けいすけ
元気いっぱいの花が好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花!

 
カンナ
 
灼熱の太陽のもとで咲く元気いっぱいの花ですよね。色鮮やかな花に加えて、厚みのある葉がまたキレイで、葉っぱを見ているだけでも楽しめるんですよ。
 
そんなカンナには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
花の姿や色に由来する花言葉が付いていたんです!
 

 
この記事では、カンナの花言葉とその「意味」や「由来」を解説します。
 
また「カンナの花情報」や「名前の由来」に加えて「カンナ誕生のお話」もご紹介しますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
カンナさんの花言葉って、どんなんやろうね?乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

カンナの花言葉

 それでは早速、カンナの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

若い恋人同士のように快活・上機嫌・妄想

 

 

けいすけ
むむむ・・・恋愛に夢中な人にピッタリな花言葉ですね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 それでは解説しますね。

 
カンナは、真夏の太陽の下、花を咲かせます。
 

 
暑さに負けず、赤や黄の色鮮やかな花を、次々に咲かせるんですよ。ん~…元気いっぱいです。
 
そんな…暑さに負けず元気に咲くカンナの姿から「若い恋人同士のように快活、上機嫌」が、また色鮮やかな花色が幻想的だとして「妄想」の花言葉が付きました。
 

 
 「妄想」はネガティブなメッセージだと思いますので、人へ贈ったりしないでね。
 

バラの花言葉です。愛の告白にはやっぱりこれですよね

バラの花言葉は色や本数でこんなに違う!贈るときには注意が必要だよ

 
 

スポンサーリンク

 
 

カンナの花情報

ここではカンナの花をより身近に感じていただけるように、カンナの花情報を3つご紹介しますね。

  • カンナの花情報
  • カンナの名前の由来
  • カンナ誕生のお話

それでは順番にどうぞ!

カンナの花情報

分  類= カンナ科カンナ属
学  名= Canna indica
英  名= Cannna
和  名= カンナ
別  名= ハナカンナ
原産地 = 中南米、熱帯アジア
色   = 赤、黄
開花時期= 7月~10月
最盛期 = 7月
花持ち = 7日程度
誕生花 = 7月15日

 
カンナは、コロンブスがアメリカ大陸を発見した際に、ヒマワリやマリーゴールドなどと一緒にヨーロッパへ伝えられました。
 

せんせい
日本へは江戸時代初頭に、原種のひとつカンナ・インディカが「ダントク(檀特)」という名前で伝わりました。

 

カンナの名前の由来

学名でもあるCannnaとは、ラテン語で「アシ(葦)」を意味しています。これはカンナの茎が、アシと同じように中空の管であることが由来です。
 

カンナ誕生のお話

カンナ誕生にまつわるお話が伝わっていますのでご紹介しますね。
 

カンナ誕生のお話
 
むかしむかし、
 
インドにデワダッドという悪魔がいました。デワダッドはブッダが霊能力を持つことを妬んでいて…
 

 
ブッダを待ち伏せして巨大な岩を投げつけてきたのでした。
 
 
 
幸運なことに岩はブッダには当たりませんでした。しかし…
 

 
岩は足元で砕けて、破片のひとつがブッダの足に当たったのでした。
 
 
ブッダの足から血が流れ、それは地面へと染み込みました。その後、その場所から花が咲き、それがカンナの誕生だと言われています
 
おしまい
 

 

けいすけ
確かに・・・真赤なカンナの花色は、まさに血の色を連想させますよね。

 

花言葉の一覧です!あの人にピッタリなコトバを探してみてね。

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 
 

 
 

あとがき・・・

カンナの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、カンナの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―カンナの花言葉―
 
 若い恋人同士のように快活
 上機嫌
 妄想
 

けいすけ
元気いっぱいの花を大切なあの人へプレゼントして下さいね。でも「妄想」の花言葉を贈ったりしないでね。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告