けいすけ
栄養たっぷりの野菜が好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこれ!

 
ピーマン
 
子供の頃は苦手な野菜No1でした。でも今では大好きな野菜です。昔は欠点に思えた“青臭さ”や“苦み”こそが美味しいんですよね。栄養満点なのもgoodです!
 
そんな美味しいピーマンには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
畑で穫れる野菜なのに海に関する花言葉が付いていたんです!
 

 
この記事では、ピーマンの花言葉とその「意味」や「由来」を解説いたします。
 
また「ピーマンの花情報」や「名前の由来」もご紹介しますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
畑なのに海って…どういうことかいな?先生と一緒にお芝居風にお伝えしますね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

ピーマンの花言葉

 それでは早速、ピーマンの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

海の恵み・海の利益

 

 

けいすけ
むむむ・・・畑から収穫されるのに“海の恵み”とは不思議なメッセージですね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 それでは解説しますね。

 
普段、私たちが食べるピーマンは緑色をしていますよね。実はこれ…“未熟”の内に収穫されたものなんです。
 
未熟なピーマンを収穫せずに畑で育て続けると…
 

 
果肉は赤色になり“完熟”するんです。
 
 
フランスではこの赤い色がまるで海のサンゴのようだと言って、
 

 
ピーマンを含むトウガラシ属 全般のことを『菜園のサンゴ』と呼ぶのだそうです。
 
そんな…ピーマンが海のサンゴのように真赤に完熟することに由来して「海の恵み、海の利益」の花言葉が付きました。
 

 

けいすけ
随分と遠回しなメッセージなのですね。もっとストレートに「空っぽ」とか「苦い」とかにした方が面白い花言葉になるのにねぇ。

 
 でもまぁ…この遠回しの感じが花言葉の面白さだと思います。それを楽しみましょう。
 
 

 
 

スポンサーリンク

 
 

ピーマンの花情報

ここではピーマンの花をより身近に感じていただけるように、ピーマンの花情報を2つご紹介しますね。

  • ピーマンの花情報
  • ピーマンの名前の由来

それでは順番にどうぞ!

ピーマンの花情報

分  類= ナス科トウガラシ属
学  名= Capsicum annuum var. grossum
英  名= Bell pepper
和  名= ピーマン
別  名= セイヨウトウガラシ(西洋唐辛子)、アマトウガラシ(甘唐辛子)
原産地 = 中南米
色   = 白
開花時期= 7月~9月
誕生花 = わかりません

 
ピーマンなどのトウガラシ類は、コロンブスのアメリカ大陸発見によってヨーロッパへと渡りました。

せんせい
トウガラシ類は香辛料としてヨーロッパの人々に歓迎されたそうです。日本へは16世紀にポルトガル人によって伝えられました。

 
 

 ところで・・・

 
果実ばかりが目立つピーマンですが、キチンと花も咲くんですよ。
 

 
いかにもナス科といった姿の白い花が下向きに咲きます。うーん…ちと寂しそうですね。
 
 

 
 

ピーマンの名前の由来

学名のCapsicumとは、ギリシャ語で『袋』の意味で、果肉の中身が空洞なことが由来だと言われています。

せんせい
そのほか…Capsicumはギリシャ語で『噛む』という意味があって、トウガラシ類の舌を刺すような辛さが語源である…なんて説もあります。

 
 
和名の「ピーマン」とは、トウガラシ類を指すフランス語 piment(ピマン)が徐々に転訛してピーマンになったと言われています
 
 

花言葉の一覧です!あの人にピッタリなコトバを探してみてね。

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 
 

あとがき・・・

ピーマンの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、ピーマンの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―ピーマンの花言葉―
 
 海の恵み
 海の利益
 

けいすけ
夜ごはんにピーマン料理を作ったのなら…さらりと花言葉を伝えてみてね。何かしらの“恵み”や“ご利益”があるかも…

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告