けいすけ
春をいろどる花が好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花!

 
ナノハナ(菜の花)
 
野原一面を黄色く染めて、春の訪れをいち早く教えてくれる花ですよね。小さな花たちが懸命に咲いている姿って、すっごい元気をもらえるんですよねぇ…
 
今回はそんなナノハナの花言葉をご紹介しますね。実はこの花には、
 
元気いっぱいの花言葉が付いているんです!
 
ナノハナのイラスト
 
この記事を読めばナノハナの「花言葉」とその「意味」や「由来」を知ることができます。
 
そのほかにも「花情報」や「名前の由来」のほか、「ナノハナの雑学」もご紹介しますので是非ごらんください。
 
けいすけ
ナノハナ(菜の花)は赤ちゃんの名前でも大人気なんですよ。ここからは先生と一緒にお伝えしますね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

ナノハナの花言葉

 それでは早速、ナノハナの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

快活・明るさ・競争・財産・小さな幸せ

 

 

けいすけ
むむむ・・・確かに元気をもらえそうなメッセージがずらりですね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 それでは順番に解説しますね。

 
 まずは「快活」とは…
 
春の野原を黄色い花で明るく彩ってくれるナノハナ。元気いっぱいの花を見ているだけで元気をもらえますよね。ところで…
 

 
ナノハナは花が美しいだけではありません。食卓にも実りを運んできて、私たちを元気にしてくれるんですよ。パスタにしても美味しいのだ。
 
ナノハナが野原や食卓に彩りを添えて、私たちを元気にしてくれることから「快活」の花言葉が付きました。
 
 
 
 
 
 続いて「明るさ」とは…
 
ナノハナには黄色い花が咲きます。黄色と言えば…明るい、元気などポジティブなイメージのある色ですよね。
 

 
ナノハナで黄色く染まった野原を見ると、気分が明るくなり、心も晴れやかになります。
 
ナノハナに黄色の明るい花が咲くことから「明るさ」の花言葉が付きました。
 
 
 
 
 
 続いて「競争」とは…
 
春の野原へ出かけると、たくさんのナノハナが競い合うように成長していますよね。
 

 
同じ目標に向かって、お互いが成長する良きライバルのようです。負けないぞ~
 
ナノハナが空に向かって、競い合うように成長している様子から「競争」の花言葉が付きました。
 
 
 
 
 
 続いて「財産」とは…
 
ナノハナが咲いた春の野原は、まるで黄金色の財宝のようにも映りますよね。うーん…神々しい。
 

 
また食材としても非常に栄養価の高いナノハナは、まさしく豊かさの象徴なのです。
 
ナノハナが野原を黄金色に染める様子から「財産」の花言葉が付きました。
 
 
 
 
 
 最後に「小さな幸せ」とは…
 
春になると身近なところに咲くナノハナ。派手さはありませんが、いつもそばにいて元気をくれる花です。
 
ニャゴ~
 
何気ない日常にこそ幸せがある、それに気付くことはとても大切ですよねぇ。日々感謝です。
 
ナノハナが身近なところで咲いて幸せを届けてくれることから「小さな幸せ」の花言葉が付きました。
 

 

せんせい
ナノハナの花言葉は、元気をくれるポジティブなメッセージばかりです。どれを贈っても喜んでもらえると思いますよ。身近にいて元気をくれる人にプレゼントしてみてね。

 
 

 ところで・・・

ナノハナ(菜の花)は赤ちゃんの名前としても人気があることをご存じですか?実は…ナノハナの“菜”っていう字は、女の子の名前として大人気なんですよ。
 
 

スポンサーリンク

 
 

ナノハナ(菜の花)を使って名前を命名

明治安田生命が毎年発表している「赤ちゃんの名前ランキング」というものがあります。そのなかの「女の子のランキング」の過去10年分を振り返ってみると・・・
 

“菜”という文字を使った名前が大人気なんです!!
 
 
-赤ちゃん(女の子)名前ランキング-
2017年 1位「結
2016年 3位「陽
2015年 2位「陽
2014年 1位「陽
2013年 1位「結
2012年 2位「陽
2011年 1位「陽
2010年 2位「陽
2009年 1位「陽
2008年 1位「陽
 
10回中の6回も1位なんです。ナノハナの花言葉「快活、明るさ、競争、財産、小さな幸せ」はどれもポジティブなメッセージだし、「〇〇菜(な)」って響きも素敵ですよね。納得のランキングだと思います。
 

けいすけ
明るく元気に育って、必ず幸せになってほしい。そんな両親の愛情がこもった名前なのですね。うるうる。

 

 
 

ナノハナの情報

ここではナノハナの花をより身近に感じていただけるように、ナノハナの花情報を4つご紹介しますね。

  • ナノハナの花情報
  • ナノハナの名前の由来
  • 菜種梅雨とは?
  • ナノハナは食べても美味しい

それでは順番にどうぞ!

ナノハナの花情報

分  類= アブラナ科アブラナ属
学  名= Brassica rapa var. amplex
英  名= Field mustard
和  名= ナノハナ(菜の花)
別  名= ハナナ(花菜)、ナバナ(菜花)、ナタネナ、アブラナ(油菜)
原産地 = 南ヨーロッパ、東アジア
色   = 黄、オレンジ
開花時期= 12月~5月
最盛期 = 2月~3月
花持ち = 3日程度
誕生花 = 2月20日
 
名古屋市天白川の河川敷です(中砂町辺り)

うーん・・・春だなぁ・・・
 

 
 

ナノハナの名前の由来

学名のBrassicaとは、古いラテン語でキャベツを意味しています。
 
 
和名 ナノハナ(菜の花)の「菜」には食用という意味があります。なのでナノハナ=食用の花という意味なんですよ。

せんせい
そういえば・・・御飯と一緒に食べるおかずのことを総(または惣)といいますよね。

 
 
ちなみに・・・花屋さんで切り花として販売されているのは“ハナナ(花菜)”と言う品種です。
 

 
桃の節句でナノハナとモモ(桃)を一緒に活けたりしますよね。ピンク、黄、緑の組み合わせがとてもキレイです。
 
 

スポンサーリンク

 
 

菜種梅雨とは?

春に天気予報を見ていると菜種梅雨(なたねづゆ)という表現がよく用いられますが、これはナノハナが咲く3月下旬~4月上旬に降り続ける雨のことをいいます。
 

 
春雨前線が停滞して降り続く雨なのですが、春の植物にはとても重要な雨で、別名で催花雨(さいかう)とも言います。
 

せんせい
催花雨とは、その言葉の通り、花の開花を促す雨のことです。ステキな名前だ。

 

ナノハナは食べても美味しい

 最後は私がお届けします。
 
ナノハナは食べても美味しいですよね。煮びたしや胡麻和えもいいですが、私的にはパスタがおすすめです。
 
鷹の爪とにんにくをオリーブ油で炒め、ベーコンとナノハナを投入して炒めます。少しゆで汁を足して塩コショウで味付け、そこに湯がいた麺を入れて混ぜたら完成です。
 

 
適当に作っても美味しいのです
 
スーパーで選ぶときはつぼみのものを選びましょう。花が咲いているとエグみが強くなるので注意してね。また切り口は、白っぽいものより緑色の方が鮮度が良いです。

せんせい
ナノハナはとても栄養価の高い食物です。βカロチン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維など栄養満点なんです。

 

こちらもどうぞ…
花言葉一覧リンク用画像
花言葉の一覧
 
誕生花一覧タイトルイラスト
誕生花の一覧

 
 

あとがき・・・

ナノハナの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、ナノハナの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―ナノハナの花言葉―
 
 快活
 明るさ
 競争
 財産
 小さな幸せ
 

けいすけ
身近に咲く花なので、いつも側にいて元気をくれる人へのプレゼントに是非どうぞ。いつもありがとうね、っと。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告