けいすけ
紙細工のような花が好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこの花!

 
ローダンセ
 
カサカサとした紙細工のような花が咲きます。そのドライな質感から、鉢植えや花壇で楽しむほかに、ドライフラワーとしても大人気なんですよ。
 
そんなローダンセには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
揺らぐことがない花言葉が付いていたんです!
 

 
この記事では、ローダンセの花言葉とその「意味」や「由来」を解説いたします。
 
また「ローダンセの花情報」や「名前の由来」もご紹介しますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
揺らぐことがないメッセージって、どんなんやろうね?先生と一緒にお芝居風にお伝えしますね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

ローダンセの花言葉

 それでは早速、ローダンセの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

終わりのない友情・変わらぬ思い・永遠の愛

 

 

けいすけ
むむむ・・・未来永劫、揺らぐことがないって意味のメッセージですね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 それでは解説しますね。

 
ローダンセの花は、カサカサしていて、紙細工のような質感をしています。
 

 
ドライフラワーとしても人気で、花は色あせせずに美しさをずっと保ち続けるんですよ。
 
そんな…ローダンセがドライフラワーになって美しさを保ち続けることに由来して「終わりのない友情、変わらぬ思い、永遠の愛」の花言葉が付いたんです。
 

 

けいすけ
どれも素敵な花言葉ですね。友達や恋人へのプレゼントに使えそうなメッセージだ。

 
 ですよね!
でも・・・それぞれニュアンスがかなり異なるので、伝えたい花言葉がキチンと伝わるように対策しましょうね。メッセージカードを添えるのがおススメだよ。
 
-メッセージカード記入例-

 
 

こちらも紙細工のような質感のポピーの花言葉です。

ポピーの花言葉を色別に!ギリシャ神話に由来するメッセージとは?

 
 

スポンサーリンク

 
 

ローダンセの花情報

ここではローダンセの花をより身近に感じていただけるように、ローダンセの花情報を2つご紹介しますね。

  • ローダンセの花情報
  • ローダンセの名前の由来

それでは順番にどうぞ!

ローダンセの花情報

分  類= キク科ローダンセ属
学  名= Rhodanthe manglesii
英  名= Pink paper daisy、Mangles sunray
和  名= ローダンセ
別  名= ヒロハノハナカンザシ(広葉花簪)、ヒメカイザイク(姫貝細工)
原産地 = オーストラリア
色   = ピンク、赤、白
開花時期= 4月~7月
誕生花 = 2月27日

 
愛らしい花が咲くローダンセですが、花びらに見える部分は、実は花びらではありません。
 

 
総苞片という部位で、本当の花は真ん中の黄色い部分で、管のような花がたくさん集まって咲いているんですよ。
 
 

花言葉の一覧です!あの人にピッタリなコトバを探してみてね。

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 
 

ローダンセの名前の由来

学名のRhodantheとは、ギリシャ語で“バラの花”という意味で、バラのような色の花が咲くため名付けられました。
 

せんせい
和名の「ヒロハノハナカンザシ(広葉花簪)」とは、似た花が咲く“ハナカンザシ(花簪)”より葉が広いところから名付けられました。

 
 

花言葉の起源とは?花言葉がどのように誕生したのかをご紹介しています

花言葉の由来は?その起源や歴史に難解なコトバを解くカギがあった

 
 

あとがき・・・

ローダンセの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、ローダンセの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―ローダンセの花言葉―
 
 終わりのない友情
 変わらぬ思い
 永遠の愛
 

けいすけ
愛する人、大事な友達へ…素敵な花言葉を贈って下さいね。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告