金木犀
秋の訪れを香りで知らせてくれる可愛い花ですよね。
 
私は金木犀の甘い香りが大好きです。花が開花して街に香りが漂いだすと、奥さんを連れて金木犀の香りを探し求めて歩き回るんですよ。
 
今回はそんな・・・
 
金木犀の花言葉その由来をご紹介します!
 

 
この記事では「金木犀の花言葉」と「その意味や由来」をご紹介します。併せて「金木犀の花情報」「名前の由来」そして「中国に伝わる伝説」をお伝えしてます。オリジナルのイラストたっぷりで楽しくお届けしますので是非ご覧下さいね。
 

けいすけ
金木犀の花言葉その意味や由来とは果たして? 「中国の金木犀にまつわる伝説」も素敵ですよ。乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

金木犀の花言葉

 それでは早速、金木犀の花言葉をご紹介しますね。その花言葉とは…
 
 

 

謙遜・謙虚・気高い人・陶酔・真実・変わらぬ魅力

 

 
 
なんとも素敵な花言葉が並んでいますね…何故このような花言葉が付いているのですか
 
 
 これらの花言葉は金木犀の「香り」や「特性」に由来してると言われています。

 
 謙遜・謙虚 

金木犀は三大香木(※)のひとつに挙げられるほど素晴らしい香りを持っています。しかし…その花はとても小さくて目立ちません。その慎ましやかな姿からこの花言葉は付けられています。
※三大香木とは・・・金木犀、クチナシ、沈丁花のことを言います。
 
クンクン…確かに、香りはするけど、なかなか姿が見当たらないことも多いですよね。
 
 
 
 
 気高い人 

金木犀の花は開花から3~5日程度で散ってしまいます。その潔く散ってゆく様子からこの花言葉が付けられました。
 
 雨が降ったりするとスグに花が落ちてしまいますよね。
 
 
 
 
 陶酔 

金木犀の甘~い香りは“うっとり”するような“艶っぽい”香りですよね。匂いをかいでいるとまさに陶酔してしまいます。
 
 金木犀の香りをかぐと、私はとっても幸せな気分に浸れるんです。
 
 
 
 
 真実 

金木犀はその香りのため姿を隠すことができず、すぐに居場所が分かってしまいます。その様子が「嘘がつけない」「誤魔化しがない」とされ、この花言葉が付けられました。
 
 香りに気付いたのちに、金木犀の存在を知ることも多々ありますよね。
 
 
 
 
 変わらぬ魅力 

金木犀は毎年、同じ時期、同じ花、同じ香りで私たちを楽しませてくれますよね。そして魅力が色褪せることはありません。それが由来となってこの花言葉は付けられています。
 
 ご近所さんの立派な金木犀です。毎年10月15日頃に香りを届けてくれます。

 
 金木犀の花言葉の由来でした。
 
ところで・・・

金木犀とよく似た植物で、オレンジ色の花では無くて、白い花を咲かせる木をご存知でしょうか?
これは「銀木犀(ぎんもくせい)」という品種です。銀木犀の変種として誕生したものが金木犀だと言われているんですよ。

 
 その銀木犀の花言葉をご紹介しておきますね。

銀木犀の花言葉

 初恋 

 銀木犀もまた甘~い香りを放ちますその香りをかぐと初恋の淡い思い出がよみがえる人も多いのではないでしょうか?素敵な花言葉ですよね。

けいすけ
金木犀、銀木犀ともに、良い意味の花言葉ばかりですね。安心してプレゼントできそうです。

 
 
スポンサーリンク

 
 

金木犀の花情報と豆知識

 ここでは金木犀をより身近に感じていただけるように、金木犀の花情報と豆知識をご紹介します。ご紹介するのは「花情報」「名前の由来」「中国の伝説」の3つです。

金木犀の花情報

科・属名= キンモクセイ科キンモクセイ属
学  名= Osmanthus fragrans var.surantiacus
英  名= Fragrant olive
和  名= 木犀花(モクセイカ)、丹桂(タンケイ)
原産地 = 中国
色   = 黄橙

 
 金木犀は中国が原産です。そして日本へは明治時代に伝わったと言われています。一方、銀木犀(これの変種が金木犀でしたよね)は17世紀後半にはすでに日本へ伝わっていたそうで‥銀木犀の方が先輩なんです。
 

金木犀の名前の由来


金木犀の犀(サイ)とは、動物のサイのことで、木の樹皮がサイの皮膚に似ていることから名付けられました。そして黄金のようなオレンジ色の花が咲くため金木犀になったと言われています。
 
 ところで・・・
 
金木犀のふるさと中国での呼び名は少し違っています。中国では木犀全般のことを「桂花(けいか)」と呼びます。そして…

金木犀のことを「丹桂
銀木犀のことを「銀桂
薄黄木犀のことを「金桂

…と呼びます。丹とはオレンジ色のことを指していて、中国において金色の木犀は“薄黄木犀”になるんだそうです。ウーン…何だかややこしいですね。
 

金木犀にまつわる伝説

 中国に金木犀にまつわる伝説が伝わっていますのでご紹介しますね。

 金木犀にまつわる伝説 
 
秋になると満月がひときわ明るく輝きますが、月にはとても大きな金木犀の木があって、それが満開になるためだと言われています。
 
ある中秋の名月の夜…

月に住む嫦娥(じょうが)という仙女が下界を見下ろしていました。彼女がじっと見つめる先は…杭州は西湖のほとりです。
 
 
 

そこでは人々が中秋の名月を見るために宴会を催しています。西湖が波打つ美しさ、そして宴会に興じる人々の楽しげな姿に誘われて、嫦娥は踊りを舞い始めます。
 
 
 ホイ、ホホイひらり
その踊りを傍で見ていた嫦娥の夫は金木犀の幹を叩いて拍子を取ります。
 ポ、ポン、ポンあ~こりゃこりゃ
 
嫦娥が踊りを終えて辺りを見渡すと、夫が金木犀の幹を叩いたために、たくさんの花が落ちています。
 
 

嫦娥は花を拾い集め「地上の人々にもこの美しい金木犀の花を分けてあげよう」と花を地上に向けてパラパラと落としてやりました。
 
地上に落ちた花は芽を出して見事な金木犀を咲かせました…それが金木犀の始まりだと言われています
 

けいすけ
とっても素敵な伝説ですね。金木犀が中国の人たちに愛されていることがよく分かります。

 
 
スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

金木犀の花言葉をご紹介しました。
 
それでは金木犀の花言葉をもう一度まとめておきますね。

金木犀の花言葉
謙遜・謙虚・気高い人・陶酔・真実・変わらぬ魅力
 
銀木犀の花言葉
初恋
 
 どれも良い意味の花言葉ばかりなので安心して贈ることができそうです。

 
 
それでは最後に・・・
 
秋になって金木犀の香りが漂い出すと、香りを求めて街を徘徊する私たち夫婦なのですが…
 
より強い芳香をかぐためのポイントがあります。それは…

  1. 満開よりも咲き始めが良い
  2. 昼より夜の方が香りが強い

 

ウーン・・・夜の金木犀の香りは強烈ですが・・・何とも幸せな気分に浸れます。
 
みなさんもそれぞれスタイルで金木犀を楽しんで下さいね。それでは…
 
 
%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%91%ef%bc%91
記事:けいすけ
 
 
 

おすすめ記事と広告