7月7日は・・・ 七夕 です。
 
七夕と言えばやはり年に一度の逢瀬で有名な「織姫彦星の七夕物語」ですよね。「七夕伝説」なんて呼び方もすると思います。ところで…

けいすけ
「織姫と彦星の七夕物語」をイチから全部覚えていますか?

 

織姫さまと彦星さま
 
“一年に一日しか会えない”ってこと以外は思い出せない方も多いのではありませんか?そこで…
 
この記事では、オリジナルのイラスト絵本で「織姫と彦星の七夕物語」をご紹介いたします。サクッと読めますので“あらすじ”が簡単に思い出せますよ。7月7日を迎える前に、是非ともこの記事を読んでいただいて、七夕を楽しく過ごして下さいね。
 
 
スポンサーリンク

 
 

織姫と彦星の七夕物語

むかし、むかしの話です・・・
 
 

天の川の西側にひとりの若い娘が住んでいました。
 
 
 
 
 
 

彼女は「天の神さま」の娘で、名前を「織姫(おりひめ)」といい、機(はた)を織ることを仕事にしていました。織姫の折る機は大変に品質が良く神さまたちの間でも評判でした。また織姫はとても一生懸命に仕事に取り組む真面目な娘でした。
 
 
 
 
 
 

天の神さまは、年頃の娘が遊んだりもせず一生懸命に機を織る姿を見て、織姫には何としても幸せになってもらいたいと思い「素敵なお婿さんを迎えてやろう」と考えました。
 
 
 
 
 
 

どこかに良い若者はいないか?天の神さまは世界の隅々まで探しました。そして天の川の東側に住むひとりの青年を見つけます。
 
 
 
 
 
 

彼は名前を「彦星(ひこぼし)」といい、とても一生懸命に牛の世話をする真面目な青年でした。
 
 
 
 
 
 

「彦星なら織姫を幸せにしてくれるに違いない」天の神さまは織姫と彦星を巡り合わせました。二人はひとめで恋に落ち結婚しました。
 
 
 
 
 
 

二人はとても仲の良い夫婦でした。しかし結婚してからと言うもの二人はお互いのことに夢中で、まったく仕事をしなくなったのです。
 
 
 
 
 
 

織姫が機を織らないため、神様たちの衣服はほころびはじめました。
 
 
 
 
 
 

また彦星が牛の世話をしないため、牛たちはやせ細り病気になってしまいました。
 
 
 
 
 
 

天の神さまは何度も二人をたしなめましたが、二人は態度を改めません・・・
 
 
 
 
 
 

ついに天の神さまの怒りは頂点に達し、織姫と彦星に、天の川の“西”と“東”に分かれて、別々に暮らすように命じました。
 
 
 
 
 
 

天の神さまの力によって、天の川はどんどん水かさを増し、二人は徐々に引き離されます。そして・・・ついにはお互いの姿がまったく見えなくなりました。
 
 
 
 
 
 

彦星と別れてから織姫は泣いてばかりの日々を過ごしていました。その姿を見かねた天の神さまは織姫に言いました・・・
 
 
 
 
 
 

お前たちが、以前のように真面目に働くのなら、一年に一度、7月7日にだけ会うことを許そう・・・
 
 
 
 
 
 

それ以来、織姫はまた一生懸命に機を織るようになり、彦星も一生懸命に牛の世話をするようになりました。
 
 
 
 
 
 

そして7月7日、ふたりは再会を果たします。その日が晴れると彦星は牛車に乗って織姫に会いに行くのでした。ところが・・・
 
 
 
 
 
 

その日に雨が降ると・・・天の川の水かさは増し二人は会えません。しかし・・・そんな雨の日には・・・
 
 
 
 
 
 

何処からともなくカササギが飛んできて、天の川に橋を架けてくれるのです。
 
 
 
 
 
 

そして橋を渡り二人は会うことができるのでした・・・
 
おしまい。
 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

「織姫と彦星の七夕物語」のイラスト絵本はいかがでしたか?お話のあらすじは思い出せましたよね?
 
改めて読み返すとなんだか切ない話ですよね・・・相思相愛の夫婦が一年に一日しか会えないとは・・・でも子供が授かれば天の神さまも許してくれるのでしょうね・・・その日が来るまで我慢です。
 
 
 では…この物語の教訓です。教訓は2つ…
 
①怠けると罰を受ける

織姫と彦星は、結婚後、仕事をしなくなったため、罰として、別々に暮らすことになりましたよね。

 
②一生懸命に努力をすれば報われる

別々に暮らすようになって、再び一生懸命に働くようになった二人は、年に一度ですが再会することを許されましたよね。

 
子どもの勉強や習い事にも繋がる教訓だと思いますので、しっかりと子供に伝えてあげてね。
 
 


 
ところで・・・二人が再会するシーンは、私が慣れ親しんだお話では「彦星が牛車に乗って織姫に会いに行く」というお話なのですが・・・私の奥さんが慣れ親しんだお話は「二人はかささぎ橋の上で再会する」というお話らしいです。
 
その他の部分においても地域や家庭によってストーリーが若干、違う可能性がありますが、何卒ご容赦くださいヨロシクね。
 
 
けいすけ
七夕の関連記事があるので良かったら読んでね。

 

織姫と彦星はどれくらい離れて暮らしているか知っていますか?

織姫と彦星の距離は?牛車で何日かかるの?

 

七夕伝説の日本での発祥の地が何処か知っていますか?

七夕の日本発祥の地は枚方と交野!?その根拠を解説しますッ

 

 
 
記事:けいすけ
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91