けいすけ
七夕(たなばた)が大好きな管理人の「けいすけ」です。

 
七夕といえば・・・織姫彦星の年に一度の逢瀬に思いを寄せて、願い事を書いた短冊を笹に下げ、星にお祈りをする……とってもロマンチックなイベントですよねぇ。
 
 でも・・・ひとつだけ、私は七夕について“不満”に思っていることがあります。それは…
 
 
7月7日って雨ばっかりやん!
 

 
7月7日と言えば、本州から九州にかけては梅雨の真っただ中です。私が住む名古屋市の過去の天気を振り返っても、7割程度は曇~雨で星空が見えません。
 
星を眺めてお祈りをする行事なのに『なんで?こんな梅雨の時期に七夕をするの?』
 
けいすけ
そんな風に疑問に思いましたので、その理由を調べてみました。パペットせんせいとお芝居風にお伝えしますね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

なぜ?梅雨の時期に七夕をするの?

けいすけ
なぜ?星にお祈りする行事なのに雨降りの多い梅雨の時期にするのですか?

 
 
 お答えします。
 
現在、私たちは7月7日に七夕を行いますが、これは太陽の動きに基づいたグレゴリオ暦(新暦)の日付で行っています。
 
ところが・・・この新暦が使われるようになったのは明治5年からで、それより以前は太陰太陽暦(たいいんたいようれき)と呼ばれる旧暦が使われていたんですよ。
 
 
けいすけ
た、太陰太陽暦って何ですか?

 
 
 太陰太陽暦とは、月の満ち欠けに基づいて日付を決める暦のことです。
 

 
月の満ち欠けで日時を決めて、さらに太陽の動きも参考にして一年を調整していたんですよ。この太陰太陽暦(旧暦)は、グレゴリオ暦(新暦)に比べて、日付が約1か月ほど後ろにズレるんです。
 
 

 なので・・・

 
旧暦を使っていた昔の七夕は、梅雨の時期でなく、夏の安定した天気の下で行われていたんです。また…
 

 
梅雨の時期に比べ、夏は星が高い位置に出るので、天の川をはさんで織姫(こと座のベガ)彦星(わし座のアルタイル)をハッキリと見ることが出来たんですよ
 
 

けいすけ
なるほど・・・旧暦の7月7日は七夕にバッチリな季節だったのですね。ところで…旧暦の7月7日って、新暦では何月何日なのですか

 
 

お子さまからの七夕の質問攻めに合う前に、是非、読んでみてね。

七夕の由来や意味とは?そのルーツは裁縫の上達を願う行事だった

 

七夕伝説を忘れていたら、是非、楽しいイラスト絵本でおさらいしてくださいね。

七夕物語のあらすじがイラスト絵本で簡単に思い出せるよッ!!

 
 

スポンサーリンク

 
 

旧暦の七夕っていつ?

 旧暦の七夕がいつかだって?
 
それでは…2019年以降の旧暦の7月7日がひと目でわかるように一覧表にしてみたのでご覧ください。
 

旧暦の7月7日 旧暦の7月7日
2019年 8月7日 2025年 8月29日
2020年 8月25日 2026年 8月19日
2021年 8月14日 2027年 8月8日
2022年 8月4日 2028年 8月26日
2023年 8月22日 2029年 8月16日
2024年 8月10日 2030年 8月5日

 

けいすけ
むむむ・・・確かに1か月ほどズレていますね。でも…何で年によって日付が違うの?

 
 
 何で毎年日付が変わるかだって?
 
太陰太陽暦では、月が満ちてまた欠ける新月から新月までをひと月としています。ところが…これだと一周期が約29.5日で、1年が354日になってしまうんです。
 

 
ご存知の通り地球は太陽の周りをおおよそ365日で回っているので、その差11日分、季節がズレて不具合が生じます。そこで3年に一度『閏月(うるうづき)』を設けて調整していたんです。
 
 この11日分のズレと閏月の調整などで毎年日付が変わる訳なんです。
 

 

 ちなみに・・・

 
旧暦から新暦への切り替えは、旧暦の明治5年12月8日に行われ、この日が新暦の明治6年1月1日に変わりました。
 

けいすけ
なるほど・・・1か月のズレはここから始まって、梅雨時期の七夕が誕生した訳ですね。よく理解できました。

 
 

枚方市出身の私が、交野~枚方の七夕ふるさとの旅をご紹介します。

七夕のふるさと交野~枚方を巡ってきたよ!交野ケ原の旅

 

七夕の星空を眺めたら、織姫と彦星の距離が気になりますよね?是非、読んでみてね。

織姫と彦星の距離は?牛車で何日かかるの?

 
 

あとがき・・・

それでは最後にこの記事の要点をまとめておきますね。
 

―この記事の要点―
 

  • 七夕が梅雨の真っただ中に行われるのは、旧暦で行われていた行事を新暦に合わせて行っているため。
  •  

  • 旧暦の7月7日は新暦では以下の日付となります。

 

 

せんせい
旧暦の七夕の日には、是非、織姫と彦星の逢瀬に思いを寄せて、星空を眺めてくださいね。

 
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告