けいすけ
燃え盛る炎のような花が好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花!

 
グロリオサ
 
波を打つような花びらを持ち、赤と黄色のツートンカラーが、まるで燃え盛る炎のようです。花の姿から、日本ではキツネユリ(狐百合)とも呼ばれています。
 
そんなグロリオサには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
花の姿にぴったり花言葉が付いていたんです!
 

 
この記事では、グロリオサの花言葉とその「意味」や「由来」を解説します。
 
また「グロリオサの花情報」や「名前の由来」もご紹介しますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
花の姿にぴったりな花言葉って、何だろうね?乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

グロリオサの花言葉

 それでは早速、グロリオサの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

勇敢・栄光・頑強・燃える情熱

 

 

けいすけ
むむむ・・・確かに、燃え盛る花の姿にピッタリのメッセージですね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 不要かもしれませんが・・・解説します。

 
カールした花びらが燃え盛る炎のようなグロリオサ…
 

 
学名でもあるグロリオサという名前は、ラテン語で「見事な」との意味で、この燃え盛るような花の姿から名付けられています。
 
そんな…燃え盛るような花の豪華さに由来して「勇敢、栄光、頑強、燃える情熱」という花言葉が付いています。
 

 

けいすけ
どれも素敵な花言葉で、頑張っている人へプレゼントすればピッタリですね。

 
 そうですよね。でも折角なら、メッセージカードを添えて贈りましょうよ。そうすれば相手の喜びも5倍くらいにポイントアップしますよ。
 
―メッセージカード記入例―

 
 

グロリオサと同じく燃えるような姿をしたシクラメンの花言葉です。

シクラメンの花言葉を色別で!プレゼントNGのケースとは?

 
 

スポンサーリンク

 
 

グロリオサの花情報

ここではグロリオサの花をより身近に感じていただけるように、グロリオサの花情報を2つご紹介しますね。

  • グロリオサの花情報
  • グロリオサの名前の由来

それでは順番にどうぞ!

グロリオサの花情報

分  類= ユリ科グロリオサ属
学  名= Gloriosa rothschidiana
英  名= Clinbing lily、Glory lily、Flame lily
和  名= グロリオサ
別  名= キツネユリ(狐百合)、ユリグルマ(百合車)
原産地 = 熱帯アフリカ~熱帯アジア
色   = 赤、ピンク、オレンジ、黄など
開花時期= 周年
最盛期 = 7月~8月
花持ち = 7日程度
誕生花 = 7月4日

 
日本へは明治時代の終わり頃にやってきました。
 

グロリオサの名前の由来

繰り返しになりますが・・・学名でもあるグロリオサ(Gloriosa)とは、ラテン語で「見事な、立派な」という意味です。
 

せんせい
燃えるような花の姿から命名されました。確かに、見事な姿をしていますよね。

 
 
英名のGlory lily(栄光のユリ)Flame lily(炎のユリ)もまた燃えるような花の姿から付けられています。
 
一方、もうひとつの英名Clinbing lily(登るユリ)とは…

グロリオサが葉の先端をツル状にして他のものに絡みつけながら成長するところから名付けられました。
 
 
 
和名では別名「キツネユリ(狐百合)」とも呼ばれます。これは花の姿をキツネに見立てて名付けられています。
 
またもうひとつの別名「ユリグルマ(百合車)」とは、葉が輪生(りんせい)するところから名付けられました。

 

母の日のカーネーションにマンネリを感じたら是非読んでみてね

母の日に贈りたい花言葉の花10選!すぐ使えるメッセージ例文も公開

 

バラの花言葉です。愛の告白にはやっぱりこれですよね

バラの花言葉は色や本数でこんなに違う!贈るときには注意が必要だよ

 
 

 
 

あとがき・・・

グロリオサの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、グロリオサの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―グロリオサの花言葉―
 
 勇敢
 栄光
 頑強
 燃える情熱
 

けいすけ
頑張っているあの人へ、是非、グロリオサと素敵な花言葉を贈ってみてね。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告