寒い季節に咲くサザンカ(山茶花)
 
花の少ない冬に、健気に咲いて、街を明るく彩ってくれる花なので、私も大好きなんです。
 
そんなサザンカの花には「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
頑張っている人を応援するような素敵な花言葉が付いていたんです。
 

 
この記事では「サザンカの花言葉」とその「意味」や「由来」をご紹介します。花言葉は『色別』にも解説しますよ。
 
あわせて「サザンカの花情報」「サザンカの名前の由来」「サザンカとツバキの違いとは?」もお届けしますので是非ご覧ください。
 

けいすけ
素敵な花言葉って何でしょうね?サザンカとツバキの違いも必見です。乞うご期待くださいね。

 
 

スポンサーリンク

 
 

サザンカ(山茶花)の花言葉

 まずはサザンカという品種に付けられた花言葉をご紹介しますね。その花言葉とは…
 
 

 

ひたむきさ・困難に打ち克つ

 

 

けいすけ
むむむ・・・なんだか日本人が好みそうな良い意味の花言葉ですね。どうしてこれらの花言葉が付けられたのでしょうか?

 
 
 これらの花言葉はサザンカの咲く季節が由来となっています。

 
サザンカの開花時期は10月~翌2月です。そう…
 

 
1年でもっとも寒さが厳しくなる1月~2月にも花を咲かせるんです。
 
寒さのなかを懸命に咲くサザンカの姿に由来して、これらの花言葉を付けられました。
 

 

けいすけ
花言葉もその由来も素敵ですよね。受験を迎える学生さんたちにもピッタリな花言葉だと思います。

 
 

サザンカの色別の花言葉

サザンカには色別の花言葉も付けられています。赤、白、ピンクの3色の花言葉をご紹介します。

赤いサザンカ

「謙譲」「あなたがもっとも美しい」
 

 赤色は派手な色とされますが、サザンカの赤色はどこか控え目で、物悲しい感じがします。そんな姿から「謙譲」の花言葉が付いたのでしょうね。「あなたがもっとも美しい」は厳しい寒さのなか、けなげに咲くサザンカの姿に由来します。

 

白いサザンカ

「愛嬌」「あなたは私の愛を退ける」
 

 「愛嬌」はサザンカの可愛らしい姿から付いたと言われています。「あなたは私の愛を退ける」はサザンカの花言葉で、唯一ネガティブな意味となりますのでご注意下さい。

 

ピンクのサザンカ

「永遠の愛」
 

 初心なイメージがあるピンク色には「永遠の愛」が付きました。どんな苦難にも耐える、サザンカのイメージに合いますよね。素敵な花言葉です。

 

せんせい
サザンカには、頑張っている人を応援するような花言葉が並んでいます。いつも努力している人へのプレゼントにもピッタリだと思いますよ。

 

花言葉の一覧です!あの人にピッタリなコトバを探してみてね。

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 
 

スポンサーリンク

 
 

サザンカ(山茶花)の花情報

 ここではサザンカの花をより身近に感じていただけるように「サザンカの花情報」をお届けします。ご紹介するのは以下の3項目です。

  • サザンカの花情報
  • サザンカの名前の由来
  • サザンカとツバキの違い

それでは順番に解説しますね。

サザンカの情報

科・属名= ツバキ科ツバキ属
学  名= Camellia sasanqua
英  名= Sasanqua camellia
和  名= 山茶花
原産地 = 日本
色   = 赤、白、ピンク、褐色
誕生花 = 11月3日、12月4日

 
 サザンカは日本が原産です。江戸時代に、長崎の出島にあったオランダ商館に、医師として来日したドイツ人、植物学者でもあるツンベルグがヨーロッパに持ち帰ったと言われています。

けいすけ
装飾のコトバが多すぎて分かりづらいんですが、つまり…ツンベルグさんがサザンカを世界に紹介したんですね。

 

サザンカの名前の由来

サザンカの漢字表記は「山茶花」ですが、これは漢名の「山茶(さんさ)」に由来します。“山茶”とは中国ではツバキ全般を指す名前なんですよ。
 

日本でも・・・もともとは「山茶花(さんさか)」と呼ばれていたのですが、徐々に訛って「山茶花(さざんか)」に変化したそうです。
 
さんさかささんかさざんか 
 

 
 
学名は「Camellia sasanqua(カメリア・サザンカ)」ですが、sasanquq(サザンカ)は和名がそのまま付けられています。

せんせい
Camellia(カメリア)とは、チェコスロバキアの宣教師の名前にちなんで付けられました。

 

サザンカとツバキの違い

 サザンカ、サザンカ、サイタミチ…
 
小学生の頃、冬の通学路に赤い花が咲いていると、なかば反射的に「たき火」の童謡を歌っていました
 
でも・・・いま考えると、あれはサザンカでは無くて、ツバキ(椿)だったかも知れません。サザンカとツバキは本当によく似ていて・・・
 
 ツバキ
 

けいすけ
もはや私のイラストでは、書き分け困難となっています。そこで“せんせいに「サザンカとツバキの見分け方」を教えてもらいましょう。

 
 
 
 おまかせあーれ・・・それではサザンカとツバキの違いを一覧表にしましたのでご覧ください。

サザンカ(山茶花) ツバキ(椿)
開花時期 10月~2月 12月~4月
細かいギザギザと毛がある 艶がある
葉脈 光に透かすと白く映る 光に透かしても黒くて見えない
散り方 花びらが1枚づつ散る 花ごと付け根から落ちる
香り ほのかに甘い香り ほとんど香りがしない
毛が生えている 毛が生えていない
子房 毛が生えている 毛が生えていない

 

※子房(しぼう)とは…雌しべの下あたりの膨らんだ部分です。受粉すると果実になります。
 

けいすけ
なるほど!皆さんも花を見つけたら、サザンカなのか?ツバキなのか?確認してみてね。

 

椿の花言葉が怖いと噂されるのが本当か?調べてみました。読んでみてね。

椿の花言葉は怖い?うわさの真相はフランス文学と花の散り方にあった

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

サザンカ(山茶花)の花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、花言葉を繰り返してご紹介しますね。

―サザンカの花言葉―
 
品種全体の花言葉
「ひたむきさ、困難に打ち克つ」
 
色別の花言葉
「謙譲、あなたがもっとも美しい」
「愛嬌、あなたは私の愛を退ける」
ピンク「永遠の愛」
 

 

けいすけ
白いサザンカにネガティブな花言葉がひとつある以外は、どれも素敵な花言葉ばかりです。是非、頑張っているあの人へプレゼントしてみてね。

 
それでは・・・
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告