けいすけ
別れのシーンでは胸が熱くなります、そんな管理人の「けいすけ」です。今回はさようならを告げる花言葉をたくさん紹介しますね!

 
花言葉といえば・・・花をプレゼントした相手を喜ばせるのが基本ですよね。でも…別れや失恋など胸がキュンとなるシーンで使われる花言葉にこそ、キラリと輝くメッセージがあると思うんです。そこで今回は、
 
“さようなら”を告げる別れの花言葉を大特集します!
 
別れの花言葉イラスト
 
この記事では『別れの花言葉をもつ花12選』をご紹介いたします。
 
花それぞれに詳しい解説を載せていますので、もしもの場合の参考にしてくださいね。ちなみに…12選の中には『ポジティブな別れのメッセージ』もありますのでお楽しみにね。
 
けいすけ
さよならを告げる別れのメッセージって、どんなんやろうね?先生と一緒にお芝居風にお伝えしますね。

 
 
スポンサーリンク

 
 

別れの花言葉をもつ花12選

それでは早速、別れやサヨナラの花言葉をもつ花12選をご紹介します。

せんせい
ちなみに・・・ご紹介する順番は、当ブログがサヨナラがよりグサリと刺さるなぁ~、と思う順番にお届けしますね。

黄色いバラ

「別れよう」
 
開花時期: 周年
誕 生 花: 5月16日

 このストレートな別れの花言葉は黄色い花色に由来しています。西洋で黄色は“裏切り”や“異端”をイメージするためネガティブなメッセージが多いんです。そのほか黄色いバラには「嫉妬、薄らぐ愛、誠意がない」の花言葉が付いています。ふぅ。

 
詳しい記事をどうぞ!
「黄色いバラの花言葉!プレゼントには向かないメッセージが並んでた」
 

 

ハナニラ(花韮)

「悲しい別れ」
 
開花時期: 3月~5月
誕 生 花: 2月10日

 青白い星形の花が咲くハナニラ、その姿はどこか儚げで憂いがあります。そんな花の姿からこの別れのメッセージが付きました。そのほかハナニラには「耐える愛、愛しい人、恨み、卑劣」といったネガティブな花言葉が並びます。

 
「ハナニラの花言葉!ネガティブなメッセージがずらりと並ぶワケ」
 

 

黒いチューリップ

「私を忘れてください」
 
開花時期: 3月~5月
誕 生 花: 4月16日

 別れを予感させるこのネガティブな花言葉は(すべてを閉ざしてしまうような)黒い花色に由来しています。黒いチューリップは花が宙に浮かんでいるような錯覚を覚えるんですよねぇ。不思議な花色です。

 
「チューリップの花言葉を色別で!黄、白、黒、斑はプレゼントNGだよ」
 

 

ミヤコワスレ(都忘れ)

「別れ」
 
開花時期: 3月~4月
誕 生 花: 4月2日

 『ミヤコワスレ(都忘れ)』という名前は、承久の乱に破れ、佐渡に流された順徳天皇が呼んだ歌から名付けられています。別れを告げた都への思いがこもったこの花名から「別れ」の花言葉が付いています。なんだか切ない。

 
「ミヤコワスレの花言葉だよ!歴史上の人物に由来するメッセージとは?」
 

 

黒いコスモス

「恋の終わり」
 
開花時期: 9月18日
誕 生 花: 4月~11月

 チョコレートコスモスとも呼ばれます。黒っぽい花色からでしょうか、別れを予感させるメッセージが付いています。そのほかにも黒いコスモスには「恋の思い出、移り変わらぬ気持ち」の花言葉も付いています。

 
「コスモスの花言葉を色別で!由来となった悲しい少女の伝説も紹介するよ」
 

 

アネモネ

「見捨てられた、見放された」
 
開花時期: 3月~5月
誕 生 花: 2月19日

 このネガティブな花言葉は、西風の神ゼヒュルスが登場するギリシャ神話に由来しています。ゼヒュルスは自分の立場を守るため愛していた女性(アネモネという名のニンフ)を裏切ったんですよ。プンプン。

 
「アネモネの花言葉は怖い!由来のギリシャ神話を詳しく解説するよ」
 

 
 

スポンサーリンク

 
 

サクラ(桜)

「私を忘れないで」
 
開花時期: 3月~4月
誕 生 花: 4月9日

 フランスで付いた花言葉です。サクラの散る儚さが恋の終わりに似ているからとこの花言葉が付きました。ただし別説では、サクランボを食べると口の中にいつまでも酸味が残ることが由来ともいわれています。

 
「桜の花言葉をいっぱい紹介するよ!フランス語では“私を忘れないで”」
 

 

シオン(紫苑)

「きみを忘れない」
 
開花時期: 9月~10月
誕 生 花: 9月20日

 この花言葉は『今昔物語』に登場するお話に由来しています。亡き父を慕い続ける兄弟と鬼のお話なんですよ。そのほかシオンには「追憶、遠方にある人のことを想う」の花言葉が付いています。どれも亡き人へのメッセージなんですよねぇ。

 
「シオン(紫苑)の花言葉!その由来には今昔物語の鬼が関係していたゾ」
 

 

ハス(蓮)

「離れゆく愛」
 
開花時期: 7月~9月
誕 生 花: 8月15日

 ハスは泥水の中から花茎をぐんぐん伸ばしてその先に大輪を咲かせます。そう…水面からかなり離れた位置に花を咲かせるんです。その様子からこの花言葉が付きました。夕食にレンコン料理が増えてきたら要注意ですよ。

 
「蓮の花言葉を詳しく!泥水の上に咲く清らかな花のメッセージとは」
 

 

タンポポ(蒲公英)

「別離」
 
開花時期: 2月~5月
誕 生 花: 3月27日

 タンポポの綿毛が風に乗って飛び立つ姿を、親元を離れて独り立ちする若者に重ねて付いた花言葉です。別れのメッセージなのにポジティブで前向きになれますよね。卒業式でも使えそうですよ。

 
「タンポポの花言葉を詳しく!別れを意味する綿毛のメッセージとは?」
 

 

ハマユウ(浜木綿)

「どこか遠くへ」
 
開花時期: 7月~8月
誕 生 花: 7月6日

 ハマユウの種子はコルクのような材質に包まれていて、プカプカと何か月も海を漂流して遠くの地に根を下すんですよ。そんな様子からこの花言葉が付きました。転校する友人へ贈れば胸熱ですよ。

 
「浜木綿の花言葉を詳しく解説します!海辺に咲く花のメッセージ」
 

 

ユズリハ(譲葉)

「世代交代」
 
開花時期: 5月~6月
誕 生 花: 1月6日

 ユズリハは春に新しい葉が生え揃うと、古い葉が一斉に落ちてしまうんです。その様子からこの花言葉が付きました。まさに世代の入れ替わりですよね。部活を卒業する先輩に贈っても喜ばれそうですよ。

 
「ユズリハ(譲葉)の花言葉!新旧交代のメッセージが付いていたよ」
 

 
 

以上
別れの花言葉をもつ花12選でした

 
 

『誕生花』と『花言葉』を一覧でどうぞ!
365日の誕生花と花言葉のイラスト
365日の誕生花&花言葉をズラリとまとめて紹介するよッ!

 
 

スポンサーリンク

 
 

あとがき・・・

別れの花言葉をご紹介しました。
 
それでは最後にもう一度、花言葉を繰り返してご紹介しますね。

-別れの花言葉をもつ花12選-
 
黄色いバラ
「別れよう」
ハナニラ(花韮)
「悲しい別れ」
黒いチューリップ
「私を忘れてください」
ミヤコワスレ(都忘れ)
「別れ」
黒いコスモス
「恋の終わり」
アネモネ
「見捨てられた、見放された」
サクラ(桜)
「私を忘れないで」
シオン(紫苑)
「きみを忘れない」
ハス(蓮)
「離れゆく愛」
タンポポ(蒲公英)
「別離」
ハマユウ(浜木綿)
「どこか遠くへ」
ユズリハ(譲葉)
「世代交代」
 

 

けいすけ
ネガティブな花言葉が多かったですが、最後にはプレゼントにも使えそうなメッセージもありましたよね。ふぅ~、よかった。

 

記事:けいすけ
 
 
 
おすすめ記事と広告