けいすけ
凛とした花が好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花!

 
 ナデシコ(撫子)
 
細い糸のような花びらを持つ、とても繊細な姿をした花ですよね。その凛とした咲き姿はまるで日本人女性のようです。
 
そんな素敵なナデシコの花には「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
花の姿にマッチした花言葉が付いていたんです!
 

 
この記事では、ナデシコの花言葉とその「意味」や「由来」を解説いたします。
 
また「花情報」と「名前の由来」に加えて、「ナデシコはピンク色の語源」「ナデシコは秋の七草」もお届けしますので是非ご覧ください。

けいすけ
グリム童話「ナデシコ」のあらすじもご紹介します。乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

ナデシコの花言葉

それでは早速、ナデシコの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

 純粋な愛情・貞節・無邪気・大胆・才能 

 

 

けいすけ
むむむ・・・何だか女性を連想させるようなメッセージが並んでいますね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 それでは解説しますね。

 
まずは「純粋な愛情、貞節、無邪気」とは…
 

 
ナデシコは、たびたび女性に例えられる花ですよね。糸のような花びらは化粧をした女性の目元のように映ります。
 
そんな…女性的なナデシコの姿に由来して「純粋な愛情、貞節、無邪気」の花言葉が付きました。
 
 
 
 
続いて「大胆、才能」とは…

ナデシコの花びらは、おもにピンク色をしていますよね。外国の花言葉の本によると、この花色が由来となって「大胆、才能」の花言葉が付いたそうです。ただし…
 
ナデシコの花色と「大胆、才能」の花言葉がどのように結びつくのか?その関係を調べたのですが…うーん…よく分かりませんでしたゴメンネ
 

 
 
 そのほか・・・
 
直接的な関連があるのか定かではありませんが…グリム童話に「ナデシコ」というお話があります。簡単にあらすじをご紹介しておきますね。

グリム童話ナデシコのあらすじ
 
とある国に人を何にでも変身させることができる力を持った王子がいました。
 

 
王子は、命をかけて自分のことを守ってくれた少女を、ナデシコの花に変え、胸ポケットに隠して、お城へ連れて帰ります。
 
そして王様の前でナデシコを人間の姿に戻して、その後、結婚したというお話です。
 

 
 なんだか・・・ナデシコの花言葉「純粋な愛情、貞節、無邪気、大胆、才能」と通じるお話だと思いませんか?
 
もしかしたら花言葉の由来に何かしらの関係があるのかも知れませんね
 
 

コスモスの花言葉です。ある伝説が花言葉の由来になっているんですよ。

コスモスの花言葉を色別で!赤、白、ピンク、黒、橙など網羅するよ

 
 

スポンサーリンク

 
 

ナデシコの情報

ここではよりナデシコの花を身近に感じていただけるように「ナデシコの情報」をご紹介します。ご紹介するのは以下の4つです。

  • ナデシコの花情報
  • ナデシコの名前の由来
  • ナデシコはピンク色の語源
  • ナデシコは秋の七草

それでは順番に解説しますね。

ナデシコの花情報

分  類= ナデシコ科ナデシコ属
学  名= Dianthus
英  名= Pink
和  名= カワラナデシコ(河原撫子)
別  名= ヤマトナデシコ(大和撫子)、トコナツ(常夏)ダイアンサス
原産地 = 日本、朝鮮半島、中国
色   = ピンク、赤、白
開花時期= 6月~9月
最盛期 = 6月~7月
花持ち = 5日程度
誕生花 = 11月22日

 
 学名のDianthus(ダイアンサス)とは、Diosが全能の神ゼウス、ローマのジュピターで、anthosが花なので、その意味は「ジュピターの花」となります。
 

ナデシコの名前の由来

ナデシコ(撫子)の名前の由来は…
 

 
「撫でたくなるほど可愛らしい」という意味から付けられたそうです。
 
 
 なるほど・・・確かに愛くるしいですもんね。
 
 
 ところで・・・

よく「ヤマトナデシコ(大和撫子)」という名称が使われますが、これには日本の在来種のことを指します。中国からの外来種「カラナデシコ(唐撫子)」と区別するために使われています。

※カラナデシコは別名セキチクとも呼ばれます
 
そのほかにも…ナデシコの別名に「常夏(トコナツ)」というものがあります。これは“夏がずっと続く”という意味で、夏から秋にかけて長い期間を咲くナデシコの特性から付けられた名前なんですよ。

 

ナデシコはピンク色の語源

 ナデシコの英名は「PINK(ピンク)」ですが、実は…私たちが現在“ピンク”といっている色は、もともとは“ナデシコの花色”のことを指すんです。
 
 

 そして・・・

 
ピンク色のことを日本では「桃色」とも呼びますが、実は、ピンク色と桃色はその色の由来となっている花は別のものなんです。
 
繰り返しになりますが・・・ピンク色はナデシコ(撫子)の花色から付けられた名前です。一方、桃色とは桃の花の色から付けられた名前なんです。
 
ふたつの色を並べるとこんな感じです。

ピンク色:           
桃  色:           

 

けいすけ
何とも・・・微妙な色の違いですね。私には区別が困難です。

 

ナデシコは秋の七草

夏から秋にかけて咲く、美しい姿をしたナデシコは「秋の七草」のひとつにも数えられています。
 
 「秋の七草」は万葉の歌人『山上憶良』が詠んだ歌が元になっているんですよ。
 
 
七種類をご紹介すると・・・
 
 ハギ(萩)
 ススキ(薄)
 クズ(葛)
 ナデシコ(撫子)
 オミナエシ(女郎花)
 フジバカマ(藤袴)
 キキョウ(桔梗)
 
以上となります。
 
 
もし秋に野原へ外出するときは七種類を探してみてね。「秋の七草」についてはこちらの記事に詳しく書いています。

秋の七草の覚え方はこちら。チョットしたコツで簡単に記憶できますよ。

秋の七草の覚え方!語呂合わせで楽らく暗記できるよッ

 

「山上憶良」が詠んだ歌を紹介しています。そして「平将門」の怖い話もあるよ。

桔梗(キキョウ)の花言葉って怖いの?その由来や歴史を調べてみたよ

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

ナデシコの花言葉とその由来をご紹介しました。
 
それではもう一度、花言葉を繰り返してご紹介しておきますね。

―ナデシコの花言葉―
 純粋な愛情
 貞節
 無邪気
 大胆
 才能

 

けいすけ
全般的に良い花言葉が並びますが、ひとによって「大胆、貞節」の花言葉は、意味深だったり、時代とあわず説教がましい印象を与えそうなのでご注意くださいね。

 
それでは、また・・・
 
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告