けいすけ
春に咲く花が大好きな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花です!

ハナミズキ(花水木)
 
桜が一斉に散ってしまうと、私の心にはぽっかりと穴が開いてしまうのですが、その寂しさを埋めてくれる素敵な花なんです。白やピンクの十字の花がとっても愛らしいのです。
 
そんなハナミズキには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
とても素敵な由来を持つ花言葉が付けられていたんです!
 

 
この記事では、ハナミズキの花言葉とその「由来」や「意味」を解説いたします。ハナミズキの英語での花言葉には、その由来に「イエスキリストにまつわるお話」が伝わっていますので、あわせてご紹介しますね。
 
けいすけ
そのほか「花情報」や「名前の由来」もあるよ!乞うご期待ください。

 
 

スポンサーリンク

 
 

ハナミズキの花言葉

 それでは早速、ハナミズキの花言葉をご紹介しますね。その花言葉とは…
 
 

 

私の想いを受けてください・返礼・永続性

 

 

けいすけ
むむむ・・・3つとも関連があるような…無いような…そんな花言葉ですね。どうしてこの花言葉が付けられたのですか?

 
 
 それでは詳しく解説しますね。まずはハナミズキが日本へやってきた歴史を振り返ってみましょう。

 
1912年(明治45年) 東京がまだ“市”だった頃…
 

 
東京市の尾崎行雄 市長が、日米親善の目的で6040本の桜の苗木をアメリカへ寄贈します
 
 実は・・・1910年に1回目の寄贈をしたのですが、その時の苗木は、航海中に害虫被害に遭い焼却されたんです。しかし尾崎 東京市長は諦めずに、害虫に強い品種を探して1912年に再び贈ったんですよ。
 
 
そして・・・
 
 
3年後の1915年(大正4年) 桜の返礼として…
 

 
第27代アメリカ合衆国大統領ウィリアム・タフトから60本のハナミズキの苗木が東京へ贈られたんです。
 
 そう・・・この60本こそが日本で最初のハナミズキなんです。白が40本、ピンクが20本だったそうです。
 
 
この日米友好のやり取りが花言葉「私の想いを受けてください、返礼」の由来だと言われています。
 

 

けいすけ
尾崎市長の信念を感じる、心打たれるお話ですね。由来も素敵な花言葉だと思います。

 
 ちなみに・・・

 
首都ワシントンで春に開かれるビックイベント「全米桜祭り」では、ポトマック川の桜並木が有名なのですが…

この桜は100年前に東京から贈られた桜なんですよ。
 

 

けいすけ
おおっ・・・100年も咲き続けているのですか?花言葉「永続性」と関連しそうなお話ですね。

 
 いいえ・・・その由来は別にあると言われています。「永続性」という花言葉は、外国の花言葉がそのまま日本でも用いられているのですが、その由来にはイエスキリストが関係すると言われているんです

 
 
次章『ハナミズキの花言葉を英語では?』で詳しく解説しますね。
 
 

 
 

ハナミズキの花言葉を英語では?

ハナミズキの花言葉を英語ではdurabilityといい、その意味は「永続性、耐久性」です。
 
 この花言葉の由来だといわれるお話が外国で伝わっていますのでご紹介しますね。

ハナミズキにまつわるお話
 
むかしむかし・・・
 
ハナミズキは、今よりも背が高く、太くて、真っ直ぐな幹を持っていました。ところが…
 

 
そのことによって、イエスキリストが磔(はりつけ)にされるとき、十字架の材料として選ばれてしまったのです。
 
 
花言葉「永続性、耐久性」とは、ハナミズキの木で作られた十字架で、磔の刑になったイエスキリストが、その苦しみに耐え、その後に復活したことが由来になっているそうです。
 
 

話は続きます・・・

 
 
 ハナミズキが、磔の刑の材料に使われたことが悲しくて泣いていると…
 
復活したイエスキリストがハナミズキを慰めてくれました
 
 
 
そしてイエスキリストの計らいにより・・・

 
ハナミズキは大きな木には育たず、細くて、曲がりくねった幹になりました。これで二度と十字架の材料になることはありません。
 
 
 
 
さらに・・・

 
花はキリストの血で赤く染まり、十字架の形になります。また花びらの先端には“磔の釘の跡”が残り、花の中心に“イバラの冠”が付けられました。これでハナミズキの悲しみを皆が忘れることはありません。
 
おわり
 

 

けいすけ
これまた心温まるエピソードですね。素敵な花言葉だと思います。

 
 ハナミズキは北米が原産で、この当時のイスラエルにはありませんでした。また聖書にも“十字架の材料について”記載がないので、近年につくられたお話なのでは?と言われています。
 

桜の花言葉です。種類ごとにたくさんの花言葉が付いているんです

桜の花言葉の一覧です!フランスでは「私を忘れないで・・・」

 
 

スポンサーリンク

 
 

ハナミズキ(花水木)の花情報

ここではハナミズキの花をより身近に感じていただけるように、ハナミズキの花情報を2つご紹介します。

  • ハナミズキ(花水木)の花情報
  • ハナミズキ(花水木)の名前の由来

それでは順番にどうぞ。

ハナミズキ(花水木)の花情報

科・属名= ミズキ科ミズキ属
学  名= Cornus florida
英  名= Flowering dogwood
和  名= ハナミズキ(花水木)
別  名= アメリカヤマボウシ(アメリカ山法師)
原産地 = 北アメリカ東部
色   = 白、赤~ピンク

 
1915年にアメリカから贈られた60本の苗木ですが、その原木はほとんどが枯れてしまって、都立高校の敷地内に1本残っているだけなんですよ。

せんせい
この1本については、ちょうど100周年にあたる2015年、新聞やテレビで取り上げられていました。

 

ところで・・・

 
ハナミズキの花びらに見える部分は、実は花びらではありません。
 

 
“苞(ほう)”と呼ばれる部位なんです。そして中央の丸い粒状のひとつひとつが花なんです。
 

ハナミズキ(花水木)の名前の由来

和名のハナミズキ(花水木)とは“花が美しいミズキ”という意味です。

せんせい
ミズキ(水木)とは科属名ですが、木を切ると水がしたたり落ちることが名前の由来です。

 
 
別名のアメリカヤマボウシ(アメリカ山法師)とは“アメリカからやってきたヤマボウシに似た花”と言う意味でしょうね。
せんせい
ヤマボウシは、ハナミズキと同じく“ミズキ属”ですが…

花びらの先が尖っていて印象が異なりますよね。

 
 
 
英名はFlowering dogwoodですが、dogwoodとは…
 

 
かつてハナミズキの木を煎じたものが、犬の皮膚病治療に用いられていたことが由来となっています。
 

花言葉の一覧です!それぞれの花言葉記事も拡充中です見てね~

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

ハナミズキの花言葉をご紹介しました。
 
それではもう一度、ハナミズキの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―ハナミズキの花言葉―
 
 私の想いを受けてください
 返礼
 永続性
 
 
―ハナミズキ英語での花言葉―
 durability(永続性、耐久性)
 

 ハナミズキの花言葉に白、ピンク、赤などの色別の花言葉はありません。これらの中から気に入ったものを選んでくださいね。
 

けいすけ
ハナミズキの花言葉は、意味も、由来も素敵なものばかりです。大事な人へのプレゼントに是非どうぞ。

 
それでは・・・
 
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告