2016年の冬至は12月21日 水曜日です。

冬至といえば1年で一番お昼の短い日ですが、実は毎年同じ日付では無いって知っていましたか?実は私は大人になるまで知りませんでした(^^;

しかし・・・なぜ年によって冬至の日付は変わるのでしょうか?

楽しい絵を交えて、わかりやすく解説いたしますので是非ご覧ください。
 
 

スポンサーリンク

冬至とは?

冬至とは二十四節気のうちの22番目の節気を言います。

%e5%86%ac%e8%87%b31

二十四節気とは簡単に言うと1年を24等分してそれぞれに季節の名前を付けたものです。冬至は、私たちの住む北半球では1年のうちで最も太陽の出ている時間の短い日となります。ちなみに南半球では逆に夏至になります。

冬至に行う風習などについてはこちらのページをご参照ください。
「冬至にかぼちゃを食べる由来をわかりやすく解説します」

冬至の日はどうやって決まるのでしょう?

それは・・・

「太陽黄径が270度に達した日が冬至の日となります。」

・・・・ん?
%e5%86%ac%e8%87%b320

何のこっちゃ?ですね(^^;

それでは順番に説明させていただきます。

まず球体をイメージしてください・・・その球体の中心に地球があります、そして球体内側の壁面が空です、その壁面を太陽や月や星は動きます。イメージ出来たでしょうか?

それではそのイメージのもとで下図をご覧ください。
%e5%86%ac%e8%87%b319-2

「天の赤道」・・・地球の赤道を球体壁面にまで延長して引いた線だと思ってください。
「黄道」・・・太陽が一年かけて移動する軌道です。

「天の赤道」と「黄道」には約23.4度の傾きがあります。

「天の赤道」と「黄道」には年2回交わる点があります、それが春分点(0度)秋分点(180度)です。

「天の赤道」と「黄道」が一番遠ざかる2点があります、それが夏至点(90度)冬至点(270度)です。
 
 
 

スポンサーリンク

0度の春分点から始まっておおよそ15日毎に15度ずつ太陽黄経は移動していきます。

  0度 春分
 15度 清明
 30度 穀雨
 45度 立夏
 60度 小満
 75度 芒種
 90度 夏至
105度 小暑
120度 大暑
135度 立秋
150度 処暑
165度 白露
180度 秋分
195度 寒露
210度 霜降
225度 立冬
240度 小雪
255度 大雪
270度 冬至
295度 小寒
310度 大寒
325度 立春
340度 雨水
360度 啓蟄

「太陽黄径が270度に達した日が冬至の日となります。」
 
なんとなくご理解いただけたでしょうか・・・

では「太陽黄経が270度に到達したを冬至と言います。

天文学ではもっと細かく冬至を定義しているらしく「太陽黄経が270度に到達した瞬間を冬至言います。

因みに天文学での2016年の冬至(日本)は・・・
2016年12月21日 19:44 だそうです。

ふぅ~頭がパンパンになりますね(^^;
でもこれでは答えになっていませんね、続きです・・・
 
 

冬至の日付が毎年同じで無いのはなぜ?

それは地球の公転周期が365日ではないからです。

厳密にいうと・・・
地球の公転周期は365.26日です。

365.26日だから・・・
365日と6時間ほどで太陽の周りをまわっているんです。
だから調整のために4年に一度うるう年があったりするんですね・・・

今後の冬至の日時は・・・
%e5%86%ac%e8%87%b321

背景がグレーの年はうるう年です。
毎年365日に6時間プラスされるので、本当は4年目には(6時間×4=24時間)日付が1日ズレるはずなのですが、その年にうるう年が入ることで調整できている訳ですね。

このようにして冬至は21日だったり22日だったり日付が変わっていくんです、スッキリしていただけたでしょうか・・・

最期に余談ですが・・・

冬至の日って太陽の出ている時間が本当に短いんですよね。暦(こよみ)によりますと・・・
私の住む愛知県名古屋市の冬至の日は・・・

%e5%86%ac%e8%87%b34

なんと夕方4時台にはすでに太陽は沈んでいでいるんです。

それに対して1年のうちで最も太陽の出ている時間の長い夏至の日はというと
%e5%86%ac%e8%87%b35

日の入りは夜7時過ぎとうんと遅くなります。

太陽の出ている時間の差は・・・

冬至の時間  9時間47分
夏至の時間 14時間32分

なんと・・・4時間45分です。

この差は北へ行くほど大きくなり南へ行くほど小さくなります。

冬が苦手な私は少しでも長く太陽を見ていたいのです。今年の冬至も南方に心をはせながら・・・かぼちゃを食べることにします。

記事:けいすけ
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
 
 
 
 

おすすめ記事と広告