けいすけ
特徴のある花が好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花です!

 
サフラン(泪夫藍)
 
薄紫の美しい花の中心に3本の赤いメシベをもつ特徴のある花です。このメシベを乾燥させてスパイスや染料として用いるんですよ。うーん…サフランライスが食べたい。
 
今回はそんな特徴いっぱいのサフランの花言葉をご紹介します。実はサフランには…
 
ポジティブネガティブ両方の花言葉が付いていたんです!
 
サフランのイラスト
 
この記事を読めば、サフランの花言葉とその「意味」や「由来」を知ることができます。
 
そのほかにも「サフランの花情報」や「名前の由来」に加えて「サフランにまつわるギリシャ神話」「サフランは高価なスパイス」についてもご紹介しますのでお楽しみに。
 
けいすけ
ポジティブとネガティブ両方って、どんな花言葉なんやろうね?ここからは先生とお芝居ふうにお伝えします。

 
 
スポンサーリンク

 
 

サフランの花言葉

 それでは早速、サフランの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

歓喜・濫用するな・調子に乗らないで

 

 

けいすけ
むむむ・・・確かにポジティブとネガティブが同居していますね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 それでは解説しますね。

 
メシベがスパイスや染料として用いられるサフランですが、かつて西洋では薬としての効能も信じられていたんです。
 

そうなん?
 
西洋人たちはサフランに『気分を爽快にする』や『酒の悪酔いを防ぐ』などの薬効があると信じていたんだとか。そんなサフランの薬効に由来して「歓喜」の花言葉が付きました。
 
 

 ところが・・・

 
サフランを過剰に摂取すると、脳に影響を及ぼして興奮状態になるとも言われていたんです。そのため「濫用するな、調子に乗らないで」の花言葉もまた付いているんです。
 

 

けいすけ
なるほど・・・西洋の人たちがサフランに薬効があると信じていたことから花言葉が付いたのですね。

 
 
サフラン(泪夫藍)を楽天市場で探すならこちら>
 
 

 ちなみに・・・

「濫用するな、調子に乗らないで」には“サフランに頼って飲み過ぎるな”という裏メッセージもあるそうですよ。
 

よめ
飲み過ぎのパートナーへ「濫用するな、調子に乗らないで」を贈ればピッタリだわ。怒、怒、

 ドーンとメッセージカードを添えて贈ってやりましょう!
    む、む、
 
 
 
 
スポンサーリンク

 
 

サフランの花情報

 ここではサフランの花をより身近に感じていただけるようにサフランの花情報を4つご紹介します。

  • サフランの花情報
  • サフランの名前の由来
  • サフランとギリシャ神話
  • サフランは高価なスパイス

それでは順番に解説しますね。

サフランの花情報

分  類= アヤメ科クロッカス属
学  名= Crocus sativus
英  名= Saffron crocus
和  名= サフラン(泪夫藍)
別  名= ヤクヨウサフラン(薬用泪夫藍)
原産地 = 南ヨーロッパ~北インド
色   = 淡紫色
開花時期= 10月~11月
最盛期 = 11月
花持ち = 5日程度
誕生花 = 10月10日

 
 サフランはクロッカスの一種で、春に咲くクロッカスに対して秋のクロッカスと呼ばれています。
 
日本へは江戸末にオランダ船でやってきました。当時は薬用に栽培され、女性の血をつくる薬として用いたそうです。
 
 


 

サフランの名前の由来

サフラン(Saffron)は、アラビア語で黄色を意味するザファラン(zafran)が語源です。
 

せんせい
そして・・・学名のCrocusは、ギリシャ語のkrokosが語源です。その意味は「」で、サフランの長いメシベのことを指しています。

 
ちなみに・・・サフランを漢字で書くと泪夫藍になります。漢字検定に出題されそうな難しさですね。
 

サフランとギリシャ神話

サフランの誕生にはある女神が関係している、そんなギリシャ神話が伝わっていますのでご紹介しますね。
 
それではどうぞ
 

サフランのギリシャ神話
 
ある湖のほとりで花の女神フローラがひとり秋の夕暮れを楽しんでいました。
 
そこに“牧場の妖精たち”が現れてフローラに訴えかけます。
 

 
 牧場の羊たちが、秋になって草花が枯れてゆくのを悲しんでいるの…
     せめて羊たちがグッスリ眠ることができるベッドを与えてあげて…
 
 おや、おや、そうだったのかい…
 
 
妖精たちの話に心打たれたフローラは、その願いを聞き入れ、牧場に紫色の花を咲かせてやりました。
 

 
羊たちは、その花をベッドにして、グッスリと眠れるようになりました。それがサフランの始まりで、秋の最後に咲く花となりました。
 
おしまい
 

 

せんせい
サフランの花言葉『歓喜』とも結びつく素敵なお話ですね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

サフランは高価なスパイス

サフランライスやブイヤベースには欠かせないスパイスのサフランは、サフランのメシベを乾燥させたものです。
 
 ところで・・・
 
スパイスのサフランって高価だと思いませんか?スーパーで安い物を買っても1gあたり100円程度しますよね。なぜ?高いのでしょうか?その理由を解説しますね。
 

スパイスのサフランが高価な理由とは…
 
スパイスのサフランは、メシベの柱頭(ちゅうとう)という部分を乾燥させたものです。この柱頭は一輪のサフランから3本しか採れません。
 

 
そして…1gのスパイスを作るために必要な柱頭は500本だといわれ、花で言うと166輪も必要なんです。さらに…
 
サフラン1g=花166輪という材料費に加えて、花からメシベを取り出す作業を人手で行うための人件費も発生するんです。
 
この材料費と人件費のためスパイスのサフランは高価になってしまうんです。
 

 
 なるほど…今後はしっかりと味わって食べねば。
 
ちなみに・・・使用量の目安は、サフランライスで0.1g、ブイヤベースで0.2g(ともに2人前)です
 
 

こちらもどうぞ…
花言葉一覧リンク用画像
花言葉の一覧
 
誕生花一覧タイトルイラスト
誕生花の一覧

 
 
サフラン(泪夫藍)を楽天市場で探すならこちら>
 
 

あとがき・・・

サフランの花言葉をご紹介しました。
 
それではもう一度、花言葉を繰り返してご紹介しますね。

―サフランの花言葉―
 
 歓喜
 濫用するな
 調子に乗らないで
 

 
 

けいすけ
奥さんから「濫用するな」「調子に乗らないで」のメッセージを貰わないよう…私もお酒はほどほどに楽しみます。

 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告