けいすけ
七草粥が大好きな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこれです!

 
春の七草のひとつスズナ(菘)
 
カブ(蕪)という名前の方がお馴染みかも知れませんね。七草粥やお漬物など…食材のイメージが強いスズナですが、黄色い花を咲かせて春を明るく演出してくれるんですよ。
 
そんはスズナには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
とっても素敵な花言葉が付いていたんです!
 

 
この記事では、スズナの花言葉とその「由来」や「意味」をご紹介します。スズナには春の七草のひとつとして、花言葉とは別の意味もあるんですよ。
 
あわせて「花情報」や「名前の由来」も解説しますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
素敵な花言葉って何かいな?乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

スズナ(菘)の花言葉

 それでは早速、スズナの花言葉をご紹介しますね。その花言葉とは…
 
 

 

慈愛・奉仕・晴れ晴れと

 

 

けいすけ
むむむ・・・なんだか良い意味の花言葉ですね。どうしてこの花言葉が付けられたのですか?

 
 
 色いろ調べたのですが、これらの花言葉のハッキリとした由来はわかりませんでした。
 
なので・・・個人的な考えをご紹介します。

 
まずは「慈愛、奉仕」とは・・・
 
 

 
スズナと言えば・・・“丸い根”が特徴的ですよね。丸まるとしたその根の姿は、優しく、包容力があるように映ります。
 
そんなスズナの根の姿に由来して「慈愛、奉仕」が付いたのでは無いでしょうか?
 
 
 
 
続いて「晴れ晴れと」とは・・・
 
 

 
スズナには“菜の花”のような黄色い花がたくさん咲きます。黄色い花は辺り一面をパアッと明るくしてくれますよね。
 
そんなスズナの黄色い花色に由来して「晴れ晴れと」が付いたのでは無いでしょうか?
 

 

けいすけ
どれも素敵な花言葉ですね。誰に贈っても喜んで貰えそうです。

 
 
 ところで・・・
 
これは花言葉ではありませんが、スズナには別の意味もあるんですよ。それは…
「神を呼ぶ鈴」

スズナは春の七草のひとつとして七草粥にして食べる根菜でもありますよね。七草にはそれぞれ意味があって、スズナには“神さまを呼びますように” そんな願いが込められているんです。

 

春の七草を全部覚えていますか?もしよかったら‥簡単に覚える方法があるので是非どうぞ!

春の七草の覚え方!“語呂合わせ”と“GIFアニメ”で暗記しよう!

 
 

 
 

スズナ(菘)の花情報

 ここではスズナの花をより身近に感じていただけるように、スズナの花情報をご紹介します。

スズナ(菘)の花情報

科・属名= アブラナ科アブラナ属
学  名= Brassica rapa
英  名= Tumip
和  名= カブ(蕪)
別  名= スズナ(菘)、カブラ、カブナ
原産地 = 地中海沿岸、アフガニスタン
色   = 黄

 
日本へは、弥生時代頃に中国から伝わったと言われています。
 

スズナ(菘)の名前の由来

スズナという名前は、根が鈴のような形をしてるため付けられました
 
 
 カブ(蕪)という名前の由来は諸説あって・・・

  • 根が頭(かぶり)のようだから
  • 根が株のようだから
  • 根が弓矢の鏑(かぶら)のようだから

・・・などと言われています。
 

花言葉の一覧です!あの人にピッタリなコトバを探してみてね。

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

スズナの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、スズナの花言葉を繰り返しご紹介します。

―スズナ(菘)の花言葉―
 
 慈愛
 奉仕
 晴れ晴れと
 
※春の七草のひとつとして「神を呼ぶ鈴」という意味があります。
 

 

せんせい
スズナには腸を整え、熱を下げる効果もあります。そして栄養も満点。これこそが「慈愛」と「奉仕」なのかも知れませんね。

 
それでは・・・
 

%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
記事:けいすけ
 
 
 

おすすめ記事と広告