けいすけ
花言葉が大好きで気が付いたら500ほど記事を書いてた管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはゴージャスなこの花!

 
 ダリア 
 
ボリューム感たっぷりの豪華な花です。私が住む東海地方では、三重県にあるなばなの里の「ダリアまつり」が有名で、秋になると奥さんと二人で足を運んでは、優雅な咲き姿にうっとりとなっています。
 
そんなゴージャスな花なので素敵な花言葉ばかりが付いていると思いきや、実は…
 
 
「裏切り」という怖い花言葉も付いていたんです!
 

 
この記事を読めばダリアの「花言葉」とその「意味」や「由来」が理解できます。ダリアには花の「色別」や「種類別」にも花言葉も存在しますので詳しく解説しますね。
 
また「ダリアの花情報」や「名前の由来」もご紹介しますのでお楽しみに。
 
けいすけ
裏切りという怖いメッセージが付いたワケって、何なんやろうね?ここからは先生と一緒にお芝居風にお伝えしますね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

ダリア全般の花言葉

 まずは・・・ダリアという『品種全般』に付けられた花言葉をご紹介しますね。その花言葉とは…
 
 

 

 華麗・優雅・感謝・移り気・裏切り・不安定 

 

 
 

けいすけ
むむむ・・・ポジティブとネガティブ両方の花言葉が混在していますね。そして確かに「裏切り」という怖い意味もある。はて?どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 では最初にポジティブな花言葉「華麗、優美、感謝」を解説しますね。

 
 まずは「華麗、優美」とは・・・
 
色や咲き方が豊富なダリアは、その咲き姿がとってもゴージャスなんです。
 

 
その王者のような咲きっぷりを見ているだけでウットリとしてしまうんですよねぇ。
 
そんな…ダリアの豪華な咲き姿に由来して「華麗、優美」の花言葉が付きました。
 
 
 
 続いて「感謝」とは…
 
革命後のフランスは国内情勢が非常に不安定で、人々は困難な状況にありました。しかし…
 

 
そんな状況下でもダリアは社交界でもてはやされ人気を博していました。品種改良も盛んに行われていたと言います。
 
そんな…ダリアが困難な状況下でもてはやされたことから「感謝」の花言葉が付きました。
 

 

けいすけ
花言葉の由来も素敵なんですね。「華麗、優美、感謝」なら人を選ばずにプレゼントできそうだ。

 
 
 
 つづいてネガティブな花言葉を解説しますね。

 
花言葉「移り気、裏切り、不安定」もまた前述の理由と同じで、フランス革命後の情勢が不安定だった頃に、盛んに栽培されていたところから付けられています。
 

けいすけ
なるほど・・・由来は同じでもポジティブに解釈したり、ネガティブに解釈したり、花言葉は面白いですね。

 

 ところで・・・

 
花言葉「移り気、裏切り、不安定」の由来には『別説』があって、ある女性が関係しているとも言われています。
 
その女性のエピソードを紹介しますね。

ダリアとジョセフィーヌのお話
 

 
ナポレオン王妃ジョセフィーヌ。彼女のダリア好きはとても有名で、所有するマルメゾン宮殿で、珍しいダリアの品種を集めて栽培をしていました。そして…
 
 
 

 
宮殿でパーティーを開いてはダリアをたいそう自慢していたそうです。招待された紳士、淑女たちはその見事なダリアを譲ってほしいとお願いするのですが…
 
 
 駄目よ、このダリアは私だけのもの…
 
そう言って、一輪たりとも譲らなかったそうです。
 
 

 
ジョセフィーヌに仕える侍女もまたダリアが欲しくてたまらない一人でした。侍女として仕える身分のため、ダリアが貰える筈もありません。しかし…侍女は我慢できずにダリアを盗んだのでした。
 
そして・・・侍女は自分の庭で見事なダリアをいくつも咲かせましたのでした。
 
そのことを知ったジョセフィーヌは侍女を解雇し、それからはダリアにも興味を示さなくなりました。
 
 誰も持っていないからダリアが好きだったのよ!
 
おしまい
 

 
 花言葉「移り気・裏切り・不安定」はジョセフィーヌの心の移ろいに由来しているとも言われているんですよ。
 
 
 私は『バラの母』としても有名だったのよ!


 
 
スポンサーリンク

 
 

ダリア色別の花言葉

ダリアにはたくさんの花色が存在していて、その『色別』にも花言葉が付けられています。ここでは赤、白、黄の花言葉をご紹介しますね。
 

赤のダリア

「栄華、華麗」
 

 情熱をあらわす赤い花色とはあまり関係が無さそうなメッセージですね。でもダリアのゴージャスな咲きっぷりに「栄華、華麗」のメッセージはマッチしますよね。

 

白のダリア

「感謝、豊かな愛情」
 

 こちらも白い花色とは関連が薄そうに思えます。しかしダリアの幾重にも重なる花びらは包容力を連想させますよね。いつも寛大な態度で接してくれるお父さん、お母さんへのプレゼントにもピッタリです。

 

黄のダリア

「栄華、優美」
 

 うーん・・・これまた黄色い花色とは関係が無さそうだ。やはりダリアのゴージャスな咲き姿に由来した花言葉だと思います。誰にプレゼントしても喜ばれそうです。

 
 

ダリア種類別の花言葉

古くからダリアは盛んに品種改良が行われ、たくさんの品種が誕生しています。そして…その『種類別』にも花言葉が存在するんですよ。
 
そのうちのひとつ「皇帝ダリア」の花言葉をご紹介しますね。

皇帝ダリア

「乙女の真心」
 

 “皇帝”とはそびえ立つように咲く様子から命名されました。主にピンク色の花が咲くため「乙女」が付いたのかな?でも咲き姿が男性的なんですけどねぇ。

 
 

ダリアの花言葉は以上です!

 

けいすけ
うーん・・・ダリアの花言葉にはポジティブとネガティブが混在しているので、プレゼントするときには注意が必要ですね。 

 
 確かにね。
 
なので・・・プレゼントする場合はポジティブな花言葉がキチンと伝わるように対策しましょうね。メッセージカード添えれば安心だし、相手の喜びもアップしますよ。
 
―メッセージ記入例―

 
 

 
 

 
 

ダリアの花情報

ここではダリアの花をより身近に感じていただけるように、ダリアの花情報を2つご紹介しますね。

  • ダリアの花情報
  • ダリアの名前の由来

それでは順番にどうぞ!

ダリアの花情報

分  類= キク科ダーリア属
学  名= Dahlia pinnata Cav.
英  名= Garden dahlia
和  名= テンジクボタン(天竺牡丹)
原産地 = メキシコ、グアテマラ
色   = 赤、ピンク、黄、オレンジ、白など…
開花時期= 5月~7月、9月~11月
最盛期 = 5月~6月
花持ち = 5日程度
誕生花 = 7月28日

 
日本へは天保13年(1842年)にオランダから長崎へ持ち込まれました。
 

ダリアの名前の由来

学名のDahliaとは、スウェーデンの植物学者アンデシュ・ダール(Anders Dahl)にちなんで付けられました。
 
和名のテンジクボタン(天竺牡丹)とは、花の形がボタン(牡丹)に似ていることから名付けられました。
 


 
 
スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

ダリアの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、ダリアの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―ダリアの花言葉―
品種全般
「華麗、優雅、感謝」
「移り気、裏切り、不安定」
 
色別
赤のダリア「栄華、華麗」
白のダリア「感謝、豊かな愛情」
黄のダリア「栄華、優美」
 
種類別
皇帝ダリア「乙女の真心」
 

けいすけ
ポジティブなメッセージが伝わるようにキチンと対策しましょうね。メッセージカードがおススメですよ。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告