けいすけ
キリっとクールな花色が好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花!

 
スカビオサ
 
日本ではマツムシソウとも呼ばれますよね。紫~青の花色がキリっとクールな印象を与える花です。少し寂しげな雰囲気もまた好きなんですよねぇ。
 
そんなスカビオサには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
ずらりネガティブな花言葉が並んでいたんです!
 

 
この記事では、スカビオサの花言葉とその「意味」や「由来」を解説します。
 
また「スカビオサの花情報」や「名前の由来」も詳しくご紹介しますので是非ご覧下さい。
 
けいすけ
ネガティブな花言葉って何やろうね?乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

スカビオサの花言葉

 それでは早速、スカビオサの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

叶わぬ恋・私はすべてを失った・不幸な愛情・失恋の痛手・悲しい花嫁・未亡人

 

 

けいすけ
あちゃ~・・・ネガティブなメッセージがずらり並びますね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 それでは解説しますね。

 
スカビオサは主に“紫”の花を咲かせます。日本で紫色は高貴なイメージがある色ですよね。ところが…
 

 
西洋では事情が違って、紫色は“悲しみをあらわす色”とされているんです。
 
そのため…紫の花が咲くスカビオサには「叶わぬ恋、私はすべてを失った、不幸な愛情、失恋の痛手、悲しい花嫁、未亡人」といったネガティブな花言葉が付いたんです。
 

 
 紫が“悲しみの色”とされる理由は、ギリシャ神話のヒアキントスの悲しいお話がもとになっています。詳しくは『ヒヤシンスの花言葉』の記事を読んでね。
 

けいすけ
うーん・・・どれもプレゼントにはNGの花言葉ですね。みなさんもご注意下さい。

 

「紫=悲しい」のルーツとなったヒアキントスのギリシャ神話も紹介しています。

ヒヤシンスの花言葉!紫、青、白、赤、黄など色別にも紹介するよッ

 

悲哀をあらわす紫色ですが、ポジティブな花言葉もあるんですよ。

紫色の花言葉一覧です!高貴から悲哀のコトバまで詳しく紹介するよッ

 
 

スポンサーリンク

 
 

スカビオサの花情報

ここではスカビオサの花をより身近に感じていただけるように、スカビオサの花情報を2つご紹介しますね。

  • スカビオサの花情報
  • スカビオサの名前の由来

それでは順番にどうぞ!

スカビオサの花情報

分  類= マツムシソウ科マツムシソウ属
学  名= Scabiosa atropurpurea
英  名= Pincushion flower、Egyptian
和  名= スカビオサ
別  名= マツムシソウ(松虫草)、セイヨウマツムシソウ(西洋松虫草)、リンボウギク(輪峰菊)
原産地 = ヨーロッパ西部
色   = 紫、青、ピンク、白
開花時期= 7月~10月
最盛期 = 7月~9月
花持ち = 7日程度
誕生花 = 5月2日

 
マツムシソウには、日本が原産で野山に自生する種類もあります。しかし現在、花屋さんで流通しているほとんどは、ヨーロッパ原産のセイヨウマツムシソウ(西洋松虫草)です。
 

スカビオサの名前の由来

学名Scabiosaの語源には2つの説があります。

  • ラテン語の「粗い、埃だらけ」が語源で、この花の仲間の茎が灰色の毛で覆われているところから
  • ラテン語の「疥癬(かいせん)」が語源で、この花の仲間が皮膚病の薬として使われたところから

 

せんせい
英名のPincushion flowerとは…

花が散ったあとの姿が“針刺し”のようだと付けられました。

 
 
和名「マツムシソウ(松虫草)」とは、松虫が鳴く頃に咲くところから付いたといわれています。
 
せんせい
別説では、花が落ちたあとの姿が…

僧侶が使う松虫鉦(まつむしがね)に似ているため付いたとも言われています。

 

花言葉の一覧です!あの人にピッタリなコトバを探してみてね。

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 

バラの花言葉です。愛の告白にはやっぱりこれですよね

バラの花言葉は色や本数でこんなに違う!贈るときには注意が必要だよ

 
 

 
 

あとがき・・・

スカビオサの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、スカビオサの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―スカビオサの花言葉―
 
 叶わぬ恋
 私はすべてを失った
 不幸な愛情
 失恋の痛手
 悲しい花嫁
 未亡人
 

けいすけ
どれもネガティブな花言葉なのでプレゼントには向きません。十分に注意して下さいね。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告