けいすけ
三度のメシより花言葉、それが口癖の管理人「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花です!

 
アスター
 
日本名はエゾギク(蝦夷菊)といって、お盆の時期には仏前を彩ってくれる花でもありますよね。仏花にも、オシャレにも使えてホント重宝する花なんです。
 
そんなアスターには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
良い意味~微妙な意味まで色んな花言葉が付いていたんです!
 

 
この記事では「アスターの花言葉」とその「由来」や「意味」を解説します。花言葉は「色別」にもご紹介するのでお楽しみに。
 
またネットを中心に・・・アスターの花言葉には『結婚しない』というコトバが存在する・・・そんな噂がありますが、本当に存在するのか?その真相も明らかにいたします。
 
けいすけ
オリジナルイラストを使って楽しくお届けするので是非ご覧ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

アスター全般の花言葉

 まずは・・・アスターの花全般に付けられた花言葉をご紹介しますね。その花言葉とは‥‥
 
 

 

変化・多種多様・信じる恋・追想・同感

 

 

けいすけ
むむむ・・・なんだか色んな意味の花言葉が付けられていますね。どうしてこの花言葉が付けられたのですか?

 
 
 それでは順番に解説しますね。

 
まずは・・・「変化、多種多様」とは?
 

 
アスターはピンク、紫、青、白、赤など、色んな花色で咲きます。そして・・・
 
 

 
一重咲き、八重咲、ボンボン咲きなど、たくさんの花の形があるんです。
 
そんなアスターの花の“色”や“形”の種類が多いこと由来して「変化、多種多様」の花言葉が付けられました。
 
 
 
 
続いて「信じる恋」とは?
 
「好き?嫌い?」
 
アスターの花を使って花占いをするところから「信じる恋」の花言葉が付いたと言われています。
 
 
 
 
最後に「追想、同感」とは?
 
これらの花言葉の由来はわかりませんでしたゴメンネ
 
 うーん・・・お盆の頃に咲くからか?それとも、花占いと関係するのか?知っている方、ご教授ください。
 

 

けいすけ
なんだか・・・どれも悪い花言葉ではないけれど、プレゼントには少し微妙かなぁ。

 
 確かにそうですね。ところで・・・アスターには『色別』にも花言葉が付けられているんですよ。そちらには素敵な花言葉もあるのでご紹介しますね。

アスターの『色別』花言葉

ここでは、ピンク、紫、青、白、赤の花言葉をお届けします。それでは順番にどうぞ!

ピンクのアスター

「甘い夢」

 ウブなイメージのあるピンク色にピッタリな花言葉ですね。仲の良い恋人に贈ればバッチリだと思いますよ。

 

紫のアスター

「恋の勝利」「私の愛はあなたより深い」

 落ち着いた色合いの紫には“恋”と“愛”の言葉が付けられています。なんだか意味深な言葉に思えます。
青いアスター

「信頼」「あなたを信じているけど心配」

スッキリと青空のように「信頼」の花言葉が付いていると喜んだら、その裏返しのような「あなたを信じているけど心配」なんて言葉がムムム…プレゼントする時はご注意くださいね。
白いアスター

「私を信じてください」

 白色だけに“潔白”という意味なのでしょうね。ここぞというときに使えそうな花言葉ですよね。
赤いアスター

「変化を好む」

 アスターの花色や形の多さに由来する花言葉です。しかし「変化を好む」とはチョット意味深ですよね。プレゼントには不向きかと。

 

けいすけ
ピンク、紫、白の花言葉なら喜んでもらえそうかな?

 
 

「結婚しない」の花言葉はあるの?

ところで・・・アスターの花言葉に「結婚しない」がある・・・そんな噂をご存知でしょうか?検索されている方も多いと思いますので解説しますね。
 
結論・・・

アスターの花言葉に「結婚しない」はありません。

 
 
「結婚しない」と検索される理由は、2012年にフジテレビで放送されたドラマ『結婚しない』が関係していると思われます。

このドラマには各話ごとに“花”と“花言葉”が登場するんです。アスターは第2話に登場して、紹介されていた花言葉は「信じる恋」でした。

 
 おそらくドラマタイトルと花言葉を混同しているのだと思います。
 

けいすけ
なるほど・・・そういう訳ですね。ところで…このドラマは花好きにはピッタリなドラマなので、もし良かったらDVDで観てね。ホロっと泣けますよ。

 

このドラマの第9話にはポインセチアが登場します。良かったら読んでね

ポインセチアの花言葉を色別で!愛の告白にピッタリな花だった

 
 

スポンサーリンク

 
 

アスターの花情報

ここではアスターの花をより身近に感じていただけるように、アスターの花情報をご紹介します。

アスターの花情報

科・属名= キク科カリステフス属
学  名= Callistephus chinensisu
英  名= China aster、Annual aster
和  名= エゾギク(蝦夷菊)
原産地 = 朝鮮半島東部~中国北部~東トルキスタン
色   = 赤、ピンク、黄、オレンジ、青、紫、白
誕生花 = 8月7日、9月1日

 
1731年、ダンカルビーユという神父が、アスターの種子を中国からヨーロッパへと伝えました。日本への渡来は江戸の中期頃だと言われています。

 

アスターの名前の由来

“アスター”という名前は、かつてこの花がキク科アスター属に分類されていた名残りです。現在ではキク科カリステフス属に分類されていますが、いまでも園芸の世界ではアスターと呼ばれ続けています。
 

せんせい
ちなみに現在のキク科アスター属の代表と言えばシオン(紫苑)です なんとも、ややこしい話ですよね。

 
学名のCallistephus(カリステファス)とは、ギリシャ語の「カロス(美しい)」と「ステファス(冠)」が語源となっています。
 

アスター属の代表“紫苑の花言葉”です。花言葉の由来に鬼が出てくるんですよ

紫苑(シオン)の花言葉!その由来には今昔物語の鬼が関係していたゾ~

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

アスターの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、アスターの花言葉をご紹介しますね。

―アスターの花言葉―
 
アスター全般の花言葉
「変化、多種多様、信じる恋、追想、同感」
 
アスターの色別花言葉
ピンク…甘い夢
紫…恋の勝利、私の愛はあなたより深い
青…信頼、あなたを信じているけど心配
白…私を信じてください
赤…変化を好む
 
そのほか
「結婚しない」の花言葉はありません
 

 

けいすけ
どこか意味深な花言葉も多いのでプレゼントするときは注意してね。メッセージカードを活用すれば間違った意味が伝わらないので安心ですよ。

 
それでは…
 
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告