けいすけ
花言葉とそれにまつわるギリシャ神話を描き続ける管理人「けいすけ」です。今回ご紹介する花はこれです!

 
キンセンカ(金盞花)
 
太陽の出入り(日の出と日没)に合わせて忠実に咲くため、“太陽の花”とも呼ばれています。そのほか花屋さんでは“金仙花”の名前で売っていたりますよね。
 
ちなみに・・・私にとっては“仏花”のイメージが強い花で、実家の仏壇にいつも供えてあったのを思い出します。
 
そんなキンセンカには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
『絶望』というネガティブな花言葉が付いていたんです!
 
キンセンカのイラスト
 
この記事では、キンセンカの花言葉とその「由来」や「意味」を解説します。『絶望』の由来はあるギリシャ神話だと言われていますので、そのお話を詳しくご紹介しますね。
 
そのほか「キンセンカの花情報」や「名前の由来」もお届けしますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
絶望の由来となったギリシャ神話って、どんなんやろうね?先生と一緒にお芝居風にお伝えしますね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

キンセンカの花言葉

 それでは早速、キンセンカの花言葉をご紹介しますね。その花言葉とは…
 
 

 

絶望・悲嘆・別離の悲しみ・寂しさに耐える・初恋

 

 

けいすけ
わちゃー・・・初恋を除き、ネガティブな花言葉がずらりと並んでいますね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 これらの花言葉はあるギリシャ神話が由来となっています。そのお話をご紹介しますね。

 
 キンセンカにまつわるギリシャ神話
 
水の妖精クリュティエは、太陽神アポロンに一目惚れします。
 

 
クリュティエが勇気を出して告白すると、アポロンはそれを受け入れ、二人は恋仲になります。
 
 
しかし浮気性のアポロンはすぐに人間の王女レウトコエに心移りしてしまいます。二人の関係に嫉妬したクリュティエは、レウトコエの父に告げ口をします。
 
 
実はね…ヒソヒソ
なっ、何じゃと!許さん!
 
 
 ふぅ~・・・これでアポロンは私の元へ帰ってくるはずだわ。
 
 
 

ところが・・・

 
このことがキッカケで、アポロンはクリュティエが大嫌いになってしまうんです。
 

 
失恋したクリュティエは、来る日も来る日も外に座って、アポロンのことを眺め続けます。水も食料もまったく口にせず、9日間も座り続けた結果…
 
 
 

 
1本の花に姿を変えてしまったのでした。これがキンセンカの誕生だと言われています。
 
おしまい
 

 

けいすけ
なるほど・・・すべての花言葉がピタリと当てはまるギリシャ神話ですね。納得できました。

 
 キンセンカの花は、日の出とともに開き日没とともに閉じます。そんな花の姿に由来してこのような神話が作られたのでしょうね。
 
 
※とても重要
同じギリシャ神話がヒマワリヘリオトロープの花言葉の由来として語られています。どれも太陽の動き合わせて咲く花だからなのでしょうね。
 

同じギリシャ神話が由来となったひまわりの花言葉です。

ひまわりの花言葉は怖いゾ~!悪い意味から良い意味まで網羅するよ

 

こちらも同じギリシャ神話に由来するヘリオトロープの花言葉です。

ヘリオトロープの花言葉!ギリシャ神話に由来するメッセージとは?

 
 

スポンサーリンク

 
 

キンセンカの花情報

キンセンカの花をより身近に感じていただかるように、ここではキンセンカの花情報を2つご紹介します。

  • キンセンカの花情報
  • キンセンカの名前の由来

 キンセンカの花情報

分  類= キク科キンセンカ属
学  名= Calendula officinalis
英  名= Common marigold、Pot Marigold
和  名= キンセンカ(金盞花)
別  名= トウキンセン(唐金盞)、カレンデュラ
原産地 = 南ヨーロッパ、地中海沿岸
色   = オレンジ
開花時期= 10月~5月
最盛期 = 3月~4月
花持ち = 3日~7日程度
誕生花 = 2月8日
 
東山植物園にて
キンセンカ
ゴールドラッシュのようです
 

 
サフランと同じくスパイスとして重宝されているキンセンカですが、そのほかにも、古くから西洋では薬用としても活用してきました。殺菌効力に優れ、皮膚の病気に効果があるのだそうです。

せんせい
キンセンカを眺めているだけで視力が回復するという俗説もあったそうです。でも…一理ありそうですよね。

 
日本へは江戸時代末に中国より伝わったと言われています。
 

高価なスパイスとして有名なサフランの花言葉です。
サフランのイラスト
サフランの花言葉は怖いの?その由来や意味を詳しく解説するよ

 

 キンセンカの名前の由来

 和名の「キンセンカ(金盞花)」とは、花が金の盞(さかずき)のような姿をしているため名付けられました。
 
 
学名はCalendula officinalisです。Calendulaとは、ラテン語で「毎月1日」という意味で、これはキンセンカは花期が長く、月の初めにいつも咲いているため命名されました。
 
 
 

ところで・・・

 
 

Calendula(カレンデュラ)は、みなさんお馴染みの“あるもの”の語源にもなっているんですよ。わかりますか?

あるもの
 

そうです。きっと毎日見ているものですよ。「カレンデュラ」って繰り返し言ってみてください。

 カレンデュラ、カレンデュラ、カレンデラ、カレンダラ…あっ カレンダー!
 
 

正解です!実は…カレンデュラは“カレンダーの語源”でもあるんですよ

 
 
 

花言葉の一覧です!悪い花言葉ばかり紹介したのでこちらで良い意味を見つけてね。

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

キンセンカの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、キンセンカの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―キンセンカ(金盞花)の花言葉―
 絶望
 悲嘆
 別離の悲しみ
 寂しさに耐える
 初恋
 

 

けいすけ(個人の見解です)
キンセンカは花言葉のほとんどがネガティブで、しかも由来は悲しいギリシャ神話です。加えて仏花のイメージも強いので…うーん…プレゼントには向かないかなぁ。

 
わぁ…
記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告