けいすけ
花にまつわる神話が大好き、そんな管理人の「けいすけ」です。今回の花はこれです!

 
花も果実も素敵なリンゴ(林檎)
 
食いしん坊の私にとって、リンゴと言えば真っ赤な果実ばかりが思い浮かんでしまいますが、春先に咲く淡いピンクの花がとっても愛らしいですよね。
 
そんなリンゴの花(または果実)には「はて?どんな花言葉がついているのかな」と調べてみました。すると…
 
旧約聖書ギリシャ神話に由来する花言葉が付けられていたんです!
 

 
この記事では、リンゴの花言葉とその「由来」や「意味」を解説します。花言葉の由来となった“旧約聖書”や“ギリシャ神話”のお話をイラストを使って楽しくご紹介しますね。
 
そのほか「リンゴの花情報」や「名前の由来」もお届けしますので是非ご覧ください。
 
けいすけ
リンゴにまつわるお話って何かいな?乞うご期待ください。

 
 
スポンサーリンク

 
 

リンゴ(林檎)の花言葉

 それでは早速、リンゴの花言葉をご紹介します。その花言葉とは…
 
 

 

誘惑・後悔・最も美しい女性へ・好み・選択・優先

 

 

けいすけ
むむむ・・・色んな意味の花言葉が入り乱れていますね。どうしてこの花言葉が付けられたのですか?

 
 
 これらの花言葉の由来を3章に分けて解説しますね。

  • 旧約聖書に由来する花言葉
  • ギリシャ神話に由来する花言葉
  • 花と果実の順番に由来する花言葉

それでは順番にどうぞ!

旧約聖書に由来する花言葉

リンゴの花言葉「誘惑、後悔」は、旧約聖書『創成期』に登場する“禁断の果実”が関係していると言われています。
 
それでは・・・そのお話を振り返ってみましょう

 
リンゴにまつわる旧約聖書のお話
 
エデンの園で暮らすアダムとイブ・・・二人は神さまから「園の中央にある樹木の果実は食べてはならぬ」と言い聞かせられていました。
 
ところが・・・
 

 
悪の化身のヘビにそそのかされ、イブは果実を食べてしまいます。 そしてイブはアダムにも果実を食べさせます。
 
 
 
その結果・・・
 

 
神さまとの約束を破った罰として、アダムとイブはエデンの園を追放されてしまったのです。
 
おしまい。
 

 

けいすけ
なるほど・・・ヘビの“誘惑”に負けてリンゴを食べてしまい、アダムとイブは“後悔”している…そういう意味なんですね。

 
 
 「正解」です。
 
余談ですが・・・

旧約聖書には「この果実がリンゴである」という記述はありません。そのため、この果実は“イチジク”や“杏”だとする説もあるそうです。

 
もう一つ余談ですが・・・

リンゴを食べるとき、イブが美味しい部分を食べ、アダムは残った芯を食べようとしました。ところが芯が喉につっかえてしまい、そのために男性には喉仏があるのだそうです。

 
 

スノードロップの花言葉です。エデンを追い出されたアダムとイブの“その後のお話”も紹介しているよ

スノードロップの花言葉って怖いの?その由来や意味を調べたよ

 

ギリシャ神話に由来する花言葉

リンゴの花言葉「最も美しい女性へ、好み、選択」は、ギリシャ神話に登場する“黄金のリンゴ”が関係すると言われています。
 
それでは、そのお話をご紹介しますね

 リンゴにまつわるギリシャ神話
 
むかしむかし・・・
女神テティスと人間であるペレウスの結婚式が行われ、そこにはすべての神々が招待されていました。
 
 
ところが・・・
 

 
たった一人不和の女神エリスだけが招待されていなかったのです。
 
 
 
自分が招かれなかったことに憤ったエリスは…
 

 
『最も美しい女性へ』と記した“黄金のリンゴ”をお祝いの席に投げ入れたのでした。
 
 
 
その黄金のリンゴに…
 

 
自分が一番美しいと思っている3人の女神たちが手を伸ばします。
 
 
 一人は愛と美の女神アフロディーテ
    一人は知恵と戦いの女神アテナ
       一人は全能の神ゼウスの妻ヘラ
 
3人は黄金のリンゴが自分のものだと言って、決して譲ろうとしません。
 
 
 
 あわわわ・・・
この争いの対処に困った全能の神ゼウスは、美少年の羊飼いパリスに審判を求めます。
 


えっ?  う、うーん・・・

 

アフロディーテ
私を選んでくれたら、世界一の美女と結婚させてあげるわよ。

アテナ
私を選んでくれたら、戦いの手柄を立てさせてあげるわ。

ヘラ
私を選んでくれたら、ゼウスの力によって富と権力を授けるわよ。

 
 
 
思い悩んだ末、パリスが出した結論は…
 
やった!
 
アフロディーテだったのです。
 
おしまい
 

 

けいすけ
リンゴの花言葉「最も美しい女性へ、好み、選択」のどれもが当てはまる神話ですね。納得できました。

 
 このパリスの審判が引き金となり、10年にも及ぶトロイの戦争が勃発したのでした。
 

福寿草の花言葉です。由来にアフロディーテが登場しますヘラ

福寿草の花言葉には怖い意味もある!由来になったギリシャ神話とは?

 

花と果実の順番に由来する花言葉

 それでは最後に・・・リンゴの花言葉「優先」は“花”と“果実”のなる順番が関係しています。
 

淡いピンク色をした美しい花が咲くリンゴ。
 

 
しかし西洋ではこの美しい花はこの後に実る有益な果実の“前触れ”でもあると考えるそうなんです。
 
そのため、イギリスではリンゴの花に、フランスではリンゴの果実に、「優先」の花言葉が付けられています。
 

 

けいすけ
しかし・・・振り返ると、どの花言葉もリンゴの花ではなく、果実にばかり花言葉が存在しているような感じですね。

 
 旧約聖書のリンゴ、ギリシャ神話のリンゴ、ニュートンのリンゴ、セザンヌのリンゴ、ウィリアムテルのリンゴなど…西洋の人たちにとって、リンゴの果実は特別な存在だということでしょうね。
 

桃の花言葉です。こちらも花に負けないぐらい果実に存在感があります

桃(もも)の花言葉です!その意味や由来を詳しく解説するよッ

 
 

スポンサーリンク

 
 

リンゴ(林檎)の花情報

 ここではリンゴの花をより身近に感じていただけるように、リンゴの花情報を2つご紹介します。

  • リンゴ(林檎)の花情報
  • リンゴ(林檎)の名前の由来

リンゴ(林檎)の花情報

科・属名= バラ科リンゴ属
学  名= Malus domestica
英  名= Common apple
和  名= リンゴ(林檎)
原産地 = ヨーロッパ中部
色   = 白、ピンク
誕生花 = 4月8日、5月11日、9月29日

 
現在、私たちが食べているのは西洋リンゴで、日本へは明治時代にやってきました。政府が欧米から苗木を取り寄せて、北海道や東北地方に配布したのが最初だそうです。
 

せんせい
しかしこれより以前に、中国から「和リンゴ」という野生種が伝わっていたんですよ。やってきたのは平安時代だと言われています。

 

リンゴ(林檎)の名前の由来

学名はMalus domesticaです。Malusとは、ギリシャ語で「リンゴ」を意味します。
 
 
林檎」という漢字は和リンゴと一緒に伝わったと言われ、リンキンリンゴンリムゴなどと呼ばれていたのが転訛してリンゴになったと言われています
 

せんせい
中国語で「林檎」は、果実をついばみに林に集まってくる鳥…という意味だそうです。

 

花言葉の一覧です!良い意味、悪い意味をたくさん紹介しています

花言葉の一覧!恋愛、感謝から怖いコトバまで全416品種を大公開

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

リンゴの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、リンゴの花言葉を繰り返しご紹介しますね。

―リンゴの花言葉―
 誘惑
 後悔
 最も美しい女性へ
 好み
 選択
 優先
 

 

けいすけ
リンゴの花は地域によって馴染みが薄いかも知れませんが、ポストカードに花を描いて、花言葉を添えるのも素敵ですよ。お試しアーレ。

 
それでは・・・

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告