整ができたり、タイマーが付いている機種もあったりでやっぱり加湿器は便利ですね。

それでは加湿器にはどんな種類があるのか、また種類ごとのメリットとデメリットをお伝えします。

加湿器の種類、メリットとデメリット

スチーム式

ヒーターで水を加熱して蒸気を発生させて加湿する。
%e5%8a%a0%e6%b9%bf%e5%99%a86

メリット

  • 素早く加湿できる
  • 高温で殺菌できる
  • 冬部屋が寒くならない

デメリット

  • 吹き出し口が熱くなり火傷の恐れがある
  • 電気代が高い
個人的には一番気に入ってる方式で、私もデスク用に利用しています。
殺菌されているので喉がイガイガする時なんか顔を近づけて吸引したりしています・・・ただし蒸気は火傷するほど熱いのでご注意ください。
気化式

フィルターに水を吸わせてそれにファンで風を当てて加湿する。
%e5%8a%a0%e6%b9%bf%e5%99%a87

メリット

  • 電気代が安い
  • 火傷の心配が無い

デメリット

  • ファンの音が発生する
  • 加湿効果が弱い
  • 冬場に使うと寒い
以前勤めていた会社の工場で気化式加湿器の据え付けタイプが設置されていました。家庭用加湿器と比べるのはどうかと思いますがフィルターの掃除は大変でした(^^;
超音波式

水に超音波を当てて水蒸気を発生させ加湿する。
%e5%8a%a0%e6%b9%bf%e5%99%a88

メリット

  • 電気代が安い
  • 音が静か

デメリット

  • 水蒸気の粒が大きく部屋が濡れる恐れがある
このタイプはデザインが恰好良いものが多いですね。ただし、私も一度デザインに惚れて超音波式を買ったのですが思いのほか床がベチャベチャになりました。安物を買った為かも知れませんがスグに処分してしまいました。もう少し高いのにしておけば良かったかも知れません。
ハイブリッド式

「スチーム式と気化式を組み合わせたもの」または「スチーム式と超音波式を組み合わせたもの」となります。

メリット

  • 吹き出し口が熱くならない
  • 雑菌の繁殖が抑えられている
  • 電気代がそれほど高くない

デメリット

  • 本体価格が高い
私が次回買うとしたら多少高くてもハイブリッド式が欲しいと思っています。超音波式ハイブリッドでアロマ機能付が欲しいです(^^)

 
 

加湿器選びのポイント

4種類の加湿器を紹介しましたが、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。部屋全体を加湿したいのか、自分のデスク回りだけを加湿したいのかによっても変わりますしね・・・

ただサイズに迷ったら大きいサイズを選ぶのが賢明だと思います。
(大きいサイズはタンクも大きいので給水回数も少なくて助かります^.^)

また小さいサイズでフル回転する稼働するより、大きいサイズでゆとり運転した方が電気代がかえって安くなることもあります。
加湿し過ぎる心配を持たれるかも知れませんが多くの商品が目的の湿度になったら運転をセーブする自動運転機能が付いたりします、その辺りも購入時のチェックポイントにしていただければと思います。

その他・・・

  • タイマー
  • アロマ
  • チャイルドロック
  • ペットボトル取り付け

なんて機能も付いていたりしますので、機能が必要だと思われる方は購入時のチェックポイントとしてくださいね。

最後に・・・

加湿器は年々進歩してきて多種多様な機能が付加されてきていますので、より最新の商品がおすすめかなと思います。
価格が高くても省エネ設計になってたりでランニングコストを考えると結局は高い方が得だったりします、もちろんそれぞれの利用状況にもよりますが・・・是非、自分にぴったりの加湿器を探してみてください。

%e5%8a%a0%e6%b9%bf%e5%99%a89

それでは乾燥の無い潤いのある日々を過ごしましょう。

記事:けいすけ
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91