秋の七草のひとつ藤袴(フジバカマ)
 
粒のような花がたくさん咲く姿は、可憐で、少し寂しげでもあり、日本の秋の象徴のような花ですよね。
 
そんな愛らしい藤袴には「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
少しネガティブな花言葉が付いていたんです。
 

 
この記事では「藤袴の花言葉」とその「意味」や「由来」をご紹介します。
 
あわせて「藤袴の花情報」「藤袴の名前の由来」「歌に詠まれる藤袴」「藤袴は秋の七草」についても解説しています。オリジナルイラストたっぷりで楽しくお届けしますので是非ご覧ください。
 

けいすけ
名前の由来では『藤袴の伝説』も紹介しているよ。乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

藤袴(フジバカマ)の花言葉

 それでは早速、藤袴(フジバカマ)の花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

ためらい・遅れ・延期

 

 
 うーん・・・なんだかネガティブな花言葉が付いているんですね。何故、こんな花言葉が付けられたのですか?
 
 
 これらの花言葉は、藤袴の花の咲き方に由来します。

 
藤袴は小さな5㎜ほどの花をたくさん房状に咲かせますが…
 

 
花は一斉には咲かずに、長い時間をかけて、少しずつ順番に咲いていきます。
 
その様子がまるで“ためらっている”ようだと、これらの花言葉が付けられました。
 

 
 どの花言葉も受け取る相手によってはネガティブな花言葉になりますので、プレゼントする際にはご注意ください。
 

けいすけ
藤袴を贈られたら「えっ?何かためらってるの?」と思ってしまいます。ご注意くださいね。

 
 

藤袴(フジバカマ)の花情報

ここでは藤袴をより身近に感じていただけるように『藤袴の情報』をご紹介します。お伝えする情報は以下の4つです。

  • 藤袴の花情報
  • 藤袴の名前の由来
  • 歌に詠まれる藤袴
  • 藤袴は秋の七草

 
それでは順番にどうぞ。

藤袴の花情報

科・属名= キク科ユウパトリウム属
学  名= Eupatorium Japonicum
英  名= Boneset
和  名= 藤袴(フジバカマ)
原産地 = 日本、朝鮮半島、中国
色   = 淡紅、紫、青

 
 学名のEupatoriumユウパトリウム)ですが、これは紀元前、アジアにあった国の「国王の名前」だそうです。
 

けいすけ
この国王さま、藤袴が余程のお気に入りだったのでしょうね。

 

藤袴の名前の由来

藤袴の名前の由来は、花弁が“藤色の袴”に似ているからだとされています。

藤色はこんな色です。
         (色コード:#bbbcde)

 
 
はかま?
 
 そう…由来のお話もキチンと伝わっているんですよ。それをご紹介しますね。
 
室町時代の歌人、飛鳥井正親(あすかいまさちか)の『古今栄雅抄(こきんえいがしょう)』のなかに“藤袴の由来”が出てきます。

藤袴の伝説
 
ある秋の夕暮れ、雨が降る中を、美しい娘が涙を流しながら、ひとり野辺を彷徨っていました。
 

 
しかし・・・深く悲しむ娘の様子に、誰ひとり、声を掛けることができませんでした。
 
 
ひと晩、降り続いた雨は、明け方に止みました。娘のことが心配になって野辺に出てみると…
 

 
昨日、娘がいた場所に“藤色の花”が咲いているのでした。娘の袴と同じ色の花だったので「この花は娘に違いない」と皆が言いました。それ以来、この花を「藤袴」と呼ぶようになりました。
 

 
 なんだか心に沁みるなぁ・・・藤袴の花言葉「ためらい」にも通じるようなお話ですよね。このお話をもとにして、ある歌人が歌を詠んでいます…
 

源実朝「金槐和歌集」
藤袴 きて脱ぎかけし 主や誰 問えどこたへず 野辺の秋風
(訳)藤色の袴を、ここで脱いで掛けたのは誰なんだろう?問いかけてはみるけれど、野辺の秋風は何も答えてくれない…

 

歌に詠まれる藤袴

古くから日本人に親しまれてきた藤袴は、歌人たちにも愛され、たくさんの歌が詠まれています。ここでは3つの歌をご紹介しますね。
 
 

紀貫之「古今和歌集」
宿りせし 人の形見か 藤袴 わすれがたき 香に匂いつつ
(訳) 泊まっていった人の忘れものだろうか?藤袴の忘れがたいほどのいい香りが匂っているよ

 
 
素性法師「古今和歌集」
ぬし知らぬ 香こそにほへれ 秋の野に たが脱ぎかけし 藤袴ぞも
(訳) 誰のものか知らないが、いい香りが匂う藤袴は、秋の野に、誰が脱いで掛けたのだろう?

 
 
崇徳院「千載集」
秋ふかみ たそがれ時の 藤袴 にほふは名のる 心ちこそすれ
(訳) 秋が深くなり、黄昏時に藤袴が匂ってくると、花が名前を名乗っているような気持になるよ

 
 
 3つの和歌に共通するのは“藤袴の匂い”ですよね。そう…
 
藤袴の“茎”や“葉”は乾燥させると、とっても“いい香り”を放つんですよ。“桜餅の葉”のような香りで、昔の人々はそれを匂い袋にしたり、お風呂に入れたりして香りを楽しんだそうです
 
 
スポンサーリンク

 
 

藤袴は秋の七草

夏の終わりごろから秋にかけて咲く藤袴は、その可憐な美しさから「秋の七草」のひとつに数えられています。
 
秋の七草をすべて紹介しますが、この漢字を全部読めるかな?
 
 
 
 
 撫子
 女郎花
 藤袴
 桔梗
以上の七種類になります。全部読めたかな?
 
 正解は以下の通りです。

萩(ハギ)・薄(ススキ)・葛(クズ)・撫子(ナデシコ)・女郎花(オミナエシ)・藤袴(フジバカマ)・桔梗(キキョウ)

 
 
 
ところで・・・
 
七種類をどうやって決めたの
 
 
 万葉集で山上憶良が「秋の七草」を歌に詠んでいます。それが起源となっているんですよ。

詳しくは…この記事の「ススキは秋の七草」という項目に書いてるので読んでみてね。

ススキの花言葉!その由来はどんな苦境にも負けない生命力にあった

 

秋の七草の覚え方はこちら。チョットしたコツで簡単に記憶できますよ。

秋の七草の覚え方!語呂合わせで楽らく暗記できるよッ

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

藤袴(フジバカマ)の花言葉とその由来をご紹介しました。
 
それではもう一度、藤袴の花言葉を繰り返してご紹介しておきますね。

 ためらい
 遅れ
 延期

 

けいすけ
どの花言葉も人によってはネガティブな花言葉になりますので、プレゼントする時には十分にご注意くださいね。他の花と一緒に贈れば安心かと思います。

 
昔は河原の土手などでよく咲いていた藤袴ですが、自生できる環境が減っているため、最近ではあまり見かけません。秋の行楽シーズン、もし郊外にお出かけの際は探してみてね。それでは…
 
 
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告