けいすけ
香りの良いハーブが好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこれ!

 
ローズマリー
 
食いしん坊の私にとって、ローズマリーと言えば香り付けのハーブで、この名前を聞くとチキンのソテーが浮かんでしまいます。料理の風味付けに欠かせませんが、愛らしい花もチキン、いやキチンと咲くんですよ。
 
そんなローズマリーには「はて?どんな花言葉が付けられているのかな」と調べてみました。すると…
 
結婚式にピッタリの花言葉が付いていたんです!
 
ローズマリーのイラスト
 
この記事では、ローズマリーの花言葉とその「由来」や「意味」を解説します。また「ローズマリーに言い伝え」も伝わっていますのでご紹介しますね。
 
そのほか「ローズマリーの花情報」と「名前の由来」もお届けしますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
結婚式にピッタリのメッセージって、どんなんやろうね?先生と一緒にお芝居風にお伝えしますね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

ローズマリーの花言葉

 それでは早速、ローズマリーの花言葉をご紹介しますね。その花言葉とは…
 
 

 

思い出・記憶・追憶・変わらぬ愛・貞節・誠実

 

 

けいすけ
むむむ・・・確かに「変わらぬ愛、貞節、誠実」なんて結婚式にピッタリのメッセージですね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 これらの花言葉はローズマリーが“冠婚葬祭”に用いられることに由来しています。

 
ハーブのひとつとして有名なローズマリー
 
昔からヨーロッパでは、料理や薬用、そして香料など…さまざまな場面でローズマリーを活用してきました。そんなローズマリーですが、実は・・・冠婚葬祭にも欠かせない存在なんです。
 
 
結婚式など祝いの宴では・・・
 

 
常緑性のローズマリーは、冬でも青々と葉が茂るところから「永遠の象徴」とされ、花嫁の花冠を作ったり、枝で新郎新婦を祝福したりしました。
 
 
 
一方、お葬式では・・・
 

 
ローズマリーの香りが“遺体が腐敗するのを防ぐ”と信じられ、棺の上に置かれました。現在でもイギリスのある地方ではこの風習が残っています。
 
 
そんな…ローズマリーが冠婚葬祭に欠かせない存在であることから「思い出、記憶、追憶、変わらぬ愛、貞節、誠実」の花言葉が付きました。
 

 

けいすけ
ローズマリーは“永遠の象徴”で花言葉が「変わらぬ愛、貞節、誠実」だなんて、まさに結婚式にピッタリの植物なんですね。

 
 
 そうですよね!このほかにも…ローズマリーが神聖な花だとわかる言い伝えが西洋に伝わっていますのでご紹介しますね。

ローズマリーの言い伝え
 
むかしむかしのことです・・・
 
聖母マリアは幼いイエスキリストを連れ、ヘロデ王の軍隊から逃れようとエジプトへと向かっていました。
 

 
追手の気配感じた聖母マリアは、緑の葉が茂り真っ白な花が咲く植物に青いマントを掛けて、その下に身を潜めていました。
 
 
 
 
 
 
すると突然・・・
 

 
辺り一面に咲く白い花がマントと同じ青色に変わったのでした。そのおかげで聖母マリアとイエスキリストは、追手に見つからずに逃げることができたということです。
 
 
このエピソードからこの植物はローズマリー(マリアのバラ)と呼ばれるようになりました。
 
そしてこの植物はキリストの背丈よりも高く成長はせず、キリストが磔の刑になった33年を超えると枯れてしまうのだそうです。
 
おしまい
 

 

けいすけ
いい話ですね。ローズマリーが神聖な植物だと良く分かりました。

 

 
 

スポンサーリンク

 
 

ローズマリーの花情報

ここではローズマリーの花をより身近に感じていただけるように、ローズマリーの花情報を2つご紹介します。

  • ローズマリーの花情報
  • ローズマリーの名前の由来

ローズマリーの花情報

分  類= シソ科ロスマリヌス属
学  名= Rosemarinus officinalis
英  名= Rosemary
和  名= ローズマリー
別  名= マンネンロウ(万年露または迷迭香)
原産地 = 地中海沿岸
色   = 白、淡紫、ピンク
開花時期= 10月~5月
誕生花 = 5月27日

 
 ローズマリーと人間との関係はとても古くて、古代エジプトのお墓からもローズマリーの枝が発見されています。
 

せんせい
そんなローズマリーですが、日本へは江戸時代末にやってきました。

 

ローズマリーの名前の由来

学名はRosemarinus officinalisです。Rosemarinusとは、ラテン語の露(ros)+海(marinus)が語源で、この植物が海の近くに自生することから付けられています。
 
 
 ん?聖母マリアが語源では無かったのですか?
 
 
確かに・・・英名のRosemaryマリアのバラという意味なのですが、先ほどご紹介したイエスキリストのお話は俗説で、Rosemaryの語源もラテン語の露(ros)+海(marinus)に由来するとの説が有力なんです
 

けいすけ
和名のマンネンロウ(万年露)とは、ローズマリーの枝や葉がいつも蝋のようにベタベタしていることから名付けられました。

 

『誕生花』と『花言葉』を一覧でどうぞ!
365日の誕生花と花言葉のイラスト
365日の誕生花&花言葉をズラリとまとめて紹介するよッ!

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

ローズマリーの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、ローズマリーの花言葉を繰り返しご紹介します。

―ローズマリーの花言葉―
 
 思い出
 記憶
 追憶
 変わらぬ愛
 貞節
 誠実
 

 

けいすけ
ローズマリーの花言葉「変わらぬ愛、貞節、誠実」は新郎新婦にピッタリです。是非とも大事な場面で使ってみて下さいね。

 
んでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告