けいすけ
元気をくれる黄色が好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花!

 
鮮やかな色合いのヤマブキ(山吹)
 
青々とした葉っぱのうえに、黄金色の花が折重なるように咲く姿がとても印象的な花です。4月~5月頃に、近くの公園などでご覧いただけると思うので探してみてくださいね。
 
そんなヤマブキには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
良い意味の花言葉に混じって「待ちかねる」なんて花言葉も付いていたんです!
 

 
この記事では、ヤマブキの花言葉とその「由来」や「意味」を解説します。
 
ヤマブキの花言葉のひとつに「待ちかねる」の言葉が付いていますが、その“効果的な使い方”も考えてみましたのでご紹介しますね。
 
また「花情報」や「名前の由来」に加えて「ヤマブキにまつわる素敵なお話」もお届けしますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
「ヤマブキにまつわる素敵なお話」には太田道灌(おおたどうかん)が登場します。乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

ヤマブキ(山吹)の花言葉

 それでは早速、ヤマブキの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

気品・高尚・崇高・金運・待ちかねる

 

 

けいすけ
むむむ・・・おおむね良い意味が並びますね。どうしてこの花言葉が付けられたのですか?

 
 
 それでは解説しますね。

 
 まずは「気品、高尚、崇高、金運」とは…
 
鮮やかな黄金色の花が咲くヤマブキ…
 

 
その花色からヤマブキには、品格高級感豊かさのイメージを抱くことも多いんですよ。
 
また、ヤマブキの誕生にまつわるこんな“伝説”があります。ある日、少年が谷底に金貨を落とします。
 

 
すぐに少年が谷底に行くと、金貨が黄金色の花に変わっていて、それがヤマブキの誕生だと言われています。
 
 そのためヤマブキは、たびたび黄金に例えられるんだそうです。
 
そんな…ヤマブキの黄金色の花色に由来して「気品、高尚、崇高、金運」の花言葉が付けられています。
 
 
 
 
 
 続いて、ひとつ残った「待ちかねる」の花言葉とは…
 
春に咲く花は、桜をはじめ、花が先に咲くことが多いのですが、
 

 
ヤマブキは、枝に葉が生え揃うのを待ってから花が咲きます。
 
 そう・・・少しじれったいのです。
 
そんな…ヤマブキの花が葉が出揃ってから咲くことに由来して「待ちかねる」の花言葉が付いています。
 

よめ
「待ちかねる」の効果的な使い方
結婚を言い出さない“じれったい”彼氏に「待ちかねる」の花言葉を添えて贈るといいわよ。

 しっかりとメッセージが伝わるように「待ちかねる」のカードを添えて贈ってやりましょう。
 

待ちかねる」の花言葉を貰ったら、赤いストックを返して、彼女を安心させてあげてね

ストックの花言葉!白、ピンク、紫など色別と由来も詳しく解説するよ

 
 

スポンサーリンク

 
 

ヤマブキ(山吹)の花情報

ここではヤマブキの花をより身近に感じていただけるように、ヤマブキの花情報を3つご紹介しますね。

  • ヤマブキ(山吹)の花情報
  • ヤマブキ(山吹)の名前の由来
  • ヤマブキ(山吹)と太田道灌のお話

それでは順番にどうぞ!

ヤマブキ(山吹)の花情報

科・属名= バラ科ヤマブキ属
学  名= Kerria japonica
英  名= Japanese rose、Jew’s mallow
和  名= ヤマブキ(山吹)
別  名= オモカゲグサ(面影草)、カガミグサ(鏡草)
原産地 = 日本、中国
色   = 山吹色
開花時期= 4月~5月
最盛期 = 5月
花持ち = 7日程度
誕生花 = 3月28日

 
 日本には山吹色(やまぶきいろ)という色がありますが、これはヤマブキの花色から付けられています。

カラーコード:#f8b500
こんな色です:           

平安時代から用いられている花色なんですよ。
 

ヤマブキ(山吹)の名前の由来

学名はKerria japonicaです。Kerriaとは、イギリスはスコットランドの植物学者ウィリアム・カーの名前にちなみます。
 
 
和名「ヤマブキ」の由来には諸説あります。


細くしなやかな枝が風に揺れる様子をあらわす「山振(やまぶり)」が変化してヤマブキになった。
 

花が“フキ(蕗)”の色に似ているため、山に生えるフキだとしてヤマブキと名付けられた。
 

春になるとこの花で山が黄色く染まるため「山春黄(やまはるき)」が転じてヤマブキになった。

 
いずれにせよ・・・ですね。
 
 

ヤマブキ(山吹)と太田道灌のお話

 古くから伝わるヤマブキにまつわるお話です。とても心打つお話ですので、ヤマブキをプレゼントする時には、是非お話もしてあげてね。
 
それでは、どうぞ・・・

 
ヤマブキにまつわるお話
 
室町時代の武将太田道灌(おおたどうかん)
 

 
ある日のこと・・・道灌は狩りに出かけ、その最中に“にわか雨”に遭遇します。
 
 
 
道灌は“蓑(みの)”を借りようと近くにあった“みすぼらしい家”に立ち寄ります。
 

 
御免、蓑を貸して下さらぬか?
 
 
 
すると扉が開き、若い娘が出てきました。
 

 
娘は何も言わずに、ヤマブキの枝をそっと道灌に差し出します。
 
 (な、何だ、私をバカにしているのか?)
花が欲しいわけではない!」道灌はそう言って、その場を立ち去ったのでした。
 
 
 

 しかーし

 
後に、道灌は娘の心情を知ることになったのです。娘は、貧しくて蓑が貸せないことを昔の和歌に例えていたのでした。
 

兼明親王(かねあきらしんのう)
七重八重 花は咲けども 山吹の 実のひとつだに なきぞ悲しき
(現代語訳)山吹は、幾重にも花が咲くが、実のひとつも無いのは、とても悲しい

 
“実のひとつ”も無い=“蓑(みの)ひとつ”も無い
 
そう・・・娘は 「貧しくて蓑ひとつお貸しできずに申し訳ありません」と訴えていたのでした。
 
 
太田道灌は、娘の風流を理解できなかったことを恥じ、それからは和歌を学び、歌人としても名を馳せるようになったのでした。
 
おしまい。
 

 

けいすけ
うーん・・・心が動かされる素敵なお話でした。「気品、崇高、高尚」の花言葉がピタリと当てはまります。

 

花言葉の一覧です!あの人にピッタリなコトバを探してみてね。

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 

バラの花言葉です。愛の告白にはやっぱりこれですよね

バラの花言葉は色や本数でこんなに違う!贈るときには注意が必要だよ

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

ヤマブキ(山吹)の花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、ヤマブキ(山吹)の花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―ヤマブキ(山吹)の花言葉―
 気品
 高尚
 崇高
 金運
 待ちかねる
 

 

けいすけ
ヤマブキの花言葉を良い意味が多いので安心してプレゼントできますよね。そして「待ちかねる」の花言葉はシチュエーションを選んで効果的に使って下さいね。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告