けいすけ
下向きに咲く花がちょっぴり怖い…そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花!

 
スノードロップ
 
まだ雪が残る野山にいち早く咲いて春の訪れを告げる花ですよね。釣鐘のような花を下向きに付ける姿が、私には少し寂し気に映ります。
 
ところで・・・スノードロップの花言葉で、こんな噂を耳にしたことはありませんか?それは…
 
スノードロップには怖い花言葉が付いている
 

 
 ゾゾゾとする噂ですよね。果たして本当なのか?真相を調べてみました。
 
この記事では、スノードロップの花言葉とその「意味」や「由来」を解説いたします。
 
また「スノードロップの花情報」や「名前の由来」に加えて、悩んでいる人も多いと思われる「スノードロップとスノーフレークの違い」についてもご紹介しますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
果たして…スノードロップに怖い花言葉はあるのかな?乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

スノードロップの花言葉

 それでは早速、スノードロップの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

希望・慰め・たのしい予告・恋の最初のまなざし

 

 

けいすけ
あれれ・・・特に怖い花言葉は見当たりませんね。もしや…花言葉の由来に怖い要素でもあるのかな?

 
 
 
 それでは…由来に怖い要素があるのか確認してみましょう。
 
これらの花言葉はある“言い伝え”が由来になっているんですよ。そのお話をご紹介しますね。

 
スノードロップにまつわる言い伝え
 
エデンの園で不自由なく暮らしていたアダムとイブですが、禁断の果実を食べた罰によって、楽園から追放されてしまいます。
 
 

雪が降りしきる中を歩きながら、イブは冬が永遠に続くような気がして、泣きじゃくっていました。すると…
 
 
 
空から、ひらり、ひらりと、

天使が降りてきました。そして凍える二人に「もうすぐ春が来るから希望を持ってね!」と言って慰めました。
 
 
 
天使は二人をもっと元気づけようと雪に息を吹きかけます。すると…

雪は、はらり、はらりと、地上へと落ちて、真っ白な花に変わりました。
 
 
 

それがスノードロップの始まりです。
 
冬に絶望していたアダムとイブに「希望」や「慰め」を与えて、どの花よりも先に春の兆しを知らせる花となったのです。
 
おしまい
 

 
 このお話が由来となって「希望、慰め」の花言葉が付きました。そして「たのしい予告、恋の最初のまなざし」はスノードロップがいち早く春を知らせる花であることに由来しています。
 

けいすけ
心温まるお話ですね。でも…花言葉と由来に怖い要素なんて無いですね。では一体なぜ?スノードロップの花言葉が怖いと噂されるのでしょうか?

 
 

スノードロップの花言葉が怖いと言われる理由

 スノードロップになぜ?怖い花言葉が付いていると噂されるか…だって?
 
それは・・・この花を縁起が悪い花と考える地域があるからだと思います。
 

 
イギリスのある農村では…
 

 
下向きに咲くスノードロップの真っ白な花が「葬式」や「死装束」を連想させるとして気味悪がられています。
 
 

 
また幽霊の出る古い屋敷の庭にはスノードロップが咲くなんて伝説もあり、スノードロップを家に持ち込むと、その家に不幸が訪れると言われているんですよ。
 
 

 

けいすけ
おおっ・・・怖いですね。それじゃあ、スノードロップは贈り物NGなんですね?

 
 
 いいえ、そんなことはありません。
 
スノードロップを縁起が悪いと考えるのは、ごくわずかな地域の話です。
 

欧米ではこの花を春の訪れを真っ先に告げてくれる“清浄な花”としていて、2月2日の「聖燭節(せいしょくせつ)」には祭壇に捧げるんですよ。
 

※聖燭節とは・・・“聖母マリア清めの祭日”のこと、カトリックでは1年間に使う蝋燭をこの日に清めます。

 
 

またイギリスのある地方では、聖燭節の日に、カゴや瓶にスノードロップをいっぱい詰め込んで持ち帰り、家を清める風習もあるんですよ。
 
そう・・・スノードロップは清らかな花なんです。
 
 
―当サイトのまとめです―

スノードロップの花言葉や由来に怖い意味はありません。積極的にプレゼントして問題無いと考えます。ただし「スノードロップ=縁起が悪い」と考える人もいるので贈る場合にはご注意下さい。

 

けいすけ
「希望」「たのしい予告」の花言葉なら誰にプレゼントしても喜ばれそうですもんね。

 
 しっかりと良い花言葉が伝わるようにメッセージカードを添えるのがおススメです。相手の喜びもポイント5倍くらいにアップしますよ。
 
―メッセージカード記入例―

 

“桔梗には怖い花言葉が付いている”と噂されているんですよ。是非こっちも読んでみてね。

桔梗(キキョウ)の花言葉って怖いの?その由来や歴史を調べてみたよ

 
 

スポンサーリンク

 
 

スノードロップの花情報

 ここではスノードロップの花をより身近に感じていただけるように花情報を3つご紹介しますね。

  • スノードロップの花情報
  • スノードロップの名前の由来
  • スノードロップとスノーフレークの違い

それでは順番に解説しますね。

スノードロップの花情報

分  類= ヒガンバナ科ガランツス属
学  名= Galanthus nivalis
英  名= Snowdrop
和  名= オオマツユキソウ(大待雪草)
別  名= ガランサス、マツユキグサ(待雪草)、ユキノハナ(雪の花)
原産地 = フランス~コーカサス山脈
色   = 白
開花時期= 2月~3月
最盛期 = 2月
花持ち = 3日程度
誕生花 = 2月7日

 
 日本へは明治の初め頃に渡来してきたと言われています。
 

スノードロップの名前の由来

英名のスノードロップ(Snowdrop)は、釣鐘のような花の姿が「雪のしずく」に似ていることに由来します。

せんせい
別説では、ドロップ(drop)とは西洋の女性が身に着けた“耳飾り”のことで「雪のような耳飾り」の意味から命名されたとも言われています。

 
学名のGalanthus(ガランツス)は、ギリシャ語でgalaが“乳”、anthosが“花”となり「ミルクのように白い花」の意味があります。
 

せんせい
和名は「オオマツユキソウ(大待雪草)」です。春をじっと待つスノードロップの姿が浮かびますよね。そのほかにも「ユキノハナ(雪の花)」なんて呼び名もあります。

 

スノードロップとスノーフレークの違い

スノードロップに似た花で「スノーフレーク」という花をご存知でしょうか?このふたつの花は混同しやすいんですよね
 
スノーフレーク
 
真っ白な花のスノードロップに対して、スノーフレークは花びらに“緑の斑点”があるのが特徴です。
 
 
 それぞれの違いがひと目でわかるように一覧表にまとめました。

スノードロップ スノーフレーク
科名 ヒガンバナ科 ヒガンバナ科
属名 ガランツス属 スノーフレーク属
草丈 20㎝程度 40㎝程度
花の直径 約5㎝ 約1.5㎝
最盛期 2~3月 3月~4月
和名 待雪草 鈴蘭水仙、大待雪草
そのほか 1本の茎に1個の花 1本の茎に複数の花

 

せんせい
違いはお分かりいただけたでしょうか?スノードロップが咲き終わると、スノーフレークの季節がやって来る…といった感じなのです。

 

そんな…勘違いされやすいスノーフレークの花言葉です。

スノーフレークの花言葉を詳しく解説!素敵なメッセージがずらり

 

花言葉の一覧です!あの人にピッタリなコトバを探してみてね。

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

スノードロップの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、花言葉を繰り返してご紹介しますね。

―スノードロップの花言葉―
 希望
 慰め
 たのしい予告
 恋の最初のまなざし

 

せんせい
スノードロップの花言葉やその由来に怖い要素はありません。ただし“縁起が悪い花”だと考える人もいるので、プレゼントする場合には十分にご注意くださいね。

 
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告