けいすけ
釣鐘状に咲く花が好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花!

 
スノーフレーク
 
小さな白い花がぶら下がるように咲きます。愛らしいその花にはスミレのような芳香もあり、とってもキュートな花なんですよ。素敵!
 
そんなキュートなスノーフレークには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
とっても素敵な花言葉がズラリと並んでいました!
 

 
この記事では、スノーフレークの花言葉とその「意味」や「由来」を解説いたします。
 
また「スノーフレークの花情報」や「名前の由来」もご紹介しますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
とっても素敵な花言葉って何だろうね?乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

スノーフレークの花言葉

 それでは早速、スノーフレークの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

清純・純真な心・清らか・美

 

 

けいすけ
むむむ・・・どれも素敵なメッセージですね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 それでは解説しますね。

 
釣鐘状に花が咲くスノーフレーク……その白い花はとても可憐で清楚です。
 

 
白い花びらの先端に緑色の斑点が入り、白と緑のほどよいバランスが、この花をより清らかに見せていますよね。
 
そんな…スノーフレークの清楚で可憐な花姿に由来して「清純、純真な心、清らか、美」の花言葉が付きました。
 

 

けいすけ
どれも素敵な花言葉なので、大切なあの人へプレゼントしてみてね。是非、是非、

 
 メッセージカードを添えれば、素敵なメッセージがキチンと伝わるのでおススメです。相手の喜びもポイント5倍くらいにアップしますよ!
 
―メッセージカード記入例-

 
 
スポンサーリンク

 
 

スノーフレークの花情報

ここではスノーフレークの花をより身近に感じていただけるように、スノーフレークの花情報を2つご紹介しますね。

  • スノーフレークの花情報
  • スノーフレークの名前の由来

それでは順番にどうぞ!

スノーフレークの花情報

分  類= ヒガンバナ科レウコユム属
学  名= Leucojum aestivum
英  名= Snowflake、Summer snowflake
和  名= スズランスイセン(鈴蘭水仙)
別  名= オオマツユキソウ(大松雪草)、ナツユキノハナ(夏雪草)
原産地 = 南ヨーロッパ
色   = 白
開花時期= 2月~5月
最盛期 = 4月~5月
花持ち = 5日程度
誕生花 = 2月18日
 
ご近所さんのプランターです。

 

 
可憐な花を咲かせるスノーフレークですが、

実は・・・有毒なんです。誤って食べると、吐き気、嘔吐、下痢などの食中毒症状を引き起こしますのでご注意下さい。

せんせい
畑で育てていたスノーフレークをニラと間違って食べて食中毒…なんてニュースになっていました。ヒガンバナ科は怖いです。

 

 ところで・・・

 
よくスノーフレークには怖い花言葉が付いていると誤解されますが、その理由は…この植物が毒を持つことと、花が下向き(うつむき加減)に咲ことが原因なんだと思います。
 
 

毒を持ちうつむき加減に咲くため、スノーフレークと混同されやすいスノードロップの花言葉です。両者の違いも解説しています。

スノードロップの花言葉って怖いの?その由来や意味を調べたよ

 

スノーフレークの名前の由来

学名のLeucojumとは、ギリシャ語で「白いスミレ」を意味します。これはスノーフレークの花が白くて、スミレのような芳香を持つことに由来しています。

せんせい
英名のSnowflakeとは、ひとひらの雪…という意味です。ナイスなネーミングですよね。

 
 
和名の「スズランスイセン(鈴蘭水仙)」とは、花はスズラン(鈴蘭)、葉はスイセン(水仙)に似ているため名付けられました。
 
 

花の姿が似ているスズランの花言葉です。

スズランの花言葉は怖い?噂の真相を徹底的に調べてみたゾ~

 

 
 

 
 

あとがき・・・

スノーフレークの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、スノーフレークの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―スノーフレークの花言葉―
 清純
 純真な心
 清らか
 
 

けいすけ
どれも素敵な花言葉なので、是非、大切なあの人へプレゼントしてくださいね。ほな。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告