けいすけ
爽やかな香りのスパイスが好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するスパイス…いや、植物はこれ!

 
タイム
 
西洋料理には欠かせない香辛料の一つですよね。西洋においては昔からハーブの代表的な存在で、香辛料のほか、医薬品や浴剤としても活用されてきたんですよ。
 
スパイス&ハーブの印象が強いタイムですが、初夏~夏にかけてピンク色の愛らしい花も咲きます。
 
そんなタイムには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
ピリリと刺激的な花言葉が付いていたんです!
 

 
この記事では、タイムの花言葉とその「意味」や「由来」を解説いたします。
 
また「タイムの花情報」や「名前の由来」もご紹介しますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
ピリリと刺激的って、どんな花言葉やろうね?先生と一緒にお芝居風にお伝えしますね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

タイムの花言葉

 それでは早速、タイムの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

活動力・勇気・感情・あなたをひと目見て私は感動した

 

 

けいすけ
むむむ・・・確かにピリリと刺激のあるメッセージですね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 それでは解説しますね。

 
昔からハーブとして栽培されてきたタイムは、古代ギリシャ時代には、心を癒して勇気と活力を与えてくれると信じられていました。
 

 
古代ギリシャの戦士たちはタイムを浴剤に湯浴みをして、心を癒し勇気を鼓舞したと言われているんです。
 
そんな…タイムが心に癒しや活力を与える(と信じられていた)ことに由来して「活動力、勇気、感情、あなたをひと目見て私は感動した」の花言葉が付きました。
 

 

けいすけ
なるほど…タイムの入った料理は刺激的で体がポカポカしますもんね。納得しました。

 
 お花のプレゼントも素敵ですが、タイムの効いた料理を作ってみてはいかが?大切なあの人もきっと元気になりますよ。
 
―メッセージカード記入例―

 
 

こちらも心が落ち着くハーブ・・・ラベンダーの花言葉です。

ラベンダーの花言葉が面白い!その意味や由来を詳しく解説するよッ

 
 

スポンサーリンク

 
 

タイムの花情報

ここではタイムの花をより身近に感じていただけるように、タイムの花情報を2つご紹介しますね。

  • タイムの花情報
  • タイムの名前の由来

それでは順番にどうぞ!

タイムの花情報

分  類= シソ科イブキジャコウソウ属
学  名= Thymus vulgaris
英  名= Thyme
和  名= タチジャコウソウ(立麝香草)
原産地 = ヨーロッパ
色   = ピンク、白、淡紅
開花時期= 5月~7月
誕生花 = 6月2日

 
ハーブの印象が強いタイムですが、初夏にかけてピンク色の花を咲かせます。

 
花には強い芳香があります。
 

清涼感あふれるハーブの代表格・・・ミントの花言葉です。

ミントの花言葉を詳しく解説!清涼感あふれる花のメッセージとは?

 

タイムの名前の由来

学名のThymusとは、ギリシャ語で“匂い”を意味します。

せんせい
別説では・・・“勇気”が語源、はたまた“生け贄”が語源、など諸説あるそうです。一体、どれなんでしょうねぇ。

 
 

 ところで・・・

 
タイムには、上へ上へと成長する「タチジャコウソウ(立麝香草)」と、地を這うように成長する「イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)」の2種類があって、一般的にハーブのタイムと言えば前者を指すのだそうです。
 
 

花言葉の一覧です!あの人にピッタリなコトバを探してみてね。

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 
 

あとがき・・・

タイムの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、タイムの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―タイムの花言葉―
 
 活動力
 勇気
 感情
 あなたをひと目見て私は感動した
 

けいすけ
最近お疲れ気味のあの人へタイムを贈ってみてね。きっと勇気100倍!元気がみなぎる筈ですよ!

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告