春を鮮やかに彩る花・・・チューリップ。
 
小学校の音楽の時間に童謡を歌ったり、図工の時間に絵を描いたりと、もっとも馴染みのある花だと言ってもいいですよね。今回はそんな・・・
 
チューリップの花言葉の大特集です
 

赤、ピンク、黄、紫・・・いろいろだニャン
 
 
この記事では、チューリップの花言葉を分かり易く3つの項目「全体、色別、種類別」に分けて解説します。
 

けいすけ
色別では「赤、ピンク、紫、オレンジ、緑、黄、白、黒、斑(まだら)、レインボー、青」を紹介しているよ。

 
基本的にチューリップには「良い意味の花言葉が多いのですが、色別では「悪い意味の花言葉もたくさんあるんですゾゾゾ・・・
 
皆さんが意図しないところで、プレゼントした相手に間違ったメッセージを贈らないように、是非ご覧下さいね。オリジナルイラストたっぷりで楽しくお伝えいたします。それでは、どうぞ・・・
 
 
スポンサーリンク

 
 

チューリップの花言葉とその意味

チューリップにはとても多くの花言葉が付けられていますので、花言葉を3つの項目に分けてご紹介いたします
 

  1. チューリップ全体としての花言葉
  2. 色別の花言葉
  3. 種類別の花言葉

 
さて・・・早速、参りましょう

1.チューリップ全体としての花言葉

まずはチューリップという品種全体としての花言葉をご紹介します。花言葉は・・・
 

思いやり・博愛

 
 
とても素敵な花言葉ですね。でも・・・なぜこのような花言葉が付けられたのでしょうか
 
 
 
 この花言葉の由来と言われるお話がオランダに伝わっています・・・

チューリップにまつわるお話

むかしむかしの話です・・・
 
ある村にとても美しい娘が住んでいました。その美しさは、村だけにとどまらず、遠くの都でも噂になるほどでした。
 
娘が年頃になったある日のこと・・・3人の騎士たちが、同時にプロポーズに訪れます。
 

3人の騎士たちは家に伝わる家宝・・・「王冠」「剣」「金塊」をそれぞれプレゼントして、娘への愛を示しました。しかし・・・
 
 

どうしても1人だけを選ぶことができない娘は、思い悩んだ末、女神フローラに会いに行きます。そして・・・「どうか私を花の姿に変えて下さい」と懇願したのでした。
 
 

女神フローラは、願いを聞き入れて、娘を花の姿に変えてやりました。それがチューリップの始まりです。

 
 チューリップの姿は「花が王冠」「葉が剣」「球根が金塊」を表しているそうです。
 
3人の誰も傷つけたくない・・・そんな娘の“優しい気持ち”が「思いやり・博愛」という花言葉を付けさせたと言われています
 
 

2.色別の花言葉

子供の頃に歌ったチューリップの童謡 を思い出してみると、歌詞に「赤、白、黄色」とたくさんの色が出てきますよね。そう・・・チューリップにはたくさんの色の花が咲き、その色別にも花言葉が付いているんです。
 
 
 ここでは色別の花言葉を「良い意味の花言葉」と「悪い意味の花言葉」に分けてご紹介しますね。そして「おまけ」では“青いチューリップ”についてもご紹介していますのでお楽しみに!
 
それでは参りましょう!
 

良い意味の花言葉

ご紹介するのは「赤・ピンク・紫・オレンジ・緑」の5色です。

赤色のチューリップ

「愛の告白」

 赤色は情熱を表します。心に秘めた熱い思いを赤いチューリップに込めて愛の告白なんていかがでしょうか?ペルシャでは、男性が女性へプロポーズするときに赤いチューリップを贈る風習があると言います。

 

ピンク色のチューリップ

「愛の芽生え」

 ピンク色は、恥じらいのあるウブな少女を表すような色ですよね・・・そのため初恋をイメージするような花言葉が付いています。初々しい恋の相手へ思いを伝えてみてね。

 

紫色のチューリップ

「不滅の愛」

 高貴なイメージのある紫色。そのため紫色のチューリップには、不滅や永遠といったメッセージが込められています。落ち着いた色なので、長年連れ添ったパートナーへのプレゼントに向いていると思います。大人を感じる色合いですよね。

 

オレンジ色のチューリップ

「照れ屋」

 オレンジ色は明るくて元気をくれる色です。「照れ屋」という花言葉には、初々しい若者が、好きなひとを目の前にして、恥じらう姿が思い浮かびます。

 

緑色のチューリップ

「美しい瞳」

 チューリップの鮮やかな緑色は心をそっと癒してくれます。そんな緑色の花言葉は「美しい瞳」です、目元が魅力的なあの人へ贈ればバッチリですよね。

 
 
良い花言葉のまとめ

  • 赤色「愛の告白」
  • ピンク色「愛の芽生え」
  • 紫色「不滅の愛」
  • オレンジ色「照れ屋」
  • 緑色「美しい瞳」

どの花言葉を贈られても嬉しいですよね。ただし「照れ屋」という花言葉は、それをコンプレックスに感じている人もいると思います。ウーン微妙かな?と感じるのなら、ほかの色と織り交ぜて贈りましょうね

 
 

悪い意味の花言葉

ご紹介するのは「黄・白・黒・斑」の4色です。

黄色のチューリップ

「望み無き愛」

 ヨーロッパで黄色は“裏切り”をイメージするため、ネガティブな花言葉が付いています。人に贈るときには十分にご注意ください。黄色のチューリップには、そのほか「名声」なんて良い花言葉も付いています。

 

白色のチューリップ

「失われた愛」

白色は喪失感を表すため、“失恋”をイメージするネガティブな花言葉が付いています。プレゼントに贈るときにはご注意くださいね。白色のチューリップには、そのほか「新しい愛」という花言葉も付いています。

 

黒色のチューリップ

「私を忘れてください」

 すべてを閉ざしてしまう黒・・・しかもチューリップの黒は、赤が混じったような黒なんですよね・・・そのため“別れ”を予感させるネガティブな花言葉が付いています。

 

斑(まだら)入りのチューリップ

「疑惑の愛」

 見た目にも怪しい雰囲気を持つチューリップなため、ネガティブな花言葉が付いています。花びらが一色に染まらずに、中途半端な色合いで「一途」とは言い難いですよね・・・「疑惑」がピッタリです。

 
 
悪い花言葉のまとめ

  • 黄色「望み無き愛」
  • 白色「失われた愛」
  • 黒色「私を忘れてください」
  • 斑入「疑惑の愛」

なかには黄色「名声」、白色「新しい愛」など良い意味の花言葉もついていますが、やはり・・・基本的には、悪い意味のものばかりですね。うっかり贈ってしまって、相手に誤解を与えては大変です。十分にご注意くださいね。

 
贈るならカラフルにいろんな色を織り交ぜましょうね
 
 

おまけ

チューリップには人工的に染められた種類があります。ご存知でしょうか?その中でも今回は・・・

  • レインボーチューリップ
  • 青色のチューリップ

の2種類をご紹介しますね。果たして、どんな花言葉が付いているのかな
 

レインボーチューリップ

「希望の架け橋」

 レインボーチューリップは、染料を吸わせて染めた虹色のチューリップです。「希望の架け橋」なんて、とても良い花言葉が付いていますね。でも・・・少し商売っ気を感じる花言葉ですね。

 

青色のチューリップ

花言葉はありません

 一見、存在しそうな青色のチューリップですが、まだ品種として存在していません。そのため、現在出回っている青色のチューリップは、レインボーチューリップと同じで、人工的に染められたものなんです 残念ながら花言葉はありませんでした。

 
 
おまけ

  • レインボー「虹の架け橋」
  • 青色「花言葉はありません」

どちらも人の手によって染められたチューリップです。見た目のインパクトが抜群なので、あっと驚くプレゼントになりそうですよね。

 

チューリップの色は何種類かご存知ですか?興味があれば読んでみてね。

チューリップの色の種類はいくつある?存在しない色とは?

 
 

スポンサーリンク

 
 

3.種類別の花言葉

17世紀のオランダ・・・チューリップは熱狂的なブームが起こるほど人気の花でした。品種改良も盛んで現在2000種ほど品種があるそうです。そして種類別にも花言葉は付けられています。
 
ここでは5品種の花言葉をご紹介しますね・・・どんな花言葉でしょうね

アップスター

「天真爛漫」

花びらの枚数は少ないですが八重咲のチューリップです。ほんのりピンク色で、少女のように「天真爛漫」な姿をしています。

 

アンジェリケ

「夢」

これも八重咲きのチューリップです。バラのような美しい姿・・・そして香りも良いんです。たくさんの花びらで「夢」がはち切れそうです。

 

ピンクダイヤモンド

「年頃」

一重咲きのチューリップです。花びらが光沢のあるピンク色で「年頃」の女性のようですね。

 

モンテカルロ

「名声」

黄色い八重咲きです。花びらの黄色が、黄金をイメージさせるためでしょうか・・・「名声」とは、とても良い意味の花言葉ですね。

 

クリスマスマーベル

「子供心」

濃いピンク色をした一重咲きのチューリップです。大人っぽい印象の花ですが・・・花言葉は「子供心」となっています。

 
 
 種類別の花言葉まとめ

  • アップスター「天真爛漫」
  • アンジェリケ「夢」
  • ピンクダイヤモンド「年頃」
  • モンテカルロ「名声」
  • クリスマスマーベル「子供心」

種類別の花言葉は、どれも良い意味ばかりです。プレゼントに用いても安心かな・・・でも・・・モンテカルロは黄色いチューリップなので、誤解を生まないようにしっかりと花言葉を添えて贈りましょうね

 
 

チューリップの花情報

ここではチューリップの花をより身近に感じていただけるように、花情報をご紹介します。

科・属名= ユリ科チューリップ属
学  名= チュリパ
英  名= Tulip
和  名= 鬱金香(ウッコンコウ)
原産地 = 中央アジア~地中海周辺
草  丈= 20cm~70cm
花の直径= 5cm~10cm
色   = 赤、ピンク、黄、オレンジ、紫、白など
開花時期= 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

 

チューリップの語源

オランダのイメージが強いチューリップですが、もともとのルーツはトルコにあります。
 
16世紀のお話です・・・
トルコに駐在していたヨーロッパ人が、チューリップを指さして名前を尋ねたところ、トルコ人は花の形を聞かれたと思い「チュリパ(tulipa)みたいでしょ」と答えました。
 
そうか・・・チュリパと言うのか」その勘違いが広まってチューリップの語源になったと言われています。
 
※チュリパ(tulipa)とは・・・ターバンのことです。

 
 

あとがき・・・

チューリップの花言葉をご紹介しました。それでは最後に・・・
 
 
チューリップの花言葉は、基本的には愛のメッセージを伝えるような良い花言葉が多いです。しかし色別では・・・

黄「望み無き愛」
白「失われた愛」
黒「私を忘れてください」
斑「疑惑の愛」

・・・など、 青ざめてしまうような花言葉も多いので十分にご注意ください。
 
 
その色だけを単色で贈ると“強烈なメッセージ”を発しますので、悪い意味を持つ色を贈るときは、たくさんの色をカラフルに織り交ぜて贈りましょうね。すると「思いやり・博愛」という素晴らしいメッセージが生まれてきますよ
 
 

記事:けいすけ
 
 

スポンサーリンク