けいすけ
夢にまで花言葉が登場します。そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介する花はこの花! 

 
アカンサス
 
大きな葉に夏の日差しをいっぱい浴びて、そびえ立つように花穂を伸ばし、たくさんの花を咲かせます。大きく育ったアカンサスは神々しくて、とても威厳を感じるんですよねぇ。まるで皇帝のようだ。
 
そんなアカンサスには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
芸術的な花言葉が付いていたんです!
 

 
この記事では、アカンサスの花言葉とその「由来」や「意味」を解説します。
 
また「アカンサスの花情報」や「名前の由来」に加えて「アカンサスにまつわる話」もご紹介します。お届けするお話は“2つ”で、その内のひとつは理不尽極まりないギリシャ神話なんですよ。
 
けいすけ
理不尽なギリシャ神話って、どんなお話やろうね?先生とお芝居風にお届けしますね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

アカンサスの花言葉

 それでは早速、アカンサスの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

美術・建築・技巧・離れない結び目

 

 

けいすけ
むむむ・・・なんだか芸術と関係するメッセージが並んでいますね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 それでは順番に解説しますね。

 
 まずは「美術、建築、技巧」とは…
 
スラリと伸びた茎、舌のような花、笠のような萼(がく)など、アカンサスは特徴的な姿をしていますよね。でも…花言葉の由来はそれらとは無関係なんです。
 
実は・・・花言葉の由来はアカンサスの葉っぱなんです。
 

 
アカンサスには、深く切り込みが入った濃緑色の葉が生えます。その大きさは50~60㎝にも及びます。その特徴的な姿から…
 
 

 
アカンサスの葉は、古代ギリシャ時代のコリント式建築で“柱のモチーフ”にもなっているんですよ。
 
 
アカンサスの葉が、古代ギリシャ建築の柱装飾のモチーフになっていることから「美術、建築、技巧」の花言葉が付きました。
 
 
 
 
 
 続いて「離れない結び目」とは…
 
アカンサスの大きな葉っぱは何枚も連なるように繁殖しますが…
 

 
幾重にも折り重なって繁る葉っぱは、まるで“模様”のように美しいですよね。
 
アカンサスの葉が幾重にも連なって繁る様子から「離れない結び目」の花言葉が付きました。
 

 

けいすけ
うーん・・・これらの花言葉を使う機会はあまり無さそうに思います。しかし芸術家志向のひとへのプレゼントにはなりそうかな?

 
 

 ところで・・・

 
アカンサスの葉がコリント様式の柱のモチーフになった理由としてこんなお話が伝わっているんですよ。

花にまつわるお話
 
紀元前5世紀ころ・・・
 
古代都市コリントで幼い少女が亡くなります。
 
 

 
少女を最後まで介護していた老婆は、その死をとても悲しみます。そして少女が大事にしていたおもちゃをバスケットに入れてお墓に供えてやりました。
 
 
やがて春になり・・・
 
 

 
彫刻家であり、建築家のカリマコスという人物が少女のお墓のそばを偶然通りかかり…
 
 
 

 
アカンサスの若葉がバスケットに絡んで成長しているところを目撃します。美しいデザインで絡みつく葉の姿をすばらしいと感じたカリマコスは、それを柱のモチーフにしたと言われています。
 
おしまい
 

 

けいすけ
花言葉『離れない結び目』と関連するような良いお話でした。なぜだろう…涙が止まりません。

 
 
スポンサーリンク

 
 

アカンサスの花情報

 ここではアカンサスの花をより身近に感じていただけるように、アカンサスの花情報を3つご紹介します。

  • アカンサスの花情報
  • アカンサスの名前の由来
  • アカンサスにまつわるギリシャ神話

それでは順番にいきますよ。

アカンサスの花情報

分  類= キツネノマゴ科アカンサス属
学  名= Acanthus mollis
英  名= Bear’s breeches
和  名= アカンサス
別  名= ハアザミ(葉薊)
原産地 = ヨーロッパ南部、北アフリカ、西南アジア
色   = 白、薄ピンク~薄紫
開花時期= 6月~9月
最盛期 = 6月
花持ち = 5日程度
誕生花 = 6月20日

 
日本へは大正時代にやってきました。
 

アカンサスの名前の由来

学名はAcanthus mollisです。Acanthusとはギリシャ語で“尖っている花”という意味で、苞にトゲがあることが語源となっています。
 
 
英名のBear’s breechesとは「熊のズボン」という意味です。イギリスでは、そのほかにも「熊の手」と呼ぶそうです。アカンサスの葉がそのように見えるということでしょうね。

けいすけ
でも・・・

手はわかるけど・・・ズボンに見えるかな??

 
和名では「ハアザミ(葉薊)」とも呼ばれています。これはギザギザのある葉がアザミに似ていることが由来になっています。
 
 

ハアザミ(葉薊)の語源となったアザミ(薊)の花言葉です。是非、読んてみてね

アザミの花言葉を徹底解説!怖いと噂されるその真相とは?

 

アカンサスにまつわるギリシャ神話

それでは最後に・・・アカンサスにまつわるギリシャ神話をご紹介しますね。このお話…とにかく理不尽極まりないんですふぅ
 

アカンサスのギリシャ神話
 
むかしむかし・・・
 
とある街にアカンサスという名のとても美しい娘が住んでいました。
 

 
そんな娘に太陽神アポロンが一目惚れをします。そしてアポロンはアカンサスに結婚を迫ったのです。
 
 
 ごめんなさい。
 
アカンサスは丁重にプロポーズを断ります。しかしアポロンは「神である私を娘が振る筈はない」と、しつこく食い下がります。
 
 ねぇ、ねぇ、結婚しようよ
もう!!しつこいなぁ
 
あまりにしつこいアポロンをアカンサスが突き放そうとした、そのとき…
 
 
 

 
アカンサスのツメがアポロンの頬を引っ掻いたのでした。
 
 
 

 
怒ったアポロンはアカンサスを花の姿に変えてしまいます。そして誕生した花がアカンサスだと言われ、そのため苞にトゲがあるのだそうです。
 
おしまい
 

 

けいすけ
ギリシャ神話だとはいえ、滅茶苦茶な話ですね。アカンサスが不憫でなりません。

 
 確かにねぇ。ちなみに…アポロンは色んな花の由来に登場しますので、そちらもどうかご覧くださいね。
 

マリーゴールドの花言葉の由来にアポロンが登場します。読んでよね

マリーゴールドの花言葉が怖いゾ~!その由来や意味を解説します

 

カーネーションの花言葉にもアポロンは出演します。読んでみてね。

カーネーションの花言葉は色別で違う!贈るときの注意点とは?

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

アカンサスの花言葉をご紹介しました。
 
それではもう一度、アカンサスの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―アカンサスの花言葉―
 
 美術
 建築
 技巧
 離れない結び目
 

 

けいすけ
アカンサスの葉は、一万円札の模様にもなっているので財布から出して見てみてね。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告