私が名古屋に引っ越してきたころ、会社の同僚によくこんな質問をしていました。名古屋で美味しい中華料理の店ってどこなの
 
するとみんなが口を揃えて言っていたのが・・・
 
味仙です。

 
味仙の特徴はなんといっても刺激的な辛さです。代表的なメニューである台湾ラーメンなんて、辛くて、すするとむせ返るほどですゴホッ
 
今回は、そんな味仙のJR名古屋駅店の食レポをご紹介します。
 
食レポに併せて、アクセス方法、混雑具合、メニューなどもご紹介しています。イラストを交えて楽しい食レポとなっていますので是非ご覧くださいね。それではどうぞ!
 
 

スポンサーリンク

 
 

漢(おとこ)の食レポ

2018年のお正月真っただ中・・・1月3日(水)の朝のことです。
 

奥さん
ふぁ~・・・お昼ごはんに、味仙で台湾ラーメンでも食べたいなぁ・・・

・・・と奥さんが言っています。
 
 
うーーん お正月の味仙は混んでいるぞ・・・と思いながらも、奥さんからのラブコールを断るわけにはいきません。早速、味仙への訪問を計画しました。どの店舗に行こうかな?
 
 
味仙は、愛知県内に11店舗ありますが、昼に営業をしているのは赤文字の6店舗です。

今池本店・JR名古屋駅店中部国際空港店・下坪店・八事店・藤ヶ丘店・焼山店・矢場店日進竹の山店・柳橋店・大名古屋ビルチング店
※藤ヶ丘店の昼営業は土日のみ

 
 
二人で話し合った結果・・・一度も行ったことのない「味仙 JR名古屋駅店」に行ってみよう!と決めました。新年早々に味仙だなんて刺激的です。
 
 
行くお店が決まったなら善は急げです。お昼時の混雑を回避するため、お店の開店前に到着するように朝10時に家を出発しました。

味仙 JR名古屋駅店の場所ってどこ?

味仙のJR名古屋駅店は、新幹線の改札口から歩いてスグなので、旅行者の方でも迷わず到着できると思います。
 
簡単に道案内をしますね
 
新幹線の改札口を出ると・・・太閤口のそばに“銀の時計”があります。

そこから南方向へ歩いていきます。
 
 
構内をどんどん南へ歩きましょう

銀の時計から100mほどいくと・・・
 
 
“名古屋うまいもん通り”という飲食店街に到着!

中に入って一番奥に味仙があります 簡単でしょ?
 
 

混雑具合はこんな感じです

訪問日は1月3日・・・お正月真っただ中なうえに、Uターンラッシュも始まっており、名古屋駅は大混雑でした。私たちは味仙にAM10:50(開店10分前)到着したのですが・・・
 
うわっすでに行列が出来ています。
 
開店10分前

30名ほどの行列が出来ています・・・・これは入りきれないかな?
 
 
ところが、ところが・・・味仙 JR名古屋駅店は「座席数が88席」もあるんですね。楽々と着席できました。

ポイント その1

味仙JR名古屋駅店は、混雑する日でも開店前に到着していれば、ひとまずは席を確保できると思います。開店後は10分もすると、空席待ちの行列ができていました。

 
 
私と奥さんは・・・

4人用テーブルに案内されました。広々快適です
 
 

メニューをご紹介します

さて・・・無事にテーブルに座れました。何を食べようか メニューとにらめっこです。
 
 
メニュー裏

 
 
メニュー表

 

けいすけ
主なメニューはこんな感じです。
 
台湾ラーメン・・・750円
ラーロージャンメン・・・900円
手羽先・・・480円
ギョーザ・・・480円
青菜炒め・・・750円
マーボ飯・・・900円
チャーハン・・・850円
エビマヨネーズ・・・1600円
エビのチリソース・・・1800円
酢豚・・・1200円
あさり炒め・・・750円
レバニラ炒め・・・1150円
(すべて税抜き価格です)
 
今池本店と比較すると若干高めの価格設定ですね。

 
 
オーダーです!
さてと何を食べようかな?
 
よーし決めたぞ!

台湾ラーメン、青菜炒め、炒飯、酢豚、瓶ビール(2本)・・・合計 5,022円(税込み)

味仙と言えば台湾ラーメンですが、しかし・・・青菜炒めも外せません。青菜炒めはスグに来るし、とてもビールと合うんです。
 

※台湾ラーメンとは、炒めたひき肉とニラをたっぷりのせた、鶏がらスープのラーメンなのですが・・・唐辛子とニンニクの量がすごくて刺激的なんです。

 
 

スポンサーリンク

 
 

食レポです

さてと「まずはビールで乾杯

と思ったら・・・なんと・・・炒飯がやってきました。注文してから1分も経っていません。
 
 
ほどなくしてビールが到着です。

うんうん、まずはビールでしょ さて乾杯です!うーん・・・縁起の良い柄ですね~
 
 
さて・・・炒飯を小皿に取り分けていただきます。

うん!おいしい!米が一粒ずつ美味しいんですウマイ  私にとって、味仙は少しお高い目のお店なのですが・・・その分、本格的で美味しい中華が味わえます。
 
 
続いて、いつもは真っ先に来るはずの青菜炒めが到着!

白い粒々はニンニクなのです。底のスープも美味しいんです。
 
 
これも・・・小皿に取り分けていただきます。

青菜がスープと相まって美味しい!ニンニクが入っていて刺激的なので、ビールにとてもマッチしますウマウマ
 
 
おっ、酢豚が来ました!

JR名古屋駅店の酢豚は大人しい目の印象です。店舗によってはニンニク・唐辛子・ネギがどっさり入っていて超激辛だったりします。
 
 
実は・・・辛い食べ物があまり得意でない私・・・

うん!この店の酢豚は辛さが控えめで、とても美味しいウマー
 
 
メインの台湾ラーメン(ノーマル)がやってきました。

こちらも大人しい目の印象ですね。今日は奥さんと二人で1杯の注文だったので、アメリカンにするか悩みましたが、ノーマルで良かったです
 
 

ポイントその2

ご存知の方も多いと思いますが・・・台湾ラーメンには裏メニューがあります。

  • アメリカン(辛さ控えめ)
  • イタリアン(激辛)

コーヒーをイメージして、このような表現をしているそうです。そのほかにも激辛の上をゆく“アフリカン”なる裏メニューもあるんだとか・・・。

 
 
これまた取り分けていただきます。

うん!うまい!辛さはかなり控えめです。すすってもむせ返りませんウマーイ
 
 
ごちそうさまでした。

辛さが控えめで、とても私好みのおいしさでした。
 

総評です

私ごときが偉そうですが、総評をさせていただきます。
 

味仙JR名古屋駅店は、辛さが控えめで、味のバランスが良く、非常に美味しかったです。
 
強烈な辛さを求める方には少し物足りないかも知れませんが、凶暴な辛さを嫌う私にとっては、抜群に美味しかったです。また来ます

 
立地の関係か値段は少しお高い目でしたが、十分に満足できるお店でした。みなさんも是非とも足を運んでくださいね。
 
 

スポンサーリンク

 
 

お店の情報&マップ

「味仙 JR名古屋駅店」の情報です
 
住所:名古屋市中村区名駅1-1-4
電話:052-581-0330
営業時間:AM11時~PM11時(ラストオーダー午後10時)
定休日:年中無休
予約:4名から可能
 
おみやげ:

名古屋のおみやげに是非どうぞ
 
マップ

 
 

あとがき・・・

味仙JR名古屋駅店の漢(おとこ)の食レポでした。
 
今回ご紹介したお店は、辛さが控えめでとても美味しかったのですが・・・そもそも・・・同じ味仙なのになぜそんな差があるのでしょうか
 
それは・・・
味仙は、5人の兄弟姉妹がのれん分けをして、それぞれの味仙を経営しているです。そのためお店によって辛さや味付けが違うそうなんです。
 

  • 長男が経営する今池本店、JR名古屋駅店、中部国際空港店、大名古屋ビルヂング店
  • 長女が経営する矢場町店、下坪店
  • 次男が経営する八事店
  • 次女が経営する藤ヶ丘店、名駅(柳橋)店
  • 三男が経営する日進竹の山店、焼山店

 
私は、セントレアと東京のお店以外はすべて行きました。どのお店で食べても美味しいのですが、その中でも・・・長男さんの系列が辛さが控えめで好みです
 
みなさんも、それぞれのお気に入りの味仙を見つけてくださいね。それでは・・・
 
 
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
記事:けいすけ