私は旅行をするのが大好きです。現在は個人事業主として働いているおかげで、混まない時期に格安で旅行できるので助かっています。本当は5月中旬に東北方面への旅行を計画していたのですが、予定が変更となり、5月末から奥さんと宮古島へ行くことになりました。その初日に泊まったホテルが伊良部島『紺碧ザ・ヴィラオールスイート』です。
 

 
 
普段はこのような高いホテルに泊まることはありませんが、今回はクレジットカードのポイントがたまっていたこともあり、人生に一度くらいはと泊まってみました。そんな私たちからの”口コミ情報”です。よろしければご覧ください。

私たちの宿泊情報

宿泊日:2017年05月30日(火)

宿泊プラン:生ビールサーバー付宮古牛などご当地グルメを楽しめるBBQプラン(夕食、朝食の2食付)

宿泊代金:ひとり41,000円×2名で合計82,000円(クレジットカードポイントで0円でした。)

 

紺碧の情報

紺碧のホームページです。
住所:沖縄県宮古島市伊良部字池間添1195-1
電話:098−943−0024
地図:

 
 

スポンサーリンク

 
 

名古屋から伊良部島「紺碧」へ

伊良部島へ行くには、宮古島空港へ行って、そこからレンタカーかタクシーでの移動となります。
 

宮古島上空です~
 
私たちの住む名古屋から宮古島へのフライトは、直行便が無いので那覇経由でした。ところが那覇空港の上空まで来たのに、そこから着陸許可がなかなか下りないんです。延々と沖縄上空を旋回することに・・・結局、宮古島への到着は1時間遅れでした。(名古屋~宮古島の直行便は2017年6月17日から就航開始しました)

「紺碧」のスタッフいわく、那覇空港が遅れるのはいつものことだそうです。自衛隊機の発着も多いので、仕方ないのかも知れません。でも・・・帰りの便も1時間半遅れました。可能な限り、宮古島への直行便を選びましょう。ストレスなく移動できますよ。

 
 
 
 
 

伊良部大橋を走行中。あたりが紺碧です。
 
宮古島空港そばの‟Jネットレンタカー”で予約していた軽自動車を借りて、いざ伊良部島へ。宮古島空港から紺碧までは、車で45分ほどです。

コンビニに寄ったり、伊良部大橋で景色を見てたりすると、あっと言う間に2時間ほどが経過していました。
紺碧のスタッフによる”宮古島空港~紺碧”の無料送迎があります。(要予約、混雑時は無理な場合もあるそうです)

 
 
 
 
 

まもる君の兄弟(じゅんき君?)です

伊良部大橋を渡り終わるとすぐにまもる君の兄弟が立っているので左折します。

まもる君は宮古島の有名人です。宮古島、伊良部島、多良間島に合計19体いるそうです。でも・・・・正直、怖いんですけど。

 
 
 
 
 

紺碧に到着
 
まもる君の兄弟から700mほどで到着です。車を駐車させていると、スタッフが出迎えてくれます。さすがは高級リゾート、スタッフもイケメンさんだわ。

紺碧の宿泊日記です

私たちの宿泊したプランは「生ビールサーバー付宮古牛などご当地グルメを楽しめるBBQプラン(夕食、朝食の2食付)」でした。オリオンビールが10リットル飲み放題とは素晴らしい。
 
 

ビールのサーバーです(^^)/

テラスにサーバーがセットされていてグラスに注ぎ放題なのです♪また冷蔵庫には缶のオリオンビールが2本、これも無料です。

でもさすがに10リットルは飲めないです。二人でたらふく飲んで、1.5リットルくらいかな・・・二人とも根が貧乏性なので、ぬるくなったビールも捨てられないのです。うーん、こういうホテルには向かない人間かな。

 
 
 
 
 

部屋は広々と57㎡

部屋も広々、ベッドも大きいし、浴室もガラス張りで解放感があって気持ちいいのです。しかも全室にプライベートプールが付いてます。たまにはこんなホテルもいいですね~

解放感があるのはいいのですが、トイレが洗面のすぐ横に仕切りも無くあります。口コミにも書かれていましたが、女性には少し気になるかも知れません。

 
 
 
 
 

部屋からの眺め

遠くに来間島も望めて景色が最高です。でも雨が降ったり止んだりしたのが少し残念ですね。デッキチェアーも雨のため利用しませんでした。夏に来てみたいなぁ、最高でしょうね。
 
 
 
 
 

プールで必死に泳ぐ管理人

このホテルにした決め手は、「オリオンビール飲み放題」もありますが、何と言っても「プライベートプール」でした。プールの水深は1.4mと深いです。人目を気にせずに泳げるのが楽しかったなぁ・・・ただしプールは海水なので顔を浸けると目が痛いです。

プールヘは部屋から出入りできるほか、浴室にも出入り口があります。プールから直接、浴室に行けるのが便利です。

 
 
 
 
 

テラスで楽しい夕食のはずが・・・

夕食はテラスでBBQだったのですが、強い雨が降ってきて、部屋に避難です。BBQプランは雨の日だと少し辛いですね。雨の止み間に大急ぎで食べました。これで風が強かったらアウトだったなぁ。食事の量は、若干物足りないかな・・・

紺碧には客室が8棟あって、BBQタイプは2棟のようです。残りのプランはレストランでコース料理が食べられます。
ホテルにはバーなどが無いため、夜は部屋の中に完全孤立になります。二人っきりになりたいカップル向けなんでしょうねぇ。現地の人たちと交流したい私たちにはチョット向かなかったかな。ライトに照らされたプールで延々と泳ぐ二人なのでした。ああ楽しい。

 
 
 

スポンサーリンク

 
 
-そして翌日-
 
 
 

朝食はレストランでいただきました

昨晩は夜通し強い雨が降っていました。雨の音で目が覚めたほどです。雨が強いとレストランまで移動するのもなかなか大変です。
 
 
 
 
 

搾りたてのオレンジジュースとパン
 

手作りのポタージュ
 

ベーコン、ソーセージ、エッグ、サラダ
 
そのあとコーヒーもいただきました。どれも美味しかったです。

でも・・・食事以上に良かったのが、伊良部島出身のスタッフさんといろいろお話できたことです。島の人と話をすると心がほぐれるんですよね。前日の宿泊は私たちを含めて3組だったようで、暇なのかずっと相手をしてくれました(^^)

 
 
 
 
 

その後も横殴りの雨です

なかなか雨が止まないため、ホテルで待機です。多少の雨なら出発するのですが、傘がさせないほどの横殴りの雨です。仕方がないので、プールで泳ごう。
 
 
 
-チェックアウトです-
 
 
 
雨が小降りになったタイミングを見計らい、10時半頃にチェックアウトしました。

何故か?フロントにはテレビ局のクルーが・・・イケメンスタッフさんの話によると「マツコの知らない世界」のロケだそうです。7月に放送があるそうです。観なければ・・・

総評です

わたしごときが申し訳ありませんが、「紺碧」に宿泊した総評です・・・

申し分のない素晴らしいリゾートホテルだと思います。スタッフの気配りも行き届いているし、部屋も快適そのもの。料理も美味しかった。まぁ、値段が高いので当然なんでしょうけど・・・・。都会の喧騒を離れて、二人の時間を楽しみたい方にはピッタリだと思います。
私たち夫婦にはちと退屈なホテルでした。雨降りのため、夜間にやることが無くてテレビを見ているだけでした。近くにバーでもあれば奥さんと夜通し飲んでいたのですけどね(^^; 翌日からは宮古島の繁華街付近に泊まったのですが、ガヤガヤ騒がしくて、私たちに向いていると思いました。

 
 
それと・・・あとふたつ気になったコトを・・・・

ヤモリがいる


部屋に1匹いたのと、玄関の辺りで頻繁に見掛けました。個人的にはヤモリはかわいいし、こういうロケーションなので、いても当然なのですが、爬虫類が苦手は人は要注意です。

虫が多い


夜になると照明に釣られてプールに虫が飛び込んできます。何だか虫に申し訳ない気分になります。BBQは明るい内に済ませないと虫で大変なことになるでしょうねぇ。

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

この記事はもっともっとたくさんの写真満載でお届けする予定だったのですが、とある理由のため不可能となりました。
 
その理由とは・・・
宮古島の‟わいわいビーチ”でiPhoneを水没させてしまった・・・いや、違いますね・・・私ごと海に水没してしまったからなんです(-_-;)


ウミガメと泳げるわいわいビーチ
 
自分は溺れながらも2秒ほどでiPhoneを水から救出しました。そのおかげか?水没後も順調に動いていたのですが・・・旅行最終日にいきなりプツンと画面が消えてしまい、それ以降、二度と電源が入らなくなってしまったんです。
 
 
とても無念なのですが、以下のことを伝えたかった(>_<)  

写真で伝えたかったことがこんなに・・・
  • ビール専用の薄いグラスがスゴイ
  • 有料のワインセラーが設置されている
  • BBQの料理が意外に貧弱
  • ドリップコーヒーマシンがある
  • プールから見える来間島がキレイ
  • 夜間照明に照らされたプールが素敵
  • 洗面台が2個並んでいる
  • アメニティーもいっぱい
  • お風呂がとにかく広い
  • ガラス張りで外から風呂とトイレが丸見え

 
私がお伝えすることは適いませんでしたが、是非、機会があれば確認してくださいね。

%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
記事:けいすけ