けいすけ
早春に咲く花が好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花!

 
スズラン(鈴蘭)
 
早春にいち早く咲いて、私たちに春の訪れを知らせてくれる花です。穢れなど微塵も感じさせない純白の花がステキなんですよねぇ。
 
ところで・・・そんな清楚なスズランにこんなウワサが囁かれているのをご存知ですか?それは…
 
スズランには怖い花言葉が存在する!
 

 
 ぞぞぞ~とする噂ですよね。これって本当なのでしょうか?徹底的に調べてみました。
 
この記事ではスズランの花言葉とその「由来」や「意味」を解説いたします。本当に怖い花言葉が存在するのか?ハッキリさせましょうね。
 
そのほか「スズランの花情報」や「名前の由来」に加えて「花にまつわる神話」もご紹介しますのでお楽しみに。
 
けいすけ
スズランに怖い花言葉って存在するのかな?それでは先生と一緒にお芝居風にお伝えしますね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

スズランの花言葉

 それでは早速、スズランの花言葉をご紹介しますね。果たして…怖い花言葉は付いているのでしょうか?
 
 

 

謙虚・くもりのない純粋さ・純潔・再び幸せが訪れる

 

 

けいすけ
むむむ・・・どれもポジティブで素敵なメッセージに思えます。んん?もしかしたら花言葉の由来に怖い要素があるのでは?

 
 
 それでは怖い要素があるのか確認してみましょう。由来を以下の3章に分けて解説しますね。

  • 花の姿に由来する花言葉
  • 花の色に由来する花言葉
  • 花が咲く時期に由来する花言葉

それでは順番にどうぞ!
 

花の姿に由来する花言葉

まずは「謙虚」とは…
 

スズランの花は大きな葉に隠れるように咲くため、その姿はとても慎ましやかなんです。
 
そんなスズランの花の姿に由来して「謙虚」の花言葉が付けられました。
 

花の色に由来する花言葉

続いて「くもりのない純粋さ、純潔」とは?
 


 
スズランは白い花を咲かせますが、その色は混じり気が無く真っ白なんです。
 
そんなスズランの白い花色に由来して「くもりのない純粋さ、純潔」の花言葉が付けられました。
 
 

せんせい

ただし別説では、西洋でスズランを聖母マリアの花だとするため、この花言葉が付いたともいわれます。

 

花が咲く時期に由来する花言葉

最後に「再び幸せが訪れる」とは?
 

 
ヨーロッパの人々にとって、春の訪れとともに咲くスズランは“春の喜びの象徴”とされているんです。
 
そんなスズランが春の訪れとともに咲くことに由来して「再び幸せが訪れる」の花言葉が付きました。
 
 

 チョイと脱線します・・・

 
フランスでもスズランには「幸福が戻ってくる」の花言葉が付いていますが、この花言葉と関連するような習わしがフランスにはあるんですよ。

フランスの習わし
 
フランスでは5月1日、身近な人へスズランの花をプレゼントする習わしがあり、スズランを受け取った人には『幸福が訪れる』と言われているんですよ。
 
その起源は1561年のことです・・・
 

 
当時のフランス国王シャルル9世が、5月1日に、幸福が訪れる花としてスズランをプレゼントされます。
 
それを気に入ったシャルル9世は、翌年から身近な婦人たちへスズランを配るようになったんです。
 
これが始まりとなり、現在、フランスでは5月1日は「スズランの日(ミュゲの日)」となっているんです
 

せんせい
とっても素敵な国王さまですよね。ちなみに・・・スズランの花言葉をフランス語で『bonheur retrouvé(幸せとの再会)』といいます。

 
 
 

 話を戻しますね・・・

 
ご覧いただいた通り・・・スズランの花言葉とその由来には怖い要素など一切ありません。
 

けいすけ
うーん・・・それじゃあ何でスズランの花言葉は怖いと噂されるのでしょうか?

 

スズランの花言葉が怖いと噂される理由

スズランの花言葉が怖いと噂される理由は“2つ”あると思います。
 
 
 まず、ひとつ目は・・・
 

 
スズランが下向きに花を付けることです。
 
下向きに咲く花ってどこか悲し気に映りますよね。この悲し気なイメージから花言葉も怖いのでは?と想像が膨らんだのだと思います。
 
 
 
 そして、二つ目は・・・
 

 
スズランが有毒であることです。
 
そう・・・実は、スズランは全草有毒で、花、根、茎のすべてに毒を持っているんです。毒のイメージから花言葉も怖いのでは?と思ったのでしょうね。
 

 ちなみに・・・
スズランの毒性は強く、最悪の場合、命を落とす危険性もあります。実際に、スズランを誤って食べたり、活けていた花瓶の水を飲んで、亡くなったケースもあるんですよ。

 
 

 それでは当ブログの結論です。
 
スズランの花言葉やその由来に怖い要素は一切ありません。スズランが下向きに花を付けることと、毒を持つことから、そのように噂されているだけだと考えます。
 

 
 

スズランに似たスノードロップにも怖い花言葉が付いている噂があります。その真相は?

スノードロップの花言葉って怖いの?その由来や意味を調べたよ

 
 

スポンサーリンク

 
 

スズランの花情報

ここではスズランの花をより身近に感じていただけるようにスズランの情報を3つご紹介しますね。

  • スズランの花情報
  • スズランの名前の由来
  • スズランにまつわる神話

スズランの花情報

分  類= ユリ科スズラン属
学  名= Conballaria majalis
英  名= Lily of valley
和  名= スズラン(鈴蘭)
別  名= キミカゲソウ(君影草)、タニマノヒメユリ(谷間の姫百合)
原産地 = ヨーロッパ
色   = 白、ピンク
開花時期= 2月~7月
最盛期 = 2月~3月
花持ち = 3日程度
誕生花 = 5月1日

 
日本に出回るスズランは大半がヨーロッパ原産のドイツスズランです。日本原産のスズランもありますが、花が小ぶりで、香りも弱いため、人気がなくて出回らないそうです。
 

せんせい
スズランはフィンランドの国花なんですよ。

 

スズランの名前の由来

 学名のConballariaは「谷のユリ」という意味です、英名のLily of valleyも同じ意味ですよね。
 
 
和名のスズラン(鈴蘭)とは、ラン(蘭)のような花が鈴のようにぶら下がって咲くことから名付けられました。
 
別名のキミカゲソウ(君影草)とは、大きな葉に隠れるようにひっそりと咲くスズランの姿から付きました。うーん…素敵なネーミングだ。

せんせい
キミカゲソウ(君影草)は・・・男性の後ろにそっと寄り添う女性のイメージなんだそうです。現代の男女には合わない名前かも知れませんね。

 

スズランにまつわる神話

 スズランにまつわる神話が伝わっていますのでご紹介しますね。
 

 
スズランの神話
 
森の守護神であるセントレオナールは、たくましい肉体を持つ純粋な若者でした。
 
ある日のこと・・・
 

 
セントレオナールが森を歩いていると、突然、邪悪な毒竜が襲いかかってきたのでした。
 
 
セントレオナールは毒竜と休みなく戦い続け、四日目の朝、ついに毒竜を退治することに成功します。戦いを見守っていた森の妖精たちも大喜びです 
 
ところが・・・そのすさまじい戦いで、傷ついたセントレオナールは、命を落としてしまうのでした。
 
 

 
セントレオナールの体から流れた血は地面へと吸い込まれ、その場所には春になるとスズランが咲くようになりました。
 
おしまい
 

 

スズラン(鈴蘭)は女の子の名前でも人気ですよね!
女の子の赤ちゃんイラスト
女の子の名前は花言葉をヒントに命名しよう!可愛いのをたくさん紹介

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

スズランの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にスズランの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―スズラン(鈴蘭)の花言葉―
 謙虚
 くもりのない純粋さ
 純潔
 再び幸せが訪れる
 
スズランの花言葉やその由来に怖い要素は一切ありません。
ただし・・・スズランの咲き姿と毒からネガティブなイメージを持つ人がいるかも知れません。プレゼントする場合はメッセージカードを添えるなど対策すると安心ですよ。
 
―メッセージカード記入例―

 

 

けいすけ
私もこの記事を書いたのをきっかけに、5月1日には奥さんにスズランをプレゼントしようと思います。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告