けいすけ
怖い伝説を持つ花にはゾ~ッとする管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花!

 
オトギリソウ(弟切草)
 
『弟切草』という漢字を見ただけでも、訳ありげな怖い名前ですよね。暑い夏、人知れずひっそりと咲くオトギリソウの姿が浮かんできそうです。
 
そんなオトギリソウには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
ある兄弟にまつわる怖い花言葉が付いていたんです
 

 
この記事では、オトギリソウの花言葉とその「意味」や「由来」を解説いたします。
 
また「オトギリソウの花情報」や「名前の由来」もご紹介しますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
オトギリソウにまつわるある兄弟の怖~い伝説をおしえるよ。ご期待あーれ。

 
 
スポンサーリンク

 
 

オトギリソウの花言葉

 それでは早速、オトギリソウの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

恨み・敵意・秘密・迷信

 

 

けいすけ
あちゃ~・・・怖いメッセージがズラリと並んでいますね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 まずは「恨み、敵意、秘密」の花言葉はある伝説が由来だと言われています。その伝説をご紹介しますね。

 
 オトギリソウ(弟切草)にまつわる伝説
 
平安時代のこと・・・
 
春頼(はるより)という優れた鷹匠がいました。彼は鷹匠としての腕はもちろんのこと、ケガをした鷹を治療する能力も優れていました。
 
 

 
仲間の鷹匠たちは、その治療の方法が知りたくて、春頼に詰め寄るのですが…
 
 
 教えろ、教えろ、
ダメだ!オラだけの秘密だ!
 
…といって、絶対に秘密を教えません。そのため鷹匠たちは、春頼の“弟”に兄の秘密を教えるよう迫ったのです。
 
 

 
兄はこの草を傷口に揉みこんでいるんです」弟は仲間のお願いを断り切れずに、兄の大事な秘密を教えてしまったのでした。
 
 
 
そして・・・
 
 おのれぇぇぇ
 
弟の裏切りを知った春頼は、怒りに我を忘れて、弟を切り捨ててしまうのでした。
 
 
 

 
それ以来、鷹の治療に使ったその草は『オトギリソウ(弟切草)』と呼ばれるようになりました。この草の花や葉にある斑点は、手討ちにされた弟の血の跡だと言われています。
 
おしまい
 

 
 この伝説が由来となって「恨み、敵意、秘密」の花言葉が付いたと言われています。
 

けいすけ
うーん・・・怖い伝説ですね。花言葉「恨み、敵意、秘密」のどれもがピタリと当てはまります。

 
 
 それでは…ひとつ残った「迷信」の花言葉について解説しますね。

 
ヨーロッパでは昔から聖ヨハネの祭日(6月24日)の前日から未明にかけて、薬草を集める風習があります。
 

 
集めた薬草は『聖ヨハネの草』と呼ばれ、悪魔を追い払ったり、病気を治す力があると信じられていたんですよ。
 
集めるのは、オトギリソウ、ヨモギ、ペニシダ、オオバコ、ウイキョウ、ヒナギクなど…しかし、その中でも黄色い花が咲くオトギリソウはとりわけ魔力が強いとされ、イギリスでは『聖ヨハネの草』と言えば『オトギリソウ』を指すんです。
 

 
 そんな…オトギリソウに悪魔を払う力があることに由来して「迷信」の花言葉が付きました。
 

けいすけ
うーん・・・贈るのにはイマイチですが、悪魔を払ってくれるなら6月24日に集めてみたいですね。

 

怖い花言葉をもっと知りたい人はこちらをご覧ください

怖い花言葉一覧です!ゾゾゾと背筋も凍るメッセージを選りすぐり

 
 

スポンサーリンク

 
 

オトギリソウの花情報

ここではオトギリソウの花をより身近に感じていただけるように、オトギリソウの花情報を2つご紹介しますね。

  • オトギリソウの花情報
  • オトギリソウの名前の由来

それでは順番にどうぞ!

オトギリソウの花情報

分  類= オトギリソウ科オトギリソウ属
学  名= Hypericum erectum
英  名= St.John’s worth(聖ヨハネの草)
和  名= オトギリソウ(弟切草)
別  名= チドメグサ(血止め草)
原産地 = 日本、朝鮮半島、中国
色   = 黄
開花時期= 7月~8月
誕生花 = 6月24日

 
ヨーロッパでは魔力を持つと信じられているオトギリソウには、色々な言い伝え(迷信?)が伝わっています。

言い伝えその1
聖ヨハネの日の夜、結婚前の娘がこの草を枕の下に置いて寝ると、将来の夫の夢を見る。

言い伝えその2
子供のいない女性が裸足で庭を歩きこの草を摘むと、翌年の夏までに子供を授かる。

言い伝えその3
イギリスのワイト島では、この草を誤って踏むと、地面から馬が現れて踏んだ人を乗せて一晩中走り回る。

 そのうち…馬に乗せられた人は気を失って、翌朝、知らない場所で目を覚ますそうです…キャー
 

オトギリソウの名前の由来

学名はHypericum erectumです。Hypericumとは、ギリシャ語で「草むらの下」の意味。
 

せんせい
英名のSt.John’s worth(聖ヨハネの草)とは、繰り返しになりますが、聖ヨハネの祭日に集める薬草であることから名付けられています。

 
 
和名の「オトギリソウ(弟切草)」は、これも繰り返しになりますが、前述の裏切った弟を手討ちにした春頼の伝説に由来しています。
 
和名の別名「チドメグサ(血止め草)」は、この草が毒や深い傷に効果があるところから名付けられました。
せんせい
オトギリソウを煎じた生薬を「小連翹(しょうれんぎょう)」といい、止血や鎮痛の効用があります。

 

怖い花言葉の代表格クロユリの花言葉です。怖いゾ~

クロユリの花言葉が怖すぎる!家を滅ぼす恐ろしい黒百合伝説とは?

 

オトギリソウと同じ黄色い花が咲く花のメッセージです。

黄色い花の花言葉一覧!明るい色なのにネガティブな意味が多いワケ

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

オトギリソウの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、オトギリソウの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―オトギリソウの花言葉―
 
 恨み
 敵意
 秘密
 迷信
 

けいすけ
プレゼントには向かないメッセージばかりでしたが、6月24日に摘むと厄を払ってくれそうなので、私も探してみようと思います。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告