けいすけ
花と花言葉、そして花にまつわるギリシャ神話が大好きな「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこれです!

ヒヤシンス
 
とてもクールでスタイリッシュな花ですよね。小学生の頃、授業でヒアシンスの球根を水耕栽培して、花が咲くと教室が甘~い香りに包まれていたのが懐かしいです。
 
そんな思い出いっぱいのヒヤシンスには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
ギリシャ神話に由来する花言葉が付けられていたんです!
 

 
この記事では、ヒヤシンスの花言葉とその「由来」や「意味」を解説します。
ヒヤシンスには、紫、青、白、赤、黄、ピンクなど花色が豊富ですが、その花色ごとにも花言葉が付いていますので、あわせてご紹介しますね。
 
けいすけ
花言葉の由来となったギリシャ神話もイラストで詳しく解説するよ!乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

ヒヤシンスの花言葉 全般

 それでは早速、ヒヤシンス“全般”に付けられた花言葉をご紹介しますね。その花言葉とは…
 
 

 

スポーツ・ゲーム・勝負・控えめな愛

 

 

けいすけ
むむむ・・・なんだか“運動”や“勝負”に関係する花言葉なのですね。どうしてこの花言葉が付けられたのですか?

 
 
 これらの花言葉はあるギリシャ神話が由来となっています。そのお話をご紹介しますね。

 
ヒヤシンスにまつわるギリシャ神話
 
むかしむかし・・・
 
ある街にスポーツが得意なヒアキントスという美少年が住んでいました。
 
 

 
ヒアキントスは、太陽神アポロン西風の神ゼフロスの二人から愛されていましたが、彼は気まぐれな西風より太陽の方が好きでした。
 
 
 
ある日のこと・・・
 

 
ヒアキントスはアポロンと円盤投げをしていました。そこに偶然ゼフロスが通りかかり、楽しそうに遊ぶ二人に激しく嫉妬するのでしたクヤシイ…
 
 
 今度は私が投げるよ~
   お願いします 
 えいっ!
 
 

 
びゅーーーー・・・
二人の邪魔をするため、ゼフロスは強い西風を吹きつけます。すると飛ぶ円盤の軌道が変わりヒアキントスの額を直撃したのでした。
 
 
 痛っ!
 
 ああああ・・・
 
可哀そうに・・・ヒアキントスは命を落としてしまったのです。アポロンはヒアキントスを抱きしめて「悲しい、悲しい」と泣き叫びました。
 
 

 
辺りの草はヒアキントスの血で染まり、その中の一本からとても美しい紫のヒヤシンスが咲いたと言われています。
 
おわり・・・
 

 
 このギリシャ神話に由来して「スポーツ、ゲーム、勝負、控え目な愛」の花言葉が付けられているんですよ。
 

けいすけ
納得できました。しかし・・・ギリシャ神話は理不尽なお話が多いですね。

 

アネモネの花言葉です。こちらの由来にもゼフロスが関係しています。

アネモネの花言葉は怖い!由来のギリシャ神話を詳しく解説するよ

 

アカンサスの花言葉です。まつわる神話にアポロンが登場します。

アカンサスの花言葉!由来となるギリシャの話も楽しく紹介するよッ

 
 

ヒヤシンスの花言葉 色別

  ヒヤシンスは紫、青、白、赤、黄、ピンクなど花色が豊富で、その色別にも花言葉が付けられていますのでご紹介します。色別の花言葉もさきほど紹介したギリシャ神話が由来だと言われています。

ヒヤシンスの花言葉 紫

「私は悲しい、悲哀」
 

 ヒアキントスを失ったアポロンの悲しみのことでしょうね。プレゼントには向かないネガティブな花言葉なのでご注意ください。

 

ヒヤシンスの花言葉 青

「不変の愛」
 

 青色にはとても素敵な愛のメッセージが付けられています。でも…紫色との線引きが微妙なんですよねぇ。

 

ヒヤシンスの花言葉 白

「控えめな愛らしさ」
 

 「控えめな愛らしさ」とは何色にも染まることができる白色にピッタリですね。でも…ヒアシンスは香りが控え目ではありません、病室などへのお見舞いにはご注意ください。

 

ヒヤシンスの花言葉 赤

「嫉妬」
 

 ゼフロスの嫉妬心をあらわす花言葉です。プレゼントには不向きな意味ですのでご注意くださいね。

 

ヒヤシンスの花言葉 黄

「あなたとなら幸せ」
 

 西洋ではネガティブな意味が多い黄色の花ですが、ヒヤシンスにはとても素敵な花言葉が付いています。恋人、家族など人を選ばずにプレゼントできますよね。

 

ヒヤシンスの花言葉 ピンク

 「しとやかな可愛らしさ」
 

 ウブなイメージがあるピンク色にピッタリの花言葉ですよね。奥さんや恋人へのプレゼントに是非どうぞ!

 

 
 

けいすけ
“紫”と“赤”を除けば、どれも素敵な花言葉ですよね。是非プレゼントに使ってみてくださいね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

ヒヤシンスの花情報

ここではヒヤシンスの花をより身近に感じていただけるように、ヒヤシンスの花情報を2つご紹介しますね。

  • ヒヤシンスの花情報
  • ヒヤシンスの名前の由来

ヒヤシンスの花情報

科・属名= ユリ科ヒヤシンス属
学  名= Hyacinthus orientalis
英  名= Hyacinth
和  名= ヒヤシンス(風信子、飛信子)
別  名= ニシキユリ(錦百合)
原産地 = 地中海沿岸、北アフリカ
色   = 赤、ピンク、黄、オレンジ、青、紫、白
誕生花 = 3月1日、4月6日

 
 日本へは、江戸時代末期に伝わり、当時は「ヒヤシント」と呼ばれていました。また黄色いヒヤシンスは「黄水仙」とも呼ばれていたそうです。
 

ヒヤシンスの名前の由来

学名はHyacinthus orientalisです。Hyacinthusとは、繰り返しになりますが、ギリシャ神話に登場する美少年ヒアキントスに由来します。
 
 
 
和名のヒヤシンスを漢字で書くと、“風信子”“飛信子”になります。この漢字には意味は無くて、ヒヤシンスに読みが同じ漢字を当てているだけなんです。
 

けいすけ
“ 信子(シンス)”は理解できるけど、“風(ヒヤ)”“飛(ヒヤ)”は読めんなぁ…“冷(ヒヤ)”がピッタリだと思います。

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

ヒヤシンスの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、ヒヤシンスの花言葉を繰り返しご紹介します。

―ヒヤシンスの花言葉―
 
全般の花言葉
「スポーツ、ゲーム、勝負、控えめな愛」
 
色別の花言葉
紫・・・「私は悲しい、悲哀」
青・・・「不変の愛」
白・・・「控えめな愛らしさ」
赤・・・「嫉妬」
黄・・・「あなたとなら幸せ」
ピンク・・・「しとやかな可愛らしさ」
 

 

せんせい
“紫”“赤”の除けば、ヒヤシンスには良い意味の花言葉が多いのプレゼントにもピッタリです。ただし思いのほか香りが強いのでご注意をくださいね。

 
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告