けいすけ
昔懐かしい果実が好き!そんな管理人の「けいすけ」です。今回ご紹介するのはこれ!

 
アケビ(木通)
 
ぱっくりと口を開いたような果実がなります。裂けた口の間から覗くゼリー状の果実は、食べるとほんのりと甘いんですよ。子供の頃、ご近所さんから貰ってよく食べたなぁ。懐かしい。
 
そんなアケビには「はて?どんな花言葉が付いているのかな」と調べてみました。すると…
 
「才能」という花言葉が付いていたんです!
 
アケビのイラスト
 
この記事では、アケビの花言葉とその「意味」や「由来」を解説いたします。
 
また「アケビの花情報」や「名前の由来」もご紹介しますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
「才能」のメッセージが付いた理由って、何なんやろうね?先生と一緒にお芝居風にお伝えしますね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

アケビの花言葉

 それでは早速、アケビの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

才能・唯一の恋

 

 

けいすけ
むむむ・・・確かに「才能」というメッセージも存在しますね。どうしてこの花言葉が付いたのですか?

 
 
 それでは順番に解説しますね。

 
 まずは「才能」とは…
 
素朴な味わいの果実がなるアケビですが、アケビの魅力は果実だけではありません。若菜はおひたしに、種子からは油が採れるほか…
 
 若菜
 
茎は生薬名を木通(もくつう)といって、利尿やむくみ解消の効果もあるんですよ。まさに万能な植物なのです。
 
アケビの果実、茎、新芽、種子などが様々に活用されることから「才能」の花言葉が付きました。
 
 
 
 
 
 続いて「唯一の恋」とは…
 
アケビは、雌雄同株で、ひとつの株にオバナ(雄花)とメバナ(雌花)の両方を咲かせます。その花の咲き方は対照的で、たくさんの花が房状に集まって咲くオバナに対して、
 

 
そこから少し距離を置いてぽつんとメバナが咲くんです。なんだか…ひとりのお姫様をたくさんのライバルが狙っているみたいですね。
 
アケビに雌雄別の花が咲くことから「唯一の恋」の花言葉が付きました。
 

 

けいすけ
うーん(アケビのメバナって、ほかの株のオバナが出す花粉で受粉したはず。なので唯一の恋は実らなかったってことかな?)

 
 ん?何か?
 
せんせい
いえ。どちらも素敵なメッセージだと思います。受験生に「才能」の花言葉を贈れば、よい励ましになりそうかな?

 
 そうですよね。
是非、素敵な花言葉を贈ってね。でも…しっかりとメッセージが伝わるように対策しましょうね。メッセージカードを添えるのがおススメだよ。
 
-メッセージカード記入例-

 
 

こちらも懐かしい味がするザクロの花言葉です。

ザクロの花言葉!その意味や由来にはギリシャ神話と深い関係があった

 
 

スポンサーリンク

 
 

アケビの花情報

ここではアケビの花をより身近に感じていただけるように、アケビの花情報を2つご紹介しますね。

  • アケビの花情報
  • アケビの名前の由来

それでは順番にどうぞ!

アケビの花情報

分  類= アケビ科アケビ属
学  名= Akebia quinata
英  名= Akebi、Chocolate vine
和  名= アケビ(木通)
別  名= Akebia quinata
原産地 = 日本、中国、朝鮮半島
色   = 白、紫
開花時期= 3月~5月(果実は9月~10月)
誕生花 = 10月23日

 
 

同じく「唯一の恋」のメッセージがあるカリンの花言葉です。
カリンのイラスト
カリンの花言葉!『唯一の恋』という甘いメッセージが付いたワケ

 
 

アケビの名前の由来

和名の「アケビ(木通)」の語源には諸説があります。

  • 口が開くような果実の姿から欠伸(あくび)と呼ばれていたものが転じた
  • 口が開くような果実の姿から開け実(あけみ)と呼ばれていたものが転じた
  • 赤っぽい果実がなることから赤い実と呼ばれていたものが転じた

ちなみに・・・漢字表記の「木通」は漢名から付いています。漢名では“もくつう”といいます。
 

せんせい
学名のAkebia、英名のAkebiは日本名のアケビから付いているんですよ。

 
 

『誕生花』『花言葉』を一覧でどうぞ!
365日の誕生花と花言葉のイラスト
365日の誕生花&花言葉をズラリとまとめて紹介するよッ!

 
 

あとがき・・・

アケビの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、アケビの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―アケビの花言葉―
 
 才能
 唯一の恋
 

けいすけ
「唯一の恋」も素敵なメッセージですよね。ただし、深刻なニュアンスでは贈らないのがポイントかな?あなたに恋しています、っと。

 
それでは・・・
 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告