けいすけ
3度のメシより花言葉の管理人「けいすけ」です。今回ご紹介する花はこれです…

 
葉や総苞にトゲがあるアザミ
 
野山などで咲いている以外にも、近所の公園や広場など身近なところにも自生していますよね。
 
そんなアザミですが・・・こんな噂を聞いたことはありませんか?
 
アザミには怖い花言葉がついている
 

 
この記事では「アザミの花言葉」とその「由来」や「意味」ご紹介します。怖いと噂される真相をはっきりさせましょうね。
 
あわせて「アザミの花情報」「名前の由来」「アザミにまつわるお話」も解説しますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
アザミの怖い花言葉って何かいな?乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

アザミの花言葉

 それでは早速、アザミの花言葉をご紹介しますね。その花言葉とは…
 
 

 

独立・厳格・権威・報復・触れないで

 

 

けいすけ
むむむ・・・『報復』『触れないで』なんて少し怖い花言葉が付いていますね。なぜこれらの花言葉が付けられたのですか?

 
 
 これらの花言葉はアザミの姿に由来すると言われています。

 
アザミの特徴と言えば・・・なんといってもその“鋭いトゲ”です。
 

アザミの葉は、深く切り込みが入っていて、その尖った部分には鋭いトゲがあります。
 
 

そして総苞と呼ばれる花の根元部分にもトゲがあります。
 
 
このことから・・・
 
アザミはその鋭いトゲによって何者も近づけさせない…とされ『独立、厳格、権威』の花言葉が付けられました。
 
そして花を摘もうとすればトゲによる復讐を受けるため『報復、触らないで』の花言葉が付けられました。
 

 

けいすけ
葉や総苞にあるトゲのため“怖い花言葉”が付いているんですね…理由を聞くと少し安心しました。

 
 
 そうですね。報復と言っても恨みを晴らすニュアンスのものではありませんよね。
 
ところで・・・これらの花言葉と関連付くようなお話がスコットランドに伝わっていますのでご紹介しますね。

アザミにまつわるお話
 
13世紀のヨーロッパ・・・
 

 
ノルウェーの兵士たちが、スコットランドにあるアレキサンドロス王の城を取り囲んでいました。
 
 
戦況が膠着状態となったある日の夜・・・一人のノルウェー兵が偵察の命令を受けて城へ忍び込みます。
 
 

 
兵士は、足音を響かせないため、裸足で歩いていました。しかし、彼の足元にはたくさんのアザミが茂っていたのです。
 
 
 ぎゃあ~~~
アザミを踏んでしまった兵士は、あまりの痛さに叫びだしてしまいました。
 
その叫び声をきっかけにスコットランド兵たちは奮起して、ノルウェー兵たちを国外へ追い払ったと言われています。
 
 
 

 
国の救世主となったアザミは、スコットランドの“国花”および“標章”となり、現在でもこの国のシンボルとなっています。
 

 

けいすけ
『独立・厳格・権威・報復・触れないで』の花言葉すべてが当てはまるお話ですね。

 
 それではチョコっとまとめますね。
 
当ブログの見解です。

アザミには『報復』『触れないで』といった少し怖い花言葉が付いています。しかし、それらは「尊厳を守るためのもの」であり、花言葉の意味は怖いモノではないとさせていただきます。

 

せんせい
ただし怖い意味ではなくても『報復』と『触れないで』はプレゼントには向かいない花言葉だと思いますので、これら以外の花言葉を用いてくださいね。

 

マメ情報

ご紹介した花言葉以外にフランスで付けられたマイナーな花言葉がありますのでご紹介しますね。それは『批評家』『文句家』です。アザミのトゲのある姿からチクリと刺さるという意味なんでしょうね。

 

和名がハアザミ(葉薊)のアカンサスの花言葉です。アザミとの関係とは?

アカンサスの花言葉!花にまつわるギリシャ神話も詳しく紹介するよ

 
 

スポンサーリンク

 
 

アザミの花情報

ここではアザミの花をより身近に感じていただけるように「アザミの花情報」をご紹介します。ご紹介するのは以下の3項目です。

  • アザミの花情報
  • アザミの名前の由来
  • アザミにまつわるお話

アザミの花情報

科・属名= キク科アザミ属
学  名= Cirsium japonicum
英  名= Plumed thistle
和  名= ハアザミ(葉薊)
原産地 = 日本
色   = 薄ピンク~赤、赤紫~紫、白
誕生花 = 6月19日、9月24日

 
 アザミはキク科の仲間です。北半球に250~300種類が分布していて、日本だけで50~60種類あると言われています。
 
アザミとはキク科アザミ属の総称です。アザミというと“野アザミ”を指すのが一般的なんですよ。
 
 

アザミの名前の由来

アザミにはトゲがあって摘もうとすると手が傷つくため、古いコトバで「驚きあきれる、傷つく」の意味を持つ『あざむ』が語源となり、アザミになったと言われています。
 

せんせい
他の説では、沖縄の八重山地方で、トゲのことを『アザ』と呼び、そこからアザミになったとも言われています。

 
 
アザミは漢字で『薊』と書きますが、花なのに魚がはいっていますよね。この『薊』の意味とは…

魚の骨が“トゲ”を表しているんだそうです。
 

アザミにまつわるお話

アザミがスコットランドの救世主となったお話以外にも、アザミにはたくさんの言い伝えや神話が伝わっています。そのうちの3つをご紹介しますね。
 

アザミ誕生にまつわるギリシャ神話

大地の女神詩人のダフニスに告白するが、気付かれずに失恋してしまいます。彼女はそのショックのさなかアザミを誕生させたと言われています。

 
 

雷神トールの北欧神話

北欧の神話でアザミは雷神トールの花とされています。そのためアザミを身につける者、またはアザミをカミナリ草と呼ぶ者は、雷から守られると言われています。

 
 

聖なるアザミのお話

キリストが処刑された十字架の釘を聖母マリアが地面に埋めたところからアザミが生えてきたと言われ、それは『祝福されたアザミ』『聖なるアザミ』と呼ばれいます。

 

花言葉の一覧です!あの人にピッタリなコトバを探してみてね。

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

アザミの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、アザミの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―アザミの花言葉―
 独立
 厳格
 権威
 報復
 触れないで
 

 

けいすけ
『報復』『触れないで』は少し怖い花言葉とも言えますが、その意味は「自らの尊厳を守るもの」で怖い意味ではないと思います。

 
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告