けいすけ
変わった名前の花が好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花!

 
ミヤコワスレ(都忘れ)
 
なんとも独特な名前を持つ花ですよね。ミヤコという名前の通り、この花は“京の都”を連想させるような紫色をしています。そして花の姿も端正で気品が溢れているんですよ。
 
そんな素敵なミヤコワスレには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
歴史上の人物が関係する花言葉が付いていたんです!
 

 
この記事では、ミヤコワスレの花言葉とその「意味」や「由来」を解説します。
 
また「ミヤコワスレの花情報」と「名前の由来」もご紹介しますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
花言葉に関係する歴史上の人物って誰かいな?乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

ミヤコワスレの花言葉

 それでは早速、ミヤコワスレの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

別れ・しばしの憩い

 

 

けいすけ
むむむ・・・花の名前と関連しそうな花言葉ですね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 そうなんです、これらの花言葉は花の名前が由来なんですよ。どうしてミヤコワスレという名前が付いたのかを解説しますね。

ミヤコワスレにまつわるお話
 
時は鎌倉時代・・・
 
承久の乱に敗れた順徳天皇は、都を追われて、佐渡ケ島へ流されました。
 

 
そして・・・波の音しか聞こえない寂しい土地で、華やかな都の生活に思いを馳せながら、空しい日々を過ごしていました。
 
 
 
そんなある日・・・
 

 
ふと庭先を眺めると一輪の白い花が咲いているのでした。清らかな花をじっと見つめていると、心がスーッと落ち着いて、ほんのひととき都への憧れを忘れさせてくれるのでした。
 
 
 
この白い花が気に入った順徳天皇は歌を詠みます。
 
順徳天皇
いかにして 契りおけん 白菊を 都忘れと 名付けくるも憂し
(現代語訳)
この白菊を「都忘れ」と名付けるなんて、なんと悲しい巡り合わせだろう

 
この歌がもとになって、この花はミヤコワスレ(都忘れ)と呼ばれるようになりました。
 
おしまい
 

 
 このミヤコワスレ(都忘れ)という名前に由来して「別れ、しばしの憩い」の花言葉が付いたのです。沁みますよね。
 

けいすけ
なぜだろう・・・涙が止まりません。

 
※とても重要
順徳天皇が愛でたこの白い花は秋に咲いたと言われ、春に咲くミヤコワスレとは季節が合わないため別種だとの説もあります。
 

ミヤコワスレとよく似た姿の『シオン(紫苑)』の花言葉です。良かったら読んでね

シオン(紫苑)の花言葉!その由来には今昔物語の鬼が関係していたゾ

 
 

 
 

ミヤコワスレの花情報

ここではミヤコワスレの花をより身近に感じていただけるように、ミヤコワスレの花情報を2つご紹介しますね。

  • ミヤコワスレの花情報
  • ミヤコワスレの名前の由来

それでは順番にどうぞ!

ミヤコワスレの花情報

分  類= キク科ミヤマヨメナ属
学  名= Miyamayomena sabatieri
英  名= Gymnaster
和  名= ミヤコワスレ(都忘れ)、ミヤマヨメナ(深山嫁菜)
別  名= ノシュンギク(野春菊)、アズマギク(東菊)
原産地 = 日本
色   = 白、赤、ピンク、青、紫
開花時期= 3月~4月
最盛期 = 4月
花持ち = 2~3日程度
誕生花 = 3月11日、4月2日

 

 

ミヤコワスレの名前の由来

学名はMiyamayomena sabatieriです。sabatieriとは、明治初期に来日したフランス人医師サバティエ氏の名前から付きました。

せんせい
サバティエ氏は日本の製鉄所に在籍している間、熱心に日本の植物を採取していたそうです。

 
 
和名「ミヤコワスレ(都忘れ)」は、前述の順徳天皇のお話から付いたと言われています。
 

 ところで・・・

 

ミヤコワスレの本当の名前は「ミヤマヨメナ(深山嫁菜)」と言います。そして観賞用に栽培された園芸品種のことをミヤコワスレと呼びます。

 

花言葉の一覧です!あの人にピッタリなコトバを探してみてね。

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 

母の日のカーネーションにマンネリを感じたら是非読んでみてね

母の日に贈りたい花言葉の花10選!すぐ使えるメッセージ例文も公開

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

ミヤコワスレの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、ミヤコワスレの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―ミヤコワスレの花言葉―
 
 別れ
 しばしの憩い
 

けいすけ
少し独特なメッセージですが・・・単身赴任をするお父さんに贈ってみると喜ばれそうですよ。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告