春を告げる花クロッカス
 
冬の寒さが苦手な私ですが、厳しい寒さのなかで咲くクロッカスを見ると、春の訪れを実感できて嬉しいんですよね。黄色、紫、白の花が愛らしいです。
 
そんなクロッカスには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
春を待つような花言葉が付けられていたんです!
 

 
この記事では、クロッカスの花言葉とその「由来」や「意味」を解説します。
またクロッカスには花の色別にも花言葉が存在しますので、あわせてご紹介しますね。
 
そのほか「花情報」「名前の由来」「クロッカスにまつわるギリシャ神話」もお届けしますので是非ご覧ください。
 

けいすけ
クロッカスにまつわる“ギリシャ神話”をイラスト入りで楽しくご紹介します!乞うご期待下さい。

 
 
スポンサーリンク

 
 

クロッカスの花言葉 全般

 それでは早速、クロッカス“全般”の花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

じれったい・あなたを待っています・切望・私を裏切らないで・青春の喜び

 

 

けいすけ
むむむ・・・何かを待ちわびているような意味が並びますね。どうしてこの花言葉が付けられたのですか?

 
 
 これらの花言葉はクロッカスが春に咲くことに由来しています。

 
クロッカスは、別名「ハルサフラン(春泪夫藍)」とも呼ばれ、古くからヨーロッパでは“春の訪れを告げる花”とされてきたんですよ。
 
 
クロッカスの花言葉「じれったい、あなたを待っています、切望、私を裏切らないで」とは・・・
 

 
春の訪れ(クロッカスの開花)をじっと待っている人の気持ちをあらわしたコトバなんです。
 
 
 
 
一方、「青春の喜び」とは・・・
 

 
「春に咲く=青春」だと捉えて付けらたコトバなんです。クロッカスの咲き誇る姿は、エネルギーに満ち溢れた若者のようですよね。
 
 

 
 クロッカスの花言葉は“相手に何かを促す”ような意味が多いので、プレゼントする場合には注意が必要だと思います。
 

けいすけ
でも・・・長年付き合った恋人に 「じれったい、あなたを待っています、切望、私を裏切らないで」の花言葉は“効果大”かも知れませんね。

 
 

クロッカスの花言葉 色別

 クロッカスには黄色、紫、白などの花色がありますが、その“色別”の花言葉を調べてみましたのでご紹介しますね。
 

黄色のクロッカス

「私を信じて」

 西洋ではネガティブな花言葉が付くことが多い黄色ですが、クロッカスには「私を信じて」の花言葉が付いています。クロッカスの花言葉「私を裏切らないで」を貰ったら、お返しに「私を信じて」と贈ればバッチリかも知れません。

 

紫のクロッカス

「愛の後悔」

 高貴で大人のイメージがある紫色は“悲しみの色”でもありますよね。そんな紫色にはパートナーへの懺悔に使えそうな「愛の後悔」の花言葉が付いています。

 

白のクロッカス

独自の花言葉はありません

 白のクロッカスには、その色独自の花言葉は付いていませんでした。クロッカス全般に付けられた花言葉を使って下さいね。「青春の喜び」がピッタリだと思いますよ。

 

けいすけ
「青春の喜び」を除くと、クロッカスの花言葉は微妙な意味ばかりですね。うむむ…

 

スノードロップの花言葉です。こちらは“春の兆し”を知らせる花とされています。

スノードロップの花言葉って怖いの?その由来や意味を調べたよ

 
 

スポンサーリンク

 
 

クロッカスの花情報

ここではクロッカスの花をより身近に感じていただけるように、クロッカスの花情報を3つご紹介します。

  • クロッカスの花情報
  • クロッカスの名前の由来
  • クロッカスにまつわるギリシャ神話

それでは順番にどうぞ!

クロッカスの花情報

科・属名= アヤメ科クロッカス属
学  名= Crocus spp.
英  名= Crocus
和  名= ハナサフラン(花泪夫藍)
別  名= ハルサフラン(春泪夫藍)
原産地 = 地中海沿岸、トルコ周辺
色   = 黄、紫、白
開花時期= 2月~3月
最盛期 = 3月
花持ち = 10日程度
誕生花 = 1月4日、2月6日

 
クロッカスには“春咲き”と“秋咲き”があり、春咲きのものを「クロッカス」、秋咲きのものを「サフラン」と呼びます。
 
サフランの“花柱(ちゅうとう)”は、料理、薬、染料などに利用されます。一方、クロッカスは観賞用で、柱頭に利用価値はありません、そのため和名は「ハナサフラン(花泪夫藍)」と命名されています。
 

せんせい
このほかに「イヌサフサン」という花がありますが、これは別の科(ユリ科)に属する花なんですよ。なんともややこしいですね。

 
日本へは明治時代にやって来ました。一方、利用価値の高いサフランは、それよりも早く、江戸時代にオランダ船で長崎にやって来ました。
 

クロッカスの名前の由来

クロッカス(Crocus)」という名前は、ギリシャ語の「糸(krokos)」が由来となっています。これは糸のように長く伸びる“めしべ”の姿から付けられています。
 
 
 繰り返しになりますが・・・
 
和名の「ハナサフラン(花泪夫藍)」とは、利用価値の高いサフランに対して、観賞だけが目的の花だとして命名されています。別名の「ハルサフラン(春泪夫藍)」は、春に咲くところから。
 

けいすけ
「泪夫藍」で「サフラン」かぁ・・・読めんわ。

 

サフランの花言葉です。花にまつわるギリシャ神話も紹介しています。

サフランの花言葉は怖いの?その由来や意味を詳しく解説するよ

 

クロッカスにまつわるギリシャ神話

クロッカスの誕生にまつわるギリシャ神話が伝わっていますのでご紹介しますね。
 
とっても悲しいお話なんです・・・・

 
クロッカスにまつわるギリシャ神話
 
むかしむかし・・・
 
あるところにクロッカスという名前の青年がいました。
 

 
彼は羊飼いの娘スミラックスと恋に落ち、結婚しようとします。ところが…
 
 
 
ダメ~
神さまが結婚を許してくれなかったのです。
 
 
 
結婚が許されないことに絶望したクロッカスは命を絶ち、残されたスミラックスは悲しみに暮れる日々を過ごしていました。
 

 
そんな二人に心を痛めた花の女神フローラは、青年の亡き骸を“クロッカス”に、娘を“スミラックス”の姿に変えてやりました。
 
 
 

 
こうしてクロッカスとスミラックスが誕生したと言われています。
 
おしまい。
 

 

けいすけ
なんだか悲しいお話ですね。クロッカスとスミラックスの二人が気の毒です。

 
 フランスではこのギリシャ神話に由来して、クロッカスに「不幸な恋」という花言葉も付けられています。
 

花言葉の一覧です!こちらで良い意味の花言葉を探してみてね。

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

クロッカスの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、クロッカスの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―クロッカスの花言葉―
全般の花言葉
「じれったい、あなたを待っています、切望、私を裏切らないで、青春の喜び」
色別の花言葉
黄・・・「私を信じて」
紫・・・「愛の後悔」
白・・・色独自の花言葉はありませんでした
 

 

けいすけ
クロッカスの花言葉は全般、色別ともに、人によってはネガティブな意味になると思います。プレゼントする場合にはカードを添えるなど対策しましょうね。

 
ほいでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告