大輪の花が咲く…牡丹(ボタン)
 
とても重厚感があり、豪華であでやかな姿は、ほかの花を圧倒していて、まさに花の王様と呼ぶにふさわしい花ですよね。
 
そんは牡丹の花には「はて?どんな花言葉が付けられているのかな」と調べてみました。すると…
 
ポジティブネガティブ両方の花言葉が付けられていたんです!
 

 
この記事では、牡丹の花言葉とその「由来」や「意味」を解説します。
 
そのほか「花情報」や「名前の由来」「芍薬と牡丹の違いとは?」についてもご紹介しますので是非ご覧ください。
 

けいすけ
牡丹の花言葉の“意味”とは何かいな?乞うご期待下さい。

 
 
スポンサーリンク

 
 

牡丹(ボタン)の花言葉

 それでは早速、牡丹の花言葉をご紹介しますね。その花言葉とは…
 
 

 

王者の風格・富貴・高貴・恥じらい・人見知り

 

 

けいすけ
むむむ・・・ポジティブネガティブ、両方の花言葉が付いているんですね。どうしてこの花言葉が付けられたのですか?

 
 
 それでは順番に解説しますね。

 
まずはポジティブな「王者の風格、富貴、高貴」とは…
 
 
牡丹と言えば、絹の布を幾重にも重ねたような、気品あふれる豪華な花の姿が特徴的ですよね。
 

 
原産地の中国では、その姿から「百花の王」とも呼ばれて、国花にも選ばれているんですよ。
 
そんな牡丹の優雅な姿に由来して「王者の風格、富貴、高貴」の花言葉が付けられています。
 
 
 
 
 
一方、それとは真逆のネガティブな「恥じらい、人見知り」の花言葉について…
 
 
牡丹は“植え替え”を嫌う植物だそうで…
 

 
植え替え後に、十分に根が張らないと、地上部分が成長せず、花が咲かないそうなんです。
 
そんな植え替え後の一定期間、牡丹が花を咲かせないコトに由来して「恥じらい、人見知り」の花言葉が付けられているんです。
 
 

別説では・・・牡丹の花色が頬を赤らめたように映るため、この花言葉が付いたといわれています。ストレートで分かり易いですね
 
さらには・・・牡丹は“便秘の薬”として利用されるため、この花言葉が付いたなんて説もあります。うーん…微妙だ
 
 

 

けいすけ
ポジティブネガティブなたくさんの花言葉・・・プレゼントする時にはどれを使えばいいのだろうか?

 
 自分が贈りたい言葉を選べばOKだと思います。ただし意図しない間違ったメッセージが伝わらないように注意しましょうね。
 
 

複数の花言葉がある場合の対策を書いていますので、読んでみてね

花言葉の由来は?その起源や歴史に難解なコトバを解くカギがあった

 
 

スポンサーリンク

 
 

牡丹(ボタン)の花情報

ここでは牡丹の花をより身近に感じていただけるように、牡丹の花情報を3つご紹介しますね。

  • 牡丹の花情報
  • 牡丹の名前の由来
  • 牡丹と芍薬の違いとは?

牡丹の花情報

科・属名= ボタン科ボタン属
学  名= Paeonia suffruticosa
英  名= Tree peony
和  名= ボタン(牡丹)
原産地 = 中国
色   = 赤、ピンク、紫、白
誕生花 = 2月27日、3月20日

 
日本へは奈良時代に渡来してきたと言われています。しかし当初は観賞するためではなく、根や皮を薬として用いていました。

せんせい
日本へボタンをもたらしたのは“弘法大師(空海)”である…そんな説もあるんですよ。

 

牡丹の名前の由来

和名の「牡丹(ボタン)」とは、中国名をそのまま用いて音読みにしたものです。
 

せんせい
中国で“牡丹”とは、牡(オス)+丹(赤色)の意味で、その語源は…赤い花を咲かせるために接ぎ木をするところから。

 
 
牡丹にはたくさんの別名が付けらていますのでザっと紹介しますね。

ハツカグサ(二十日草)、フカミグサ(深見草)、カオウ(花王)、カシン(花神)、フウキソウ(富貴草)、フウキバナ(富貴花)、カチュウノオウ(花中の王)、ヒャッカオウ(百花王)、ワスレグサ(忘れ草)、ヨロイグサ(鎧草)

 
 素敵な名前がいっぱいですね。でも…やっぱり牡丹が一番シックリくるかな…。
 
 
ちなみに・・・
 
日本には“牡丹色”なんて色もあります。

カラーコード:E761A4
こんな色です:           

牡丹色は“あざやかな赤紫”と表現されます。確かに牡丹は鮮やかな色合いですよね。
 

こちらは葉牡丹の花言葉です。よろしければご覧くださいね

葉牡丹の花言葉!とっても縁起の良いコトバの由来や意味とは?

 

牡丹と芍薬の違いとは?

こんな言葉を聞いたことはないでしょうか
 

けいすけ
立てば芍薬(シャクヤク) 座れば牡丹(ボタン) 歩く姿は百合(ユリ)の花

 
これは美しい女性の容姿や立ち居振る舞いを花に例えた言葉なんですよ


立つ姿は“芍薬”のように美しい
 
 

座る姿は“牡丹”のように美しい
 
 

歩く姿は“百合”のように美しい
 

 
 ここに登場する“芍薬”“牡丹”は、どちらもボタン科ボタン属で、花の姿もとても似ていますが、以下のような違いがあります。
 

芍薬・・・長く伸びた茎の先に花が咲く。草に分類され、冬には枯れてしまう。花の宰相と呼ばれる。
 
牡丹・・・葉の上に鎮座するように花が咲く。木に分類され、冬を越して翌年も咲く。花の王と呼ばれる。

 

けいすけ
なるほど・・・牡丹は木で、芍薬は草なのですね。良く分かりました。

 

花の宰相と呼ばれる芍薬の花言葉です。2つの神話も紹介しています読んでね。

芍薬の花言葉の由来とは?花にまつわる小野小町の伝説も紹介するよ

 

こちらは百合(ユリ)の花言葉です。由来のギリシャ神話も解説しています。

百合の花言葉を白・黄・ピンク・赤・橙・青の色や種類ごとに解説!

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

牡丹の花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、牡丹の花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―牡丹(ボタン)の花言葉―
 王者の風格
 高貴
 高貴
 恥じらい
 人見知り

 

せんせい
牡丹の花言葉にはポジティブネガティブなものが両方付いていますので、間違ったメッセージが伝わらないように注意してね。メッセージカードを添えると安心ですよ。

 
 
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告