けいすけ
私が住む名古屋市天白区は、春になると、桜を筆頭に色んな花が咲き誇るんですよ。今回はその中のひとつ…

木蓮(モクレン)
 
大きな紫の花をたくさん咲かせる姿は、私には“無数の蝶”が枝にとまって休んでいるように映るんですよね。なんとも不思議な魅力を持った花木です。
 
そんな木蓮には「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
花の“咲き方”“姿”に由来する花言葉が付けられていたんです!
 

 
この記事では、木蓮の花言葉とその「意味」や「由来」を解説いたします。あわせて「白木蓮(ハクモクレン)の花言葉」と「辛夷(コブシ)の花言葉」もご紹介します。
 
けいすけ
そのほか「花情報」と「名前の由来」もお届けしますので是非ご覧ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

木蓮の花言葉

 それでは早速、木蓮の花言葉をご紹介しますね。その花言葉とは…
 
 

 

自然への愛・崇高・高潔な心・持続性

 

 

けいすけ
むむむ・・・なんだか色んな花言葉が付けられているのですね。どうしてこの花言葉が付けられたのですか?

 
 
 それでは順番に解説しますね。

 
まずは「自然への愛」とは…
 
木蓮は、春になると紫色の大きな花を咲かせます。
 

 
その花の姿は、まるで大きな口をパックリと開けて歌っている人のようにも見えますよね。
 
そんな木蓮の花の姿が“目一杯”に自然を謳歌しているようだとして「自然への愛」の花言葉が付けられました。
 
 
 
続いて「崇高、高潔な心」とは…
 
木蓮はという名前は、花の形が“蓮(はす)”に似ていることから命名されています。
 

 
蓮(はす)と言えば、仏教を象徴するような花ですよね。
 
そのため蓮(はす)の花に似ている木蓮には仏教と関連するような「崇高、高潔な心」の花言葉が付けられています。
 
 
 
最後に「持続性」とは…
 
木蓮は最古の花木だと言われています。
 

 
発掘される化石から…1億年以上も前から今と同じ姿で存在していたと言われているんですよ。
 
そんな木蓮が大昔から同じ姿をしていることに由来して「持続性」の花言葉が付けられました。
 

 

けいすけ
意味も、由来も、素敵な花言葉ですね。目上の方へ贈っても喜ばれそうな花言葉ですよね。

 
 

 ところで・・・

 
園芸の世界で木蓮(モクレン)と言えば、紫色の花が咲く紫木蓮(シモクレン)のことを指します。
 
ところが・・・以下のような種類を全部まとめて木蓮とする…そんな考え方もあるそうです。

  • 白木蓮(ハクモクレン)
  • 白い清楚な花が咲きます。

  • 更紗木蓮(サラサモクレン)
  • 紫木蓮と白木蓮を交配させて誕生しました。ピンク色の花びらが愛らしい

  • 辛夷(コブシ)
  • 日本に自生する。千昌夫さんの「北国の春」に登場しますよね。

  • 泰山木(タイサンボク)
  • 北アメリカ原産です。肉厚の花びらがスゴイです。

  • オオヤマレンゲ
  • 日本に自生する。学名はMagnolia siboldiiですが、紫陽花で有名なシーボルトから命名されています。

 
 
 この中で“白木蓮(ハクモクレン)”“コブシ”には独自の花言葉が付けられていますのでご紹介しますね。
 

白木蓮(ハクモクレン)の花言葉

「自然への愛・崇高・高潔な心・持続性・慈愛・荘厳・気高さ」

白い清楚な花が咲くことに由来して、木蓮の花言葉に加え「慈愛、荘厳、気高さ」が付けられています。気品ある白木蓮の姿にピッタリですよね。

せんせい
白木蓮の花は、閉じたような状態で、上向きに咲きます。葉が出る前に花を咲かせるんですよ。

 

辛夷(コブシ)の花言葉

「友情・友愛・愛らしさ」

 蕾が子供の“握りこぶし”のようだからコブシと名付けられました。そのため花言葉「友情・友愛・愛らしさ」も子供をイメージして付けられたそうです。

せんせい
辛夷の花は、全開の状態で咲きます。そして、花の下に葉っぱを一枚付けます。

 

 
 

スポンサーリンク

 
 

木蓮の花情報

ここでは木蓮の花をより身近に感じていただけるように、木蓮の花情報を2つご紹介しますね。

  • 木蓮の花情報
  • 木蓮の名前の由来

木蓮の花情報

科・属名= モクレン科モクレン属
学  名= Magnolia liliiflora
英  名= Magnolia、Lily magnolia
和  名= モクレン(木蓮)
別  名= モクレンゲ(木蓮華)、シモクレン(紫木蓮)
原産地 = 中国
色   = 紫、黄、赤など
誕生花 = 4月15日、5月7日

 
日本への渡来時期はハッキリとは分かっていませんが、平安時代の書物にはすでに登場しているそうです。

せんせい
当初は観賞用ではなく、鼻炎の薬として活用していたんですよ。

 
 

木蓮の名前の由来

学名はMagnolia liliifloraです。Magnoliaとは、フランスの植物学者Pierre Magnol(ピエール・マニョル)氏の名前にちなんで付けられています。
 
 
和名は「木蓮(モクレン)」ですが、もともとは漢名から「(モクラン)」と呼ばれていました。しかし、花の姿が“蘭”よりも“蓮”に似ているという理由で「(モクレン)」になったんだそうです。
 
 

 再び、ところで・・・

 
日本では木蘭色(もくらんじき)と呼ばれる色があるんですよ。

カラーコード:#C7B370
こんな色です:           

ん?花のイメージとまるで違うゾ!
 
 木蘭色とは、木蓮の樹皮を染料にした色合いのことです。お坊さんの袈裟の色のひとつを指す言葉でもあるんですよ。
 

花言葉の一覧です!詳細ページもどんどん増えていますニャー

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

木蓮の花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、木蓮の花言葉を繰り返しご紹介しますね。

-木蓮の花言葉-
 
 自然への愛
 崇高
 高潔な心
 持続性
 
 
白木蓮(ハクモクレン)の花言葉
「自然への愛、崇高、高潔な心、持続性、慈愛、荘厳、気高さ」
 
辛夷(コブシ)の花言葉
「友情、友愛、愛らしさ」
 

 

けいすけ
実は・・・雨の日に自転車で、木蓮の散った花びらで“すってんコロリ”の苦い経験があります。それ以来、ちと木蓮は嫌いです。みなさんもご注意下さいね。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告