春の七草のひとつ芹(セリ)
 
田んぼの畔(あぜ)などに生えて、夏になると、真っ白で素朴な花を咲かせる、とても愛らしい花です。七草粥にして食べる野草としても有名ですよね。
 
そんなセリには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
日本人の美徳のような花言葉が付けられていたんです!
 

 
この記事では、セリの花言葉とその「由来」や「意味」を解説します。
 
花言葉の由来になったのでは?といわれる、聖徳太子にまつわるお話もご紹介しますね。
 
そのほか「花情報」「名前の由来」に加え、「和歌に詠まれる芹(セリ)」についてもご紹介しますので是非ご覧ください。
 

けいすけ
花にまつわる聖徳太子の話って何でしょうね?乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

芹(セリ)の花言葉

 それでは早速、セリの花言葉をご紹介しますね。その花言葉とは…
 
 

 

貧しくても高潔・清廉で高潔

 

 

けいすけ
むむむ・・・日本人の美徳のような花言葉ですね。どうしてこの花言葉が付けられたのですか?

 
 
 これらの花言葉は芹の花の姿や咲く場所に由来しています。

 
セリは田の畔(あぜ)や川べりなどに自生しています。
 

 
泥の中に、根を這わせながら成長しているんですよ。
 
セリは、泥のあるような場所に繁殖するのに、白くて清楚な花を咲かせるところから「貧しくても高潔、清廉で高潔」の花言葉が付けられています。
 
 
高潔とは、気高く穢れがないこと。清廉(せいれん)とは、私利私欲に走らず、心が清らかなことです。
 

 

けいすけ
清廉、高潔・・・素敵な響きをもった良い花言葉ですね。プレゼントにもピッタリです。

 
 これらの花言葉の由来には、あの聖徳太子が関係している、そんな説もあるんですよ。そのお話をご紹介しますね。

 
芹摘姫(せりつみひめ)のお話
 
むかし、むかしのお話です。
 
ある日のこと…聖徳太子が、推古天皇のもとへ向かうため、膳夫(かしわで)の地を通っていました。
 
※膳夫とは現在の奈良県橿原市です
 

 
町の人々は、聖徳太子が通り過ぎるのを、じっと伏して待っています。ところが・・・
 
 
 
 

 
たった一人、若い娘がこちらに背を向けて、川辺で仕事を続けているのでした。それを不審に思った太子は、娘に問いかけます。
 
 
何をしているのですか
 えっ?あっ!
 
娘は太子の存在に初めて気付いたようでした。
 
 
そして太子の問いに、病気の母のために芹(セリ)を摘んでいるのだと言います。
 
娘の気高く、清らかで、美しい容姿、そして母をいたわる優しい心、太子は一目で娘に惚れてしまいます。そして妃として娶(めと)ることに決めたのでした。
 
 
 娘の名前は菩岐岐美郎女(ほききみのいらのつめ)、別名 芹摘姫(せりつみひめ)とも呼ばれています。聖徳太子の4人の妃の中で、もっとも貧しい身分の出身です。しかし太子から一番の寵愛を受け、一番子供も多かったと言われています。
 

 

けいすけ
芹摘姫は「貧しくても高潔」「清廉で高潔」どちらの花言葉にもピッタリと当てはまる女性ですね。

 
 
 
 ところで・・・
 
これは花言葉では無いのですが、セリには別の意味もあるんですよ。それは…
「競り勝つ」

セリと言えば、春の七草のひとつで七草粥として食べる野草でもありますよね。七草にはそれぞれ意味があって、セリには“競って勝ちますように”そんな願いが込められています。

 花言葉の“清廉”に合わない感じもしますが、お互いが努力をして競争するのですから良い意味だと思います。
 

春の七草を全部覚えていますか?もしよかったら‥簡単に覚える方法があるので是非どうぞ!

春の七草の覚え方!“語呂合わせ”と“GIFアニメ”で暗記しよう!

 
 

スポンサーリンク

 
 

芹(セリ)の花情報

 ここではセリの花をより身近に感じていただけるように、セリの花情報を3つご紹介します。

  • 芹(セリ)の花情報
  • 芹(セリ)の名前の由来
  • 和歌に詠まれる芹(セリ)

それでは順番にどうぞ!

芹(セリ)の花情報

科・属名= セリ科セリ属
学  名= Oenanthe javanica
英  名= Water dropwort、Japanese parsley
和  名= セリ(芹)
別  名= 白根草
原産地 = 日本、中国、朝鮮半島、アジアオセアニア
色   = 白
誕生花 = 2月16日

 
花は7~8月頃に咲きます。
 

芹(セリ)の名前の由来

学名はOenanthe javanicaです。Oenantheとはギリシャ語の「oinos酒」と「anthos花」から付けられています。
 
 
和名のセリとは・・・
 

 
セリの若葉が“一か所で競り合うように生える”そんな姿から付けられました。
 
 
別名の白根草(シロネグサ)とは・・・
 
 
長く伸びる“白い根”の姿から付けられています。
 

和歌に詠まれる芹(セリ)

 昔から日本に自生しているセリは、とても身近な存在で、和歌などにも歌われています。万葉集にこんなやり取りがありますのでご紹介しますね。
 

葛城王「万葉集」
あかねさす 昼は田たびて ぬばたまの 夜のいとまに 摘めるこれ
(現代語訳)
昼は宮仕えで忙しかったので、何とか夜に暇を見つけて、摘んできた芹なんですよ、これは!

 
葛城王(かつらぎのおおきみ)から芹をもらった、女官が返歌します。
 
 
薩妙観命婦「万葉集」
ますらをと 思えるものを 太刀はきて かにはの田井に ぞ摘みける
(現代語訳)
あなたは大変偉い方だと思っていましたが、刀をさし、蟹のようになりながら、田で芹を摘んでおられたのですか

 
 なんだか・・・ホッコリするやり取りですよね。昔の方々もユーモアがあったのですね。
 

花言葉の一覧です!あの人にピッタリなコトバを探してみてね。

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

芹(セリ)の花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、芹(セリ)の花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―芹(セリ)の花言葉―
 
 貧しくても高潔
 清廉で高潔
 

 

けいすけ
どちらも素敵な花言葉なので大事な人へのプレゼントに使ってみてくださいね。

 
それでは・・・
 
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告