けいすけ
冬に咲く花が好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花です!

 
ツバキ(椿)
 
冬の花の代表格で“日本のバラ”と称されますよね。
 
寒い季節のなか、赤、白、ピンクなどの花が健気に咲くんですよねぇ。またツバキは、その葉も光沢があってキレイなんですよ。ピカピカです。
 
ところで・・・そんな健気なツバキに、こんな噂があることを知りませんか?
 
ツバキには怖い花言葉が存在する!
 

 
果たして、この噂は本当なのでしょうか?噂の真相を調べてみました。
 
この記事では、ツバキの花言葉とその「意味」や「由来」を解説します。
 
また「ツバキの花情報」「ツバキの名前の由来」に加えて「ツバキとサザンカの違いとは?」もご紹介します。是非ご覧ください。
 
けいすけ
 ツバキに怖い花言葉があるって、本当かいな?乞うご期待くださいね。先生と一緒にお芝居風にお伝えしますね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

ツバキの花言葉

 それでは早速、ツバキの花言葉をご紹介しますね。果たして…怖い花言葉はあるのでしょうか?その花言葉とは…
 
 

 

控え目なやさしさ・誇り

 

 

けいすけ
むむむ・・・怖い花言葉はありませんね。もしかしたら花言葉の由来に怖いエピソードがあるのかな?

 
 
 それでは・・・花言葉の由来に怖い要素があるのかみてみましょう。

 
 
これらの花言葉が付けられた理由には、ツバキの“花の姿”“花の特性”が関係しています。
 

 
ツバキは西洋で『日本のバラ』と称されるほど美しい花を咲かせます。そのため「誇り」の花言葉が付きました。
 
 
 
ところが・・・そんな美しいツバキなのに、
 
香りがしない!
 
実は花に香りがしないんです。そのため「控え目なやさしさ」の花言葉が付いたんです。
 
 

 
 ご覧の通り・・・ツバキの花言葉の由来には怖い要素はありません。慎ましやかなツバキの美しさに由来する素敵な花言葉なんです。
 

けいすけ
うーん・・でもツバキには赤以外にも、白やピンクが咲きますよね。そんな『色別』に怖い花言葉や由来があるのでは?

 
 
では色別の花言葉をご紹介しますね ふぅ…

ツバキの『色別』花言葉

赤、白、ピンクの3色に『色別』花言葉が存在しますので順番にご紹介しますね。

赤いツバキ

「控えめな素晴らしさ、謙虚な美徳」
 

白いツバキ

「完全なる美しさ、至上の愛らしさ」
 

ピンクのツバキ

「控えめな美、控えめな愛」
 
 

 どれも似かよった花言葉で、その色独自の強いメッセージは感じられません。どの花言葉もツバキの“美しさ”と“香りがしないこと”に由来していると思われます。

 

けいすけ
ツバキに怖い花言葉は無くて、その由来にも怖い要素はありませんね。それでは…なぜ?「ツバキの花言葉は怖い」と噂されるのでしょうか?

 
 

 
 

ツバキの花言葉が怖いと噂される理由とは?

 “ツバキの花言葉が怖い”とされる理由には以下の2つがあると考えられます。

  • 小説「椿姫」
  • ツバキの散り方

順番に解説しますね。

小説「椿姫」

ネットを中心にこんな噂があるのをご存知でしょうか?それは…
 

 
フランスの小説「椿姫」に由来してツバキには『罪を犯す女』という花言葉が付いている。
 

 
 
 ゾゾゾとする噂ですよね。果たして、どんな罪を犯す女性なのでしょうか?小説のあらすじを振り返りましょう。

 
19世紀のパリ・・・美貌を誇るマルグリットという娼婦がいました。
 

 
マルグリットはいつも胸元にツバキを飾っていたため『椿姫』と呼ばれ、貴族たちを相手に贅沢三昧で享楽的な日々を送っていました。
 
ところが・・・マルグリットはアルマンという青年と出会い、本当の愛に目覚めます。
 
二人はパリでの享楽的な生活を捨て、田舎で暮らし始めます。しかし…そこへアルマンの父親が訪ねてきて…
 
 
 アルマンのためを思うなら、どうか別れて欲しい…
 アルマンのために?
 
 
マルグリットは、アルマンを愛するがゆえ、彼の元を去り、その後に病気で亡くなります。
 
おしまい・・・
 

 

けいすけ
んんん?この話のいったいどこが『罪を犯す女』なの?

 
 罪と言えば・・・享楽的な日々を送っていたこと、もしくは、アルマンを想うためとは言え彼の元を離れていったことでしょうか?でも…

小説を読むとわかるのですが、マルグリットはとても健気で、そして気高い女性なんです。私は『罪を犯す女』は的外れだと思います。

 
なので・・・
 
当ブログの見解です。

 
ツバキに『罪を犯す女』の花言葉はありません。また小説「椿姫」にもそのようなイメージは感じません。まさに都市伝説なのでは?
 

 
・・・とさせていただきます。
 

けいすけ
こういった都市伝説的なものが「ツバキの花言葉=怖い」とさせる一因なのでしょうね。

 
 

ツバキの散り方

美しい花を咲かせるツバキですが、花の散り方に特徴があって…
 

 
 花ごと“ぽとり”と落ちるんです。
 
その理由は花弁と雄しべが結合しているためで、そうすることで鳥が蜜を正面からしか吸えなくなり、受粉しやすくなっているそうです。

せんせい
ツバキは鳥に花粉を運んでもらうため、鳥を受け入れることができるように、花弁と雄しべをつなげて強い構造になっているんですよ。

 
 
昆虫がいない冬を生き抜くための“ツバキの知恵”なんです。ところが・・・
 

 
日本ではツバキが花ごと“ぽとり”と落ちる姿を縁起が悪いと考えるんです。
 

 
 
ツバキが落ちる姿を、頭が落ちる姿と重ねて、武士たちが忌み嫌ったのが始まりだそうですが、今でも“お見舞い”や“お祝い”にはNGとするのがマナーなんです。
 

けいすけ
むかし会社の先輩から「ツバキとシクラメンはお見舞いにはNGだぞ」って言われたことがあります。そういう意味だったのですね。

 
 
 ほいなら、まとめます・・・
 
当ブログの見解です。

 
ツバキに怖い花言葉はありません。しかし日本では“花の散り方”に由来して「ツバキ=縁起が悪い」と考えますので、お見舞いやお祝いには向きません。
 

 
・・・とさせていただきます。
 
 

シクラメンもお見舞いなどにはNGです。その理由とは?読んでみてよね

シクラメンの花言葉を色別で!プレゼントNGのケースとは?

 
 

スポンサーリンク

 
 

ツバキの花情報

ここではツバキの花をより身近に感じていただけるように、ツバキの花情報を2つご紹介しますね。

  • ツバキの花情報
  • ツバキの名前の由来

それでは順番にどうぞ!

ツバキの花情報

分  類= ツバキ科ツバキ属
学  名= Camellia japonica
英  名= Camellia
和  名= ツバキ(椿)
原産地 = 日本、中国、東南アジア
色   = 赤、白、ピンク
開花時期= 12月~4月
最盛期 = 1月~2月
花持ち = 3日~5日程度
誕生花 = 1月14日
 
ご近所さんにて

 
 
散っても美しいのです

 

 
 原産地は日本や中国で17世紀ころにヨーロッパに伝わったとされています。
 
学名のCamelliaは、カルメスという宣教師の名前が由来となっています。彼の功績を称えスウェーデンの学者リンネによって命名されました。

せんせい
このカルメスという宣教師がヨーロッパにツバキをもたらしたと言われています。

 

ツバキの名前の由来

ツバキの名前の由来には諸説ありますが、そのいくつかをご紹介しますね。

  • 葉に艶があるため「露葉木(つやはき)」が転じた
  • 葉が厚いため「厚葉き(あつばぎ)」が転じた
  • 常緑の葉であるから「寿葉木(すはき)」が転じた

・・・などの説のほかにも…
 
韓国ではツバキのことを「冬柏(ツンバク)」といい、それが伝わったのでは?という説もあります。
 

せんせい
ちなみに・・・ツバキは『椿』と書きますが、これは日本で作った国字なんですよ。春に咲くって意味なんでしょうね。ちなみに榎(えのき)も国字で、柊(ひいらぎ)は漢字なんです。

 

ツバキとサザンカの違いとは?

 サザンカ、サザンカ、サイタミチ♪
 
小学生のころ、冬の通学路に赤い花が咲いていると、みんなで声を揃えて歌ったものです。でも今考えると…
 
サザンカ(山茶花)
 
あれはサザンカではなくて、ツバキだったのかも知れません。
 

けいすけ
そう・・・ツバキとサザンカは非常によく似ているんです。どうやって見分けたらいいの?

 
 おまかせ下さい。ツバキとサザンカの違いを一覧表にまとめました。

ツバキ(椿) サザンカ(山茶花)
開花 12月~4月 10月~2月
艶がある 細かいギザギザと毛がある
葉脈 透かしても見えない 透かすと白く映る
散り方 花ごとぽとりと落ちる 花びらが1枚づつ落ちる
香り なし すこし甘い香り
つるつる 毛がある
子房 毛がない 毛がある

 

 子房(しぼう)とは雌しべの下の膨らんだところだよ。花の散り方、葉の特徴、香りが見分けやすいポイントになると思います。この表を参考にツバキとサザンカを見分けてみてね。
 

ツバキにそっくりなサザンカの花言葉です。同じく冬に咲くサザンカの花言葉とは?

サザンカ(山茶花)の花言葉!その由来は健気に咲く花の姿にあったよ

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

ツバキの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、ツバキの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―ツバキの花言葉―
 
品種全般の花言葉
「控え目なやさしさ、誇り」
 
色別の花言葉
赤…「控えめな素晴らしさ、謙虚な美徳」
白…「完全なる美しさ、至上の愛らしさ」
ピンク…「控えめな美、控えめな愛」
 
花言葉に怖い意味はある?
花言葉、その由来ともに“怖い意味”はありません。
 

 

せんせい
ただし・・・花の散り方から、日本では「ツバキ=縁起が悪い」と考える人もいて、お見舞いやお祝いには向かない花とされるのでご注意くださいね。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告