最近ではスマートフォンが常に正確な時間を示してくれているので私にとっては少し影の薄くなった電波時計ですが、やはり常に正確な時間を示してくれるので心強い存在ですよね。私も電波時計を作業場で愛用しています。
 
 

 ムムム・・・電波を捉えた!!
 
 
ところが・・・ある寒い朝のこと・・・ふと電波時計を見てみると、ん?時間がおかしい・・・

けいすけ
えっ!
電波時計って狂うの?

 
この記事では、電波時計が狂ってしまう原因とその対策についてご紹介します。“電波時計が合わない”とお困りのみなさん是非ご覧くださいね。
 
 
スポンサーリンク

 
 

電波の送信所ってどこにあるの?

けいすけ
原因と対策を知る前に、電波時計が受信する電波がどこから送信されているのかをご紹介しますね。

 
電波時計は日本に2か所設置されている送信所からの電波を受信することによって日付や時刻を合わせています。
 

送信所は“福島県”“佐賀県”の2か所にあります。
 
それぞれの周波数は以下の通りです・・・

  • 福島県おおたかどや山送信所・・・40kHz
  • 佐賀県はがね山送信所・・・・・・60kHz

 

けいすけ
周波数がそれぞれ違うのは、重なり合う地域で電波が干渉し合わないようにするためです。電波は波ですから潰し合うんですね。

 
それでは・・・この記事の本題です。電波時計が狂う原因と対策をご紹介しますね。
 

電波時計が狂う原因とその対策

電波時計が狂う原因には、主に以下の4つが考えられます。

  1. 設定が間違っている
  2. 金属や電波(ノイズ)などに妨害されて電波が届いていない
  3. 電池残量の減少
  4. 気象条件や地形により電波が届いていない

 
それでは順番に詳しく解説していきます。そして対策も続けてご紹介します。

けいすけ
ちなみに・・・1の場合は1時間単位で時間が狂います。2~4の場合は数秒単位で時計が狂います。原因を絞るときの参考にして下さいね。

1.設定が間違っている

下記のように設定を間違うと時間が狂ったり、正確な受信ができない場合があります。
 
①サマータイムの設定がONになっている、またはホームタイムが外国都市になっている。

サマータイムは「オフ」、ホームタイムは「TYO(東京)」に設定します。※これらの設定の無い電波時計もあります。

 
 
②周波数設定が住んでいる地域の周波数に合っていない。

 

使用場所に近い送信所の周波数(40Khzまたは60Khz)に合わせます。

※ほとんどの時計で周波数は自動設定されます。
※京都が東西の境目になりますが地形や建物の状況によっては遠い送信所の方が良い場合もあります。

 
 

2.金属や電波(ノイズ)などに妨害されて電波が届いていない

下記のような場所では金属や電波(ノイズ)などに電波が妨害されるため正確な受信ができないことがあります。
 

鉄筋コンクリート建築の内側や地下街
 

ワイヤー入り窓ガラス、金属製のブラインド、鉄柵などのそば
 

飛行機、車、電車など乗り物の中
 

パソコン、スマートフォン、テレビ、冷蔵庫、エアコンなどOA機器や家電製品のそば
 

高圧線や電車の架線の近く
 

工事現場や建設現場の近く
 

電波を受信しやすい環境になるように以下の4点に留意しましょう。

  1. 窓際に置く
  2. 電気製品や金属の近くは避ける
  3. アンテナを送信所の方向へ向ける
  4. 受信中は動かさない(受信には2~15分程度掛かります)

 

けいすけ
ほとんどの電波時計が深夜時間帯に自動で時刻調整しますので寝る前に電源を入れ直してから送信所にアンテナを向け窓際に放置しておくと良いですよ。

よめ
手動で電波を受信させる場合も1~4をしっかりと留意して、電波状況の良い「晴れた日の深夜」に行うと電波を受信しやすいわよ。

 

 
 

スポンサーリンク

 
 

3.電池残量の減少

電池残量の減少によって正しく電波を受信しなくなることがあります。またソーラー式の場合も設置場所によっては光量不足で十分な充電ができていないことも考えられます。
 

 

電池残量をチェックして少なくなっていたら電池交換をしましょう。またソーラー式ならパネルに光がしっかり当たるようにして充電しましょう。
 
-電池残量のチェック方法-

※国産クォーツなら秒針の動き(2秒ごとに動くなど)で教えてくれる種類が多いです。
※液晶画面のある時計なら文字が薄くなっていたら電池残量が少なくなっています。
 
けいすけ
安価な時計は電池残量の確認が不可能な場合もあります。そんな場合は電池交換をしてみるしか無いと思います。

 

4.気象条件や地形により電波が届いていない

下記の①~③のような条件下では電波の状況が悪く正確な受信ができないことがあります。
 
①極端に暑いところや寒いところ

 

けいすけ
極端に高温や低温の場所では、電波が変動するため正しく受信できないそうです。

極端に暑い場所や寒い場所では電波時計を使用しない。
 
 
ところで・・・寒さのお話ですが・・・
 
寒さは電波状況が悪くして電波を受信しづらくさせますが、それ以外にも電波時計に問題を発生させます。それは・・・寒さは電池などのバッテリーを弱らせて電池残量不足を招いてしまうんです。
 
けいすけ
とても寒い朝にテレビのリモコンが効かない経験ってありませんか?あれと同じなんです。

 
私の電波時計が狂った日も“すごく寒い夜”でした。

春や夏は狂わずに時を刻んでいたんです
 
メーカーの対策では、窓際に置いて電波受信をする方法が推奨されています。しかし寒い日に電波時計が狂う場合に限っては・・・

  • 夜に寒くならない場所に設置する
  • 電池を新しいものに交換する

などの対策が効果的だと思います。
 

けいすけ
私の電波時計は寒い作業場での使用はやめて、デスクで使うようにしてからは狂わなくなりました。

 
②雷など天気の悪い日

 

天気の良い深夜に、再度、電波受信を試みてください。

 
⑪谷の底や山の裏側など

 

地形によっては、どうしても電波を受信できないこともあります。そんな場合にはこのような商品はいかがでしょうか?それは・・・
 

衛星時計です。
 
衛星時計は地上の送信所から送られる横方向からの電波と違って、真上から電波が送られてくるので地形による障害もなんのそのです。 電波受信にお困りの方はご一考くださいペコリ

 
 
主な原因は以上の4つですが・・・そのほかにも“送信所の定期点検のために一時的に電波が送信されていない”場合も考えられます。また常に数秒か数分単位でズレる場合は“時計自体の故障”の恐れもありますのでメーカーへお問い合わせください。
 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

電波時計が狂う原因と対策をご紹介しました。
それでは最後に・・・重要な部分を繰り返してご紹介しますね。

電波時計が狂う原因は主に4つです。

  1. 設定が間違っている
  2. 金属や電波(ノイズ)などに妨害されて電波が届いていない
  3. 電池残量の減少
  4. 気象条件や地形により電波が届いていない

 
ご紹介した対策をしっかりと実施していただいて、電波時計が狂わない、ストレスの無い生活を送ってくださいね。
 
 
記事:けいすけ
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
 
 
 

おすすめ記事と広告